羊でもわかる!『シェフィ』ベーシックモード大攻略!

関連記事:羊でもわかるかも!『シェフィ』ポストラヴズ大攻略!

 ニンテンドースイッチのセールで100円で買った『シェフィ』がおもしろい!

 ひとことで言えば、「自然災害を乗り越え、ひつじを1匹から1,000匹に増やしていくゲーム」
 1人用カードゲームなので「トランプのソリティアみたいなものかな?」と思いがちだが、ターン制限があるなかでネガティブ要素(自然災害)をコントロールしてうまくひつじを増やす、というのは、プレイ感覚として育成シミュレーションゲームにも近い。

 ぼくはソリティアはぜんぜん好きじゃないのだが、シェフィはドハマリした。育成SLG大好きだから。
 ちょっと起動しただけのつもりが、気づいたら1時間も2時間もプレイしてしまう。1プレイが10分以内(慣れれば5分以内)で済むテンポのよさも、繰り返し遊びたくなる一因だ。
 

 結果、ベーシックモードは3分切りクリアを達成して称号『信じられない!』を手に入れたし、チャレンジモードは理論上最高の7,000匹を達成した
 購入から1週間ほどしか経たないわりには、かなり早く制覇できたと思う。
 

1人用ひつじ増やしカードゲーム『シェフィ-Shephy-』
近日配信予定。2013年に発売されたカード型アナログゲームの1人用ひつじ増やしカードゲーム『シェフィ-Shephy-』をスマートフォンアプリに移植しました。

 シェフィは、スイッチ版だけでなく、スマートフォン版、ニンテンドー3DS版、Steam版などがある。
 スマートフォン版は無料らしいので、興味がある人はそれが手軽だろう。

 しかし、このシェフィ、意外と難しい。
 最初の数回は確実に失敗する(ラウンド3終了までに1,000匹に届かない)と言ってよい。
 ぼくも最初の5回くらいはぜんぜんクリアできず、6回目あたりからようやく徐々にしくみを理解し、10回目くらいから安定してクリアできるようになった。いわゆる「死にゲー」みたいなもので、失敗から学び、攻略法を見出すのが重要だ。

 ところが、そうは言っても人には向き不向き、得意不得意があるものだ。
 ぼくはこのシェフィを、ある知人から教えてもらって購入したのだが……

ぼく「シェフィ、めちゃめちゃおもしろいね! やってる?」
知人「2回くらいやってやめた
ぼく「えっ!?」
知人「なんかぜんぜん意味わからなくてつまらない」
ぼく「ええっ!? いや、まあ最初はたしかに意味わからないけど、くり返しやると少しずつ……」
知人「え~、めんどくさい。なんかこう、ある程度決まった攻略法とかないの?

 こ、ここ、この野郎!!
 いや、でも、シェフィを紹介してもらった恩があるからな……あまり強くは言えないな……
 

 そこで今回は、これを読めば知人でも羊でも絶対にクリアできる!
 シェフィ ベーシックモード大攻略だ!
 

【そもそもシェフィとは?】

 未プレイで「ゲームの概要から知りたい」という人は、公式の紹介動画を観るのがいいだろう。

スマートフォンアプリ『シェフィ―Shephy―』紹介動画

 購入(またはインストール)後は、チュートリアルをやったうえで、試しにベーシックモードを数回プレイしてみれば、ルールはほぼ理解できるはずだ。
 

【ベーシックモードのクリア条件】

 ベーシックモードは、「3ラウンド以内に[1000]のひつじカードを1枚入手すればクリア」だ。
 「合計1000匹いればクリア」ではないので要注意。つまり、[300]が4枚あってもダメで、それを『統率』でまとめて[1000]にしないと無意味。
 

【ベーシックモード クリアのコツ5つ】

 これだけ覚えておけばベーシックモードはクリアできる! というものを5つに厳選した。
 知人は実際にこれでクリアできるようになったので、ある程度うまくまとまっているはずだ。

(1)『シェフィオン』は1ラウンド目に『対策ひつじ』で追放しよう
(2)『万能ひつじ』は『対策ひつじ』をコピーするのが安定
(3)『地に満ちよ』はマイナスカードを処理するためにある
(4)『暴落』と『過密』は『統率』直後に使って空振りを狙え
(5)『繁栄』は『黄金の蹄』とセットで使おう

 順に細かく解説する。
 

(1)『シェフィオン』は1ラウンド目に『対策ひつじ』で追放しよう

 ひつじカードを置く場(フィールド)が7ヶ所しかないこのゲームで、ひつじカードを7枚捨てるイベントカード『シェフィオン』は最大の対策必須要素。使ってしまった瞬間に敗北(絶滅してゲーム終了)となる。
 回避策は、『牧羊犬』で捨て場に送るか『対策ひつじ』でゲームから追放するかの2択。追放すれば次のラウンド以降は出てこない(山札に戻らない)ので、『対策ひつじ』がベスト。
 なお、「シェフィオンには対策ひつじ」というのはチャレンジモードでも通用する基本中の基本。仮に『シェフィオン』が早めに手札に来て『霊感』も持っていたら、『霊感』で『対策ひつじ』を早々に呼び寄せてもいいくらいだ。『対策ひつじ』待ちで『シェフィオン』をずっと所持していると手札を圧迫するので、早めに動けるときは動こう。
 

(2)『万能ひつじ』は『対策ひつじ』をコピーするのが安定

 手札のどのカードにも化けられる『万能ひつじ』はいろいろな使い方があるが、もっとも間違いないのは『対策ひつじ』をコピーしてマイナスカードの追放に使うこと。
 たとえば、手札に『万能ひつじ』『対策ひつじ』『シェフィオン』があったとしたら、まず『万能ひつじ』で『シェフィオン』を追放。残った『対策ひつじ』は温存しておいて、『嵐』や『落雷』といったやっかいなマイナスカードが来たときに使うとよい。こうすると1ラウンドで2枚もマイナスカードを追放できるので、次からのラウンドがとてもラクになる。
 ちなみに、個人的にだが、追放したほうがよいマイナスカードの優先順位は「シェフィオン>嵐=落雷>暴落=狼=疫病>過密>落石>メテオ」という感覚。たとえば、1ラウンド目で『シェフィオン』と『嵐』を追放し、2ラウンド目で『落雷』と『狼』を追放する、みたいなことができると理想的だ。優先順位の低いカードは追放までしなくても『牧羊犬』で充分。『メテオ』は効果こそ凶悪だが1回使えば自動的に追放されるため、ふつうに使ったほうがよい。
 

(3)『地に満ちよ』はマイナスカードを処理するためにある

 『地に満ちよ』は場を一瞬にしてひつじカードで埋め尽くすことができてハデなので攻撃的なカードだと思いがちなのだが、じつは「守り」のカードだ。
 シェフィでは、『対策ひつじ』『万能ひつじ』『牧羊犬』をフルに使ったとしても、マイナスカードは3枚しか処分できない。マイナスカードは9枚あるので、その多くは必ずふつうに使わなければならない。
 そこで『地に満ちよ』が役立つ。たとえば1ラウンド目の初手で『地に満ちよ』『メテオ』『嵐』『落雷』が手札にあったらある意味理想的で、「地に満ちよで[1]を6枚増やして計7枚にする→メテオで3枚を捨てる→嵐で2枚を捨てる→落雷で1枚を捨てる」ということができるのだ。『地に満ちよ』1枚でマイナスカード3枚を処理できたことになり、効率が非常によい。
 

(4)『暴落』と『過密』は『統率』直後に使って空振りを狙え

 『暴落』はひつじカードの枚数を半分にするが、ひつじカードが1枚だと空振り(不発)になる。
 『過密』はひつじカードの枚数を2枚に減らすが、もともと2枚以下だと空振りになる。
 なので、このふたつは『統率』でひつじカードをまとめたあとに使えば安全に処理できる。いつもうまくいくわけではないが、『対策ひつじ』や『牧羊犬』を使うまでもない場面は多い。
 ちなみにこの2種は、1ラウンド目の最初の手札にあるとかなりラッキー。ゲームスタート時にはもともとひつじカードが1枚しかないので、2種ともノーリスクで使って破棄できる。
 

(5)『繁栄』は『黄金の蹄』とセットで使おう

 指定したひつじカードより1ランク下のひつじカードを3枚入手する『繁栄』は、慣れないうちは使いどころがいまいちつかみづらい。
 が、比較的わかりやすくて強力なのは、場にあるなかで最高ランクでないひつじカードのランクを1つ上げる『黄金の蹄』とのコンボだ。
 たとえば、場のひつじカードが[100][100][100]で、手札に『統率』『繁栄』『黄金の蹄』『統率』があったとする。まず『統率』でひつじカードを[300]にまとめて、『繁栄』で[300][100][100][100]にする。ここで『黄金の蹄』を使うと[300][300][300][300]になるので、『統率』で[1000]にできる。これでゲームクリアだ。
 もちろん、手札がそこまでキレイにそろう機会は多くないが、ハマれば手を一気に進めることができるので覚えておこう。『地に満ちよ』が守りの要だとしたら、『繁栄』&『黄金の蹄』は攻めの要だ。
 

 攻略は以上である。
 よりわかりやすいように、実践動画も作った。シェフィが大好きすぎてすぐ作った。

羊でもわかる!『シェフィ』ベーシックモード大攻略!

 

 シェフィはベーシックモード以外にもさまざまなモードがあるし、特定の条件を満たすことによって得られる称号も多くある。
 頭を使うカードゲームや育成ゲームが好きな人なら楽しめると思うので、ぜひやってみてほしい。シェフィが大好きすぎてめちゃめちゃまじめに宣伝してしまった。
 

冒険企画局 シェフィ (Shephy) (1人用 15分 12才以上向け) ボードゲーム
冒険企画局 シェフィ (Shephy) (1人用 15分 12才以上向け) ボードゲーム

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    なんとなくクッキークリッカーを思い出した

  2. 名無しのゲーマー より:

    Androidでやった事あります。
    面白いんだけど、マイナスカードの多さに面食らって辞めた人も多いんじゃないかなーって思う。

  3. 名無しのゲーマー より:

    動画の手際が良すぎてプロを感じる…やりこんでる感が凄いです

  4. 名無しのゲーマー より:

    ツイッター見るとポケモンスナップもやってそうなのに
    100円のマイナーミニゲームに嵌ってるの草
    記事にする題材間違ってない?

  5. 名無しのゲーマー より:

    明日はジンギスカンにしよう

  6. 名無しのゲーマー より:

    まさに書いてある攻略方法の通りなんだけど
    それ以外の解決策とかが特別にないので飽きが早いのが欠点

  7. 名無しのゲーマー より:

    ↑チャレンジかポストラヴズやってみたらそんな事言えなくなるからオススメ
    ベーシック1000だけなら簡単だから確かに飽きる

  8. 名無しのゲーマー より:

    こんな大真面目な記事の次はIQがどちゃくそ低いクソ記事(褒め言葉)が来るんだ

  9. 名無しのゲーマー より:

    デッキ構築型カードゲームかな?ハトクラみたい

  10. 名無しのゲーマー より:

    ジンギスカン食べたくなってきた

  11. 名無しのゲーマー より:

    ポストラブズのストーリーがいいよね

  12. 名無しのゲーマー より:

    デッキ構築ではなくて決まった山札で遊ぶソロゲーね
    デッキが3週したらゲーム終了だったかな

  13. 名無しのゲーマー より:

    今まで3分4秒がベストタイムで悔しかったが、
    エフェクトと空振り確認オフを知ったら余裕で3分切れた
    動画に顔謝…っと感謝

タイトルとURLをコピーしました