人生初の『ドブル』を子どもたちと楽しむ。

スポンサーリンク

関連記事:
人生初のUNOを子どもたちと楽しむ。
人生初のジェンガを子どもたちと楽しむ。

 人生初シリーズ、第3弾!
 Amazonほしい物リストから『ドブル』というカードゲームをいただいた。ありがとうございます。

 ぼくは遊んだことがないが、けっこう有名なゲームで、子どもたちは保育園でやったことがあるらしい。特に娘が「ドブルっていうのがね、おもしろいんだよ!わたしつよいんだよ!」と何度も話してくれていた。
 

 さっそく開封。
 「しんぴんのドブルだー!ぜんぜんおれてない!」とはしゃぐ娘&息子。
 そうか、保育園のはたくさん遊ばれているからくしゃくしゃなんだな。でもやっぱり、それくらいおもしろいゲームってことか。
 

 子どもたちにルールを教えてもらいながら遊んでいくことに。
 遊び方はいくつかあるらしいが、まずはもっとも基本的なものをやる。
 ざっくり言うと、「カードをひとり1枚持ってスタート。場に出たカードと自分のカードを見比べ、同じ絵柄を見つけたらそれを宣言して場のカードを取る。取った枚数がいちばん多い人が勝ち」というものだ。
 

 たとえば、この2枚のカードを見比べてほしい。ひとつだけ同じマークがあるのだが、わかりますか?
 ドブルのカードは全55枚あり、1枚につき8つのマークが描かれているのだが、カード同士は必ず「ひとつだけ」共通のマークがあるように作られているのだ。すげえな、これ。めちゃめちゃよくできてるな。高度な数学が使われていそうだ。
 ちなみに、上の画像の正解は「シマウマ」である。なので、「シマウマ!」と叫びながら場に出たほうのカードをゲットする、という感じで遊ぶ。
 

 絵柄はけっこうたくさんある。
 「標的(ターゲット)」という日本ではなじみのないマークもあって、ちょっと海外ゲームっぽさを感じる。ちなみに実際、もとはフランス製のゲームである。
 

 ルールがわかったところで、子どもたちとバトル。
 まあ、子どもたちは遊んだことがあるとはいえ、大人と子どもだからな。ほどほどに手加減してやるか……と思ったら、
 

 惨敗してしまった。まさかの最下位になってしまった。
 これ、知識よりは反射神経のゲームだから、大人がぜんぜん有利にならない……むしろ子どものほうがそのへんは得意かもしれない……
 大人が全力を出しても子どもといい勝負になるという点で、すごくすぐれたゲームだ。子どもってかしこいから、大人が手加減しているとやっぱり気づいちゃうんだよな。でもドブルはそもそも手加減不要なので、大人も子どもも白熱する。何度でもやりたくなってしまう。
 けっきょくこの日は4戦もしてしまった。1戦あたり10~15分くらいだから、約1時間だ。寝るのが遅くなってしまった。ちなみに4敗した。泣きながら寝た。
 

人生初の『ドブル』を子どもたちと楽しむ。
Amazon | ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム | カードゲーム・トランプ | おもちゃ
ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲームがカードゲーム・トランプストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    テーブルげむぼく好き

  2. 名無しのゲーマー より:

    新手のスパチャみたいで楽しい

  3. 名無しのゲーマー より:

    最後の娘ちゃんの「ありがとうございます」に
    俺の父性がジュンと来ちゃいました

  4. 名無しのゲーマー より:

    おばけキャッチおすすめだぞ
    絶対盛り上がるし、子供に勝てない

  5. 名無しのゲーマー より:

    デブへの脊髄反射(ちんこ)はすごいのにね

  6. 名無しのゲーマー より:

    アニメの放課後さいころ倶楽部で初めて知ったゲームだ

  7. 名無しのゲーマー より:

    デブルなら勝つかな?

  8. 名無しのゲーマー より:

    観察力と反射神経が鍛えられそう。

  9. 名無しのゲーマー より:

    6歳児双子Youtuber応援してます!
    デブ専イチジク仮性包茎?知らない子ですね

  10. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼくテーブルゲーム部いいぞもっとやってください

  11. 名無しのゲーマー より:

    子供にゲームで負けて泣くのが恒例行事みたいになってる

  12. 名無しのゲーマー より:

    こんなの簡単だろと思うけど実際やると案外むずいよな
    よくできたゲーム

タイトルとURLをコピーしました