fitbit inspire HRを1ヶ月使ってみて。2019年のベストバイ家電!

スポンサーリンク

【関連記事】fitbit inspire HR 開封の儀。最軽量級アクティブトラッカー!
 

 fitbit(フィットビット) inspire HRを買って約1ヶ月が経った。
 購入時は正直けっこう迷って、いろいろ調べた。

A. なんでもできてブランドパワーもあるApple Watchを買う(約47,000円)
B. 運動記録やGPSに強そうなGARMIN vivosportを買う(約18,000円)
C. 同じfitbitでも売れ筋でレビューも多いfitbit Charge 3を買う(約18,000円)
D. 軽さ重視でfitbit inspire HRを買う(約18,000円)

 といった選択肢がある中で、最後にDを選んだ、という形。

 で、結論から言えば、大正解だった。いや、A~Cを買っていないわけだから絶対ではないかもしれないが、いま振り返る限り、Dはぼくにとって最良の選択肢だった。なんせ、fitbit inspire HRに対する不満がマジでひとつもないからだ。

 今回は具体的に、数ある選択肢の中でも「fitbit inspire HRにしてよかった!」と思えているポイントを5つ紹介していく。
 

[1]常時着用に向く、軽さとクセのない見た目

 バンドも含めた総重量18gというのは、本当に軽い。スマートウォッチとして見てもアクティブトラッカーとして見ても最軽量クラスだ。
 また、公式サイトなどでもある程度イメージはつくと思うが、fitbit insipire HRは見た目にクセがない。悪く言えば「地味」「目立たない」だが、24時間、仕事の日でも休みの日でも着け続けたいことを考えると、この地味さ、目立たなさはむしろメリットだ。
 

[2]じつは貴重な心拍数の常時計測

 fitbit insipire HRは、心拍数の常時計測ができる。
 「いや、そんなん当たり前だろ」とお思いかもしれないが、じつはそうではない。たとえばライバルであるGARMIN製品は、24時間常時ではなく、ランダムに計測したり、アクティビティ(運動)などを検知してその最中だけ計測したりする。バッテリーを長持ちさせるための工夫だ。
 しかし、fitbitは24時間常時計測。これとバッテリー持ちの両立は他のメーカーにはない技術。腕に着けている限り、自分の心拍数を完璧なまでに正確に計測できる。これのログを見るのがかなり楽しい。
 

[3]睡眠記録の精度が高い

 「fitbitは睡眠記録の精度が高い」ということは、いろいろなところでよく言われている。で、実際に確かにスゴい。何もしてないのにどういう仕組みでこんなに正確に測れているんだ、と不思議になるくらい。
 ふつうなら「覚醒」「レム睡眠」「ノンレム睡眠」くらいの3段階検知のところ、fitbitは「覚醒」「レム睡眠」「浅い睡眠」「深い睡眠」の4段階。で、入眠時にも起床時にもいっさいの操作が必要なく、完全に自動ですべてを検知してくれる。さらに、睡眠記録に限った話ではないが各種ログは勝手にiPhoneアプリと同期されるので、起きてすぐに睡眠の記録とスコアをチェックすることができる。
 

[4]バッテリーが一週間持つ

 fitbit inspire HRのバッテリー持ちは公称5日間。Charge 3は7日間なので、少し短い。バッテリーは軽量化の犠牲になったとも言える。
 しかし実際には、一週間は余裕で持っている。より正確に言えば、7.5~9日間くらい持っている。ぼくの場合、メッセージ通知機能を切って時計とアラームくらいしか使っていないので、それが大きいのだと思う。
 一週間持ってくれれば「毎週日曜日の入浴中に充電する」みたいなルーティーンが作れるので、かなり便利。しかもバッテリー容量がそもそも小さいおかげもあってか、1時間程度ですぐフル充電になる。早い。
 

[5]めっちゃホメてくれる

 10,000歩を歩いたら液晶画面に花火とミラーボールが出てお祝いしてくれたり、ちょっと運動したらiPhoneに「おいおい君は天才アスリートかい?驚いたよ」的な通知が来たりして、やたらとホメてくれる。いちいちおおげさなヤツだなぁ、と思うが、なんだかんだうれしい。ホメられて伸びるタイプの人にはすごくいい。
 

 使ってみて、また使いながらいろいろ調べてみてわかったのだが、fitbitはアプリで遊びたいとかスポーツの記録を取りたいとかよりは、とにかく「ライフログ」にすぐれたアイテムだ。個人的な結論としては、

・なんでもやりたいorなにをしたいかわからないなら、なんでもできるApple Watch
・スポーツを重視するなら、GPSが高性能でスポーツアプリも豊富なGARMIN
・日常生活の記録なら、すべてが自動検知で何もしなくてよく、心拍数常時計測で睡眠記録精度も高いfitbit。多機能を求めるならCharge 3、軽さを求めるならinspire HR

 という感じ。
 ぼくの用途からいえば、明らかにfitbit inspire HRがベストバイだった。いい買い物をした。
 

 18,000円というのは決して安い買い物ではないが、これで自分の身体への理解度が格段に上がるのは大きい。ぼくはもともとRPGやSLGみたいな数値・データを多く扱うゲームが好きなので、自分の生活を正確にデータ化できるのはそれだけで楽しい。
 また、これをずっと着けていると「今日はバスじゃなくて歩いて帰ってみようかな」「今日はお菓子買うのはやめとこうかな」みたいな意識もちょっと生まれて、地味に節約にもなる。18,000円の元が取れるほどではないだろうが、気持ちよく節約ができるのはよいことだ。

 あなたも興味があれば、ぜひ。
 ずっと着けることになるものなので、ぜひ店頭で触って、軽さや手触りを実感してからの購入を強くおすすめします。
 

[amazon_link asins=’B07P2Y68V7′ template=’ProductAd’ store=’hajifuta06-22′ marketplace=’JP’ link_id=’b98dfa3d-5e45-4193-a5c7-9d41c3dcedbe’]

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    睡眠記録つけられるのはいいなーと思ったけど、iphone持ってなかった。

  2. 名無しのゲーマー より:

    下ネタが1つもないだと?

タイトルとURLをコピーしました