小説

アニメ

『花咲くいろは』は「ゆらぎ」だらけですっきりしない、でも前を向く人生の話。

 ぼくは新しいものが好きで、いつも「いまがいちばんいい時代」と思っているポジティブ人間なので、各ジャンルの「いちばん好き」がコロコロ変わるのだが、おそらく一生変わらないだろうな、と思うものが少しだけある。  そのひとつが、いちばん好き...
8
小説

定時で帰るぼく、『わたし、定時で帰ります。』を読む。

 ぼくは小説をほとんど読まない。というか、そもそも本を読まない。  週刊ファミ通と週刊アスキーは欠かさず読むし、星新一のショートショートをかいつまんだことはあるが、パッと思い出せるのはそれくらいだ。  おそらく、長い文章...
5
小説

ぼく、愛のために短編小説を書く。

Mellow(紙ジャケット仕様) 宮崎美子 2006-11-29  ある日、宮崎美子が夢に出てきて、漢和辞典をぼくのアナルにねじ込みながら「ショートショートみたいな短編小説を書ける人って憧れるんですよね...
16
小説

続・ぼく、急に自著を宣伝しだす。

4
小説

ぼく、急に自著を宣伝しだす。

5
小説

続・ぼく、異世界転生モノで一攫千金する(予定)。

宮崎美子写真集<元気です!> (1980年) 時 裕志 1980-11    せこせことブログを書いていたら、『Qさま!!』終わりの宮崎美子が「私ね、いまライトノベルにハマってるんで...
6
小説

ぼく、異世界転生モノで一攫千金する(予定)。

   せこせことブログを書いていたら、近所の世の中をなめくさった編集者に「彩人さん、ブログなんて古いですよ。いまの時代、『小説家になろう』でちょろちょろっと異世界転生モノを書けば印税ガッポガッポで毎日好きなだけハッピーターン食えて宮崎美子...
18
タイトルとURLをコピーしました