黒桃に導かれNintendo Tokyoに行ってきた話。

スポンサーリンク

 黒い桃がプリンプリン揺れながら「早く……早く助けに来て……」と呼びかけてくる初夢を見た。CVは嶋村侑だった。

 なんだこの夢……桃はなんとなく縁起がよさそうだが、黒くてプリップリ揺れて嶋村侑ボイスって……ん?なんかこれ、見覚えがあるような……あっ!
 

[amazon_link asins=’B01MZBAZAD’ template=’CopyOf-ProductGrid’ store=’hajifuta06-22′ marketplace=’JP’ link_id=’b1176926-2ab6-4b65-8756-d8dc9f517839′]

 ゼルダ姫の尻だ!
 ブレスオブザワイルドのプリンセスオブザヒップだ!
 知らない人のためにいちおう解説しておくと、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』というゲームのヒロインがこのお尻で、黒いタイツに身を包み、プリンプリンに揺れながらかわいい声でしゃべる。この黒桃の名前がゼルダ。
 

 黒桃は夢のなかで「早く助けに来て……」と無数の魔物に囲まれながら呼びかけていた。魔物たちは理性も知性もなく、ただ本能のみに従って暴れているように見えた。
 理性も知性もない本能のみのやつらが集まって暴れている場所といえば、渋谷だ。渋谷に行くしかない。黒桃姫が渋谷でぼくの助けを待っている。
 

 というわけで、2020年1月3日。新年早々、渋谷のニンテンドートーキョーに行くことにした。
 2019年11月22日のオープン以来ずっと大盛況で、3〜4時間待ちも珍しくないと聞くが、はたして年始はどうなのだろうか。

 開店は10:00だが、開店前から整理券の配布があり、それを入手できれば列に何時間も並ぶことはなくなるらしい。
 ネット上で情報をあさってみると、整理券は07:00ごろから入手できるという話もあれば、08:00からという話もあった。よくわからない。しかし、あまり遅く行くと整理券配布が終了していることもあるので要注意、というのは間違いなさそうな情報だった。
 けっきょく、09:00ごろに着いて「11:30集合」の整理券をゲットした。2時間半も列で並べと言われたらキツいが、整理券があれば2時間半後に来るだけでよいので気分がかなりラク。

 渋谷なら、適当にヒマをつぶせる場所はいくらでもある。2時間半なんて、スタバでひと休みして、モディでパンケーキを食べ、ヒカリエで初売りの冬物のアクセサリーをチェックしていればすぐだ。めいっぱいおしゃれな言葉を並べて見栄を張ってみましたが、実際にはマクドナルドとヤマダ電機で時間を潰していました。
 

 そして、11:30が近づいたころに、満を持してニンテンドートーキョーへ。渋谷パルコの6Fだ。
 

 着いた!
 任天堂のロゴと赤いカラーが目立ち、かつ6Fだけニンテンドートーキョー人気で異常に人が多いので、迷うことはまずない。人ごみにげんなりする可能性はあるが。
 

 あっ、尻だ!黒桃だ!ゼルダ姫だ!かわいい!
 

 ヒッ、ヒィィィィ!ふつうに並ぶと210分待ち!恐ろしい!整理券があってホントによかった……
 210分待ちの大行列を横目に、「11:30集合の整理券をお持ちの方はこちら」的な列に並ぶ。11:30に並んで、11:40には入店することができた。さすが整理券、早い。
 

 そして店内は、言わずもがなだが超楽しい!人は多いが、入場制限がかかっているので、歩けないほどごちゃごちゃ、という感じではない。
 ニンテンドートーキョーの公式WEB上で公開されている商品ラインナップはほんの一部で、実際にはネットに載っていないグッズのほうがよほど多い。
 売場の大きさやグッズの多さで目立つのは、「マリオ」「スプラトゥーン」「ゼルダの伝説」「星のカービィ」「どうぶつの森」あたりのシリーズ。それぞれに集まる人を観察すると、マリオはファミリー層、スプラトゥーンは小中学生〜20代、ゼルダは外国人、カービィは若い女性・子ども、どうぶつの森は女性全般からの人気がすさまじかった。各シリーズの特徴が出ていておもしろい。
 

 ひと通り商品を物色したら、レジへ並ぶ。
 時間帯にもよるだろうが、このときはレジ待ち列がけっこう長く、20分くらい並んだ。ただ、レジ待ち列にも商品がたくさん並んでいるので、飽きることはあまりない。むしろうっかり買いすぎてしまいそうになるので衝動を抑えるのが大変。
 

 ちなみに会計金額は約20,000円だった。グッズは15点くらい買ったと思う。20,000円とだけ聞くとめっちゃ高いが、15で割れば1点あたり1,333円なので、まあそういうもんか、くらいの感じだ。 
 

 シーカーストーン(形のラバーコースター)を手に入れたので、これでゼルダ姫は救われたはず。黒い桃が割れ目をパクパクしながら「ありがとう……」としゃべっている気がする。冷静に考えたら尻がしゃべるって完全におしりたんていだな。
 

 ちなみに、ニンテンドートーキョーと同じフロアには、ポケモンセンターシブヤやカプコンストア、ジャンプショップ、期間限定のイベントショップ(このときはデジモンだった)もあり、ゲーム・アニメファンにはたまらない場所になっている。そのへんも含めて大満足だ。
 列に並ぶと大変だが、整理券さえ手に入れれば超快適。みなさんもぜひ黒い桃に導かれ、ニンテンドートーキョーでの買い物を楽しんでみてください。これからもおしりたんていをよろしくお願いします。
 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    (聞こえますか、人の子よ・・・今貴方の脳に直接語りかけてます・・・今年の初詣は神殿にするのです・・・)

  2. 名無しのゲーマー より:

    最初の導入いる?

    いるんやろうなぁ

  3. 名無しのゲーマー より:

    尻が喋るってコブラか

  4. 名無しのゲーマー より:

    ニアちゃんのエッチなお股を見れるフィギュアは売ってないんだも?

  5. 名無しのゲーマー より:

    スプラまじでグッズ映えするな

  6. 名無しのゲーマー より:

    最後の写真のリュウは
    なんでソニック・ザ・ヘッジホッグを握りしめてんの?

タイトルとURLをコピーしました