人生初の『おばけキャッチ』を子どもたちと楽しむ。

スポンサーリンク

関連記事:
人生初のUNOを子どもたちと楽しむ。
人生初のジェンガを子どもたちと楽しむ。
人生初の『ドブル』を子どもたちと楽しむ。

 あなたは「キャッチ」と聞くとなにを思い浮かべますか。
 ぼくは夜の池袋を全身黒ずくめ&ピカチュウTシャツで歩いていたらキャッチのお兄さんに「いい女の子いますよ!童貞でも大丈夫ですよ!」と話しかけられたことです。ど、どどど、童貞ちゃうわ!!
 

 そんなぼくが、『おばけキャッチ』というテーブルゲームを手に入れた。
 前にコメントで「おばけキャッチっていうのがおもしろいよ」と教えてもらったのでAmazonほしい物リストに入れておいたら、なんと贈っていただけたのだ。
 ああ、なんてすてきな人なのだろう。ありがとうございます。こんな包茎のぼくにもやさしくしていただけるだなんて……ほ、ほほほ、包茎ちゃうわ!いや、包茎ではあったわ!すみませんでした!バキバキ包茎です! 
 

 さっそく、子どもたち(6歳)と遊んでみることに。
 カードゲームかと思ったら、60枚のカード以外に「白いおばけ」「赤いイス」「緑のビン」「青い本」「灰色のネズミ」の人形も付いていた。なんだこれは。どうやらただのカードゲームではなさそうだ。
 これらをどう使うのかというと……
 

【基本的なルール】
カードを1枚めくって絵柄を見て、
1.「種類も色も同じ」人形があれば、それを取る。
2.ない場合は、「種類も色も違う」人形がひとつだけあるので、それを取る。

 ……という感じ。ちなみに、1にも2にも当てはまらないカードは存在しない。よくできている。
 文章にするとたった3行で単純なのだが、意外と難しいような気もする、このルール。対象年齢は8歳以上らしいのだが、6歳に理解できるだろうか?

 まあ、説明してあげながらプレイしてみるか。
 とはいえ、ぼくは手を抜かないけどな。たかがゲームといえど、年齢差や実力差があるといえど、手加減は相手に対して失礼だ、というのがぼくの信条だ。
 よいか、娘・息子よ。ぼくの完璧な手本を見てルールを覚えるがよい。カードが出たらその絵柄を見極めてだな、こうやってすばやく
 

息子「これ!」
ぼく「あっ」
息子「これであってるでしょ?」
ぼく「えっ、あっ、うん。は、早いね」

 ……
 まあいいか、次いくぞ。よいか、娘・息子よ。この手のゲームは冷静さがものを言うのだ。こんなふうに落ち着いてカードをよく見て
 

娘「これだ!」
ぼく「あっ……」
娘「パパ、ぜんぜんとれてないね」
ぼく「はっ、はは、はははは」

 ウオアアアアアアアアアアアアア!
 なんだこれ!6歳児相手なのにぜんぜん取れないじゃねーか!
 対象年齢8歳からってホントか!?8歳までの間違いじゃなくて!?ぼくはもうジジイすぎてこのゲームについていけないのでは!?誰がジジイだバッカヤロー!!
 

 約20分後、おばけキャッチ初プレイが終了。
 結果は、25対35。途中から多少は追い上げたが子どもたちに惨敗してしまった。
 もうダメだ。池袋といいこれといい、ぼくはキャッチと相性が悪いに違いない。楽しいけど。めちゃめちゃ楽しかったけど。

 でもこれ、一回遊ぶとだいぶコツがわかるな。
 反射神経は子どもたちのほうが上でも、大人は頭で考えて戦うことができるから、だんだん強くなっていくことができそうだ。
 ……と思って数時間後にもういちど対戦してみたら、22対38で負けた。悪化してるじゃねーか!!
 

人生初の『おばけキャッチ』を子どもたちと楽しむ。
Amazon | メビウスゲームズ おばけキャッチ 日本語版 | ボードゲーム | おもちゃ
メビウスゲームズ おばけキャッチ 日本語版がボードゲームストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    子どもたち合計?
    それは厳しいw
    いいお父さんしてるなあ

  2. 名無しのゲーマー より:

    おばけキャッチはなぜか子供のほうが強い事案が多発する

  3. 名無しのゲーマー より:

    絶対子供に負けて喜んでるゾ

  4. 名無しのゲーマー より:

    この手のゲームで子供に勝ったシーンあったっけ?

  5. 名無しのゲーマー より:

    すっかりアナログゲームブログになってきましたね
    次はキャプテンリノとかどうっすか

タイトルとURLをコピーしました