女たちの英雄譚。#07『クラスチェンジ』[FEエコーズ]

 
前回までのあらすじ】
 部隊のエース、エフィのレベルが20になった!
 20になったということは、その先に待つのはもちろん……
 
 ファイアーエムブレムシリーズには「クラスチェンジ」というシステムがある。
 通常、レベルの上限は20だが、クラスチェンジをして上位クラスになれば、それまで鍛えた能力はそのままにレベル1になることができ、さらなる成長が望めるようになる。
 なお、エフィは通常の下級職とは異なる「村人」という最下級職なので、村人→下級職→上級職と2回もクラスチェンジをすることができる。
 その1回目のチャンスがやってきた、というわけだ。
 
 選べるクラスチェンジ先は4つ。クラスチェンジ先を選べるのも村人の特権だ。
 候補は、ソシアルナイト、ペガサスナイト、シスター、魔道士。
 このうち、ソシアルナイトとペガサスナイトは早々に候補から外した。
 前者は能力のバランスはよさそうだが、エフィをエースとして育てていくなら、飛び抜けた強みを持てないことが気になる。後者はすでにクレアがいるし、最終的にはペガサス三姉妹も仲間になるはずなので、飽和するのが目に見えている。
 となると、魔道士かシスターだが……
 
 シスターにしたぞ!
 村ゴリラ改め、修道ゴリラ爆誕!
 じつは事前にセーブして魔道士にするパターンも試してみたのだが、魔道士は攻撃のたびにHPを消費するため、エフィに期待したい単騎での遊撃役やおとり役を任せるには向かないことがわかった。HP消費0でHP吸収効果つきのリザイアを持つシスターとは対照的だ。
 というわけで、エフィはシスターとして、リザイアで自給自足し続けるエースをめざしてもらう。シスターとは名ばかりのドレインゴリラである。
 
 シスターの弱点はDEFだが、ATKとDEFに命を懸けて育成してきたエフィなら、まったく心配なし!
 
 シスターLV14のシルクと比べると、エフィの異常な強さがよくわかる。
 

 このまま次のマップに行ってもいい気がするが、念のため、少しだけレベルを上げる。
 解放軍のアジト入口付近にいるマミーが、経験値がとても高いのでおいしい。
 なぜか移動力が6と高いので、強制出撃のアルムがうっかり狙われないように注意は必要だが……うちのアルムはレベル1なのでマミーに狙われたら即死である。
 
 LV6でリブローを覚えた。
 射程が1-25ってやばくない?リブローもやばいしエフィのATKもやばくない?
 そしてここで、シルクとの比較で、同じ職業でも習得魔法はキャラによって異なる、ということもハッキリわかった。
 すでにプレイ済みの人は「なんでそんなことも知らねーんだよ」とお思いのことかと存じますが、攻略情報なしの初見プレイなのでそういうものなんだとご理解ください。
 
 次回、ついに1章のクライマックス!たぶん!
 ドゼー軍との直接対決に挑む!!
 
 

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    回復しつつ前線に出る…つまり神官戦士ですね

  2. 名無しのゲーマー より:

    射程1-2で自前で回復できて硬いし早いしゴリラだし…
    これは勝ちましたわ

  3. 名無しのゲーマー より:

    シスターにすればよかったのか!
    シルクいるからソシアルナイトにしちゃったさ。

  4. 名無しのゲーマー より:

    できれば女性の強いパラディンほしいですねーほんと来ればいいですねー

タイトルとURLをコピーしました