Anker×ポケモン剣盾 モバイルバッテリーがかわいい!

 Anker直営店にたまたま行く機会があり、ひと目で「こ、これは!」と惚れて買ってきてしまった。
 モバイルバッテリー PowerCore 13400の、『ポケットモンスター ソード・シールド』とのコラボモデル。正式名称は『サルノリ&ヒバニー&メッソンモデル』だ。

 容量は13,400mAh。PD(Power Delivery)対応なのでニンテンドースイッチ&ニンテンドースイッチライトの充電もでき、価格は税込6,980円。
 決して高くはない。高くはないが、スペックが近いPowerCore 10000 PD Redux(10,000mAh/PD対応)が実売4,500~5,000円程度で買えることを考えると、安くもない。個人的には、コラボ料が乗っかって6,980円ならぜんぜんアリだと思ってしまうが。

 ちなみに、Anker×ポケモンのPoweCore 13400は『ピカブイ』のときにも出ている。それはいまやAnker公式ストア以外だとプレミアが付いてしまって10,000円以上で取引されているので、これもいずれそうなるのかもしれない。
 

 スマートフォンやタブレットの充電ができるのは当然だが、ゲーマーとしては、やはりニンテンドーライセンス商品であることがうれしい。安心感が違う。
 なお、PD対応とはいえ、ノートパソコンの充電ができるかどうかはPCの機種によって異なるので要注意。ノートPCは要求する電力量が大きいため、本機では充電できないこともある。
 

 すごくどうでもいいんだけど、Anker製品のシールは綺麗にツルツルはがれ、箱の紙を巻き込まないので好きだ。ツルツル~。
 

 開封!
 なんと、モバイルバッテリーだけでなく、ポーチもコラボ仕様!かわいい!
 ポーチに入れて持ち運んでいるときでもサルノリ・ヒバニー・メッソンが見えるというのは、とてもうれしい。やっぱりコラボモデルはこうでなくちゃ。
 

 製品に付属するケーブルは、USB-C⇔USB-C。microUSBではないので注意しよう。
 

 裏面は、ニンテンドースイッチのロゴが入っている。
 表はポケモン、裏はスイッチ。表も裏もAnkerっぽさがほとんどなく、むしろ任天堂感にあふれている。いいのかAnker。もっと目立たなくていいのかAnker。いいメーカーなんだからもっと目立ってもいいんだぞ。
 

 以前から持っていた、PowerCore 10000(左)と比較。
 大きさはけっこう違うし、重みも違う。とはいえ、13400(右)のほうが大容量だしPD対応だしサルノリとヒバニーとメッソンが描いてあるしで、好みが分かれるところだろう。個人的には触ったときの質感込みで、今回買った右のほうが好みだなあ、という感じ。
 

Anker PowerCore 13400 Pokémon Limited Edition サルノリ&ヒバニー&メッソンモデル
Anker PowerCore 13400 Pokémon Limited Editionのモバイルバッテリー・充電器ならAnker(アンカー)公式オンラインストア。iPhone・AndroidやiPad等のスマホ・タブレットにおすすめのコンパクトなモバイルバッテリーです。

 Anker公式オンラインを見ると、このモデルはもうネット上では売り切れで、あとは公式ストアでの販売しか残っていないようだ。たまたま買えてラッキーだったなあ。興味がある人は、ぜひお早めに。
 

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    毛玉が気になりすぎて記事の内容が頭に入ってこなかった 訴訟

タイトルとURLをコピーしました