短髪セルフカットなら「水洗い可のカットモード」が最強だという話。

スポンサーリンク

 2007年にER5209を買って以来、ぼくはPanasonic『カットモード』の愛用者である。
 かれこれ12年、ということになる。写真を撮っていて気付いたが、当時はまだNationalブランドだったんだな。

 カットモードとは、ひとことで言えば、セルフカット(自分で散髪)するための「アタッチメント付きバリカン」である。
 ぼくは美容院が嫌いなので、行きたくない。しかし妻は、「お前みたいなオタクが美容院にすら行かなくなったらいよいよ終わりだから行け」と言う。「やだ」とぼく。「私のために行け」と妻。「私のためにとか言い出すのはズルいよう」と泣き出すぼく。「はよ行け」とぼくの尻を蹴る妻。

 そんな激闘の末、両者合意でたどり着いた折衷案が、「ひと季節(3ヶ月)に1回は美容院に行く。その間はセルフカットでつないでもよい。ただしハサミは出来上がりが安定しないのでNG。カットモード必須」というものだった。
 

 で、そのカットモードの最新最強モデルが、ER-GF80なのだ!買っちゃった!
 最新最強と言いつつ、実売価格は4,500円程度。めっちゃめちゃ安い。美容院1~2回ぶん。すぐに元が取れる。
 


出典:https://panasonic.jp/haircut/index.html

 ちなみにカットモードには複数のモデルがあるが、12年使ってきたぼくが断言しておくと、絶対に水洗いOKのモデルにしたほうがいい。あとは、ケチらずに少しでもグレードの高いモデルにしたほうがいい。
 理由は、水洗い可だと利便性が段違いだから。また、グレードが高いほうがアタッチメントの数が多いので、対応する髪形が幅広いし、耳回りや襟足の長さ調整がやりやすい。
 

 開封すると、こんな感じ。
 黒いケースのなかに、こういうふうに内ケースと各パーツが収納されている。

 なお、これまたベテランの経験則になるが、このケース一式は必ず捨てずに持っておくべきだ。
 カットモードはアタッチメントの関係でご覧の通りパーツが多いので、内ケースを使わずに適当に収納しようとするとガチャガチャぶつかる。また、パーツも紛失しやすくなる。
 

 おお、最新版はウォータースルシャッターなんていう水洗い促進機能が追加されているのか……
 アタッチメントもいろいろ改善されているし、ER5209とはぜんぜん違うな……まあ12年も経っていればあたりまえか……12年って干支一周ぶんだもんな……

 で、カットモードがいかにカット性能に優れたセルフカット最強ツールか、というのは、公式サイトを見てもらうのがいちばん早い。
 また、手軽さもスゴい。散髪用ケープを準備しなくても、水洗い可のモデルなら風呂ついでにでも全裸で浴室でブイーンとカットして、終わったらシャワーでバッシャーと洗えば完了する。超スピーディー。

 散髪性能で特筆すべきは、ナチュラルアタッチメントスキ刈りアタッチメントで、これは他メーカーのバリカンにはないパナソニックの大発明。
 それらのアタッチメントを付けて全体や生え際をブイーンとやるだけで、バリカンやハサミでのセルフカットにありがちな「毛先が直線的に揃ったり段差ができたりして不自然」というのを完璧に解消してくれ、切りたて感のない自然な仕上がりにしてくれる。
 どれくらい自然かというと、美容師がセルフカットだと気付かないくらいすごい。むしろこっちからセルフカットだと白状して、その出来をホメられるくらいすごい。
 セルフカットすると「あ、ここ自分で切りましたね?ダメですよ~」と美容師が責め立ててくるというあるあるにおびえているみなさん!カットモードをうまいこと使いこなせば大丈夫ですよ!
 ナチュラルアタッチメントの異常なナチュラルさは、12年使っているがいまだにしくみがよくわからない。驚異のメカニズム。
 

 くり返すが、絶対に水洗い可のモデルにするべき。
 切った髪の毛が本体の内側に付着することがよくあるのだが、それをシャワーで一気に流すか、指やブラシで取り除くかはぜんぜん手間が違う。
 

 使用が終了したら、パーツを元通りに内ケースに入れ、黒い外側ケースのファスナーを閉じて収納。メンテナンスとして、刃部分に付属のオイルを挿しておくことも忘れずに。

 さすがはPanasonicというべきか、きちんと収納や手入れを怠らなければ、耐久性はかなり高い。ぼくなんてER5209を12年使っていたわけだから。
 しかも、今回はたまたま最新モデルに買い替えただけで、べつにER5209が壊れたわけではない。さすがに充電池はかなりへたっていたが。
 

 4,500円程度で買えて、カット性能もよくて、大切にすれば12年使える。やばくないですか?1年あたり375円ですよ?1日あたり1.03円ですよ?いや、1日あたりの計算に意味はないと思うけど。
 家庭によっては、自分用としてだけでなく子どもの散髪にも使えるわけで、さらにコスパは高まる。うちだと「前髪だけちょっと切ってあげたいな」という場面がけっこうあり、しかしハサミだと失敗したとき悲惨になるので、そういうときにカットモードが活躍する。やはりナチュラルアタッチメントは最強だ。
 美容院に行く頻度を格段に下げられて、お財布的にも精神衛生的にもやさしい。オススメですよ、カットモード。

 余談として、大半の人にはすげえどうでもいい情報だけど、すね毛のカットなんかにも使えるぞ。3~6mmのアタッチメントで脚をブワーッとやればいい感じにすね毛が薄くなるぞ。「濃いすね毛が気になるけど、ツルツルにするのもちょっと……」という人にオススメ。スッキリするぞ。
 あと、同じ要領で陰毛のカットにも使えるぞ。スッキリするぞ。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    すね毛はちょっと興味あるかも

    素朴な疑問なんですが床屋じゃダメなんですかね?

  2. 名無しのゲーマー より:

    愛用してる道具をゲムぼく。さんで紹介されると、危機感を覚える……

  3. 名無しのゲーマー より:

    奥さんにカットしてもらえば費用も労力もかかりませんね(提案)。

  4. 名無しのゲーマー より:

    最近、何かする代わりに妻のおっぱいを揉むくだりが少ない気がして、不安になる。

  5. 名無しのゲーマー より:

    尻を蹴るあたりが、伏線だと思ってたら全然そんなことなかった

  6. 名無しのゲーマー より:

    まんまと買ってしまった

  7. 名無しのゲーマー より:

    陰毛よりアンダーヘアって言った方がタピオカミルクティーブログ的には良さそう

  8. 名無しのゲーマー より:

    陰毛刈るとチクチク痒くならない?

  9. 名無しのゲーマー より:

    あー、美容師さんに「陰毛自分でカットしましたね!」
    って責められること多いから、こりゃ便利だわー

  10. 名無しのゲーマー より:

    俺は頭には特に必要無いけど、陰毛に使えるなら便利かも知れないな

  11. 名無しのゲーマー より:

    美容師すら気づかないような仕上がりになるか不安なので陰毛カットした暁にはちゃんとできたか見ていただくことは可能でしょうか

  12. 名無しのゲーマー より:

    最後の締めが予想通り

  13. 名無しのゲーマー より:

    冒頭画像の機種を愛用してました
    Nationalと一緒に消えてなかったんですね

タイトルとURLをコピーしました