進め!ハウンド5人旅!#9『操れ!ヒポグリフ!』

 

前回までのあらすじ】
 セリクの頬を血が出るほど札束で叩き、大量のアムリタを手に入れたハウンド5人組!
 湯水のごとくアムリタをぶちまけながら第2階層を突き進み、10Fまでやってきたぞ!
 

 F.O.Eを順調に蹴散らしながら、ハウンド5人旅もついに10階まで到着。
 第1階層のボスだったゴーレムはハウンドにとって非常に相性がよく、レベル8でも楽勝だったが、はたして第2階層のボスはどうだろうか?
 

IMG_7026

 第2階層のボスは『ヒポグリフ』
 鳥のような獣のような、グリフォンのような馬のような怪物である。

 このヒポグリフ、とにかくすべての攻撃の威力がめちゃくちゃ高い。
 ハウンドのHPと防御力では、通常攻撃も含めてすべての攻撃が即死級である。
 

IMG_7027

 特に最大の脅威が『スカイダイブ』という腕技で、まともにくらうとこんなふうに一瞬で壊滅する。
 これの対策を考えるためにいろいろ試していたら、10回くらい全滅してしまった。

 今回、かなり低いがレベル20(引退なし)で挑む。
 もちろん、難易度はアドバンスドで。ただし、ゴーレム戦ほど厳しい縛りプレイをするつもりはないので、アイテムは使う。

 世界樹シリーズの適正レベルは「到達階×3」であるとよく言われるから、レベル30が妥当と思われるヒポグリフ相手にレベル20で勝てれば、まあまあすごいと言っていいのではないだろうか。
 少なくとも、ハウンド5人という珍妙な編成でこれより低いレベルで勝てることはないと思う。何度も全滅した甲斐あって、それくらい戦術を詰めることはできた。

 ふつうのパーティーでもめったに勝たせてもらえないであろう、レベル20でのヒポグリフ戦。
 今回も、ハウンドの意地を見せるときが来た!
 

【覚えておくべきヒポグリフの特性】
1. 1ターン目は必ず『狂乱の眼差し』(単体に混乱付与)が来る。
2. 即死級の全体攻撃『スカイダイブ』は腕技。
3. スカイダイブはヒポグリフの残りHPが約7割、5割、3割を切ったときに必ず来る。
4. スカイダイブのあとは必ず『ウイングシールド』で防御形態に移行する。
5. 防御形態時はHP500回復の『休息』(頭技)のみを使ってくる。
6. 防御形態は一定ダメージを与えるか3ターン経過で解除される。
 

 一発でもまともに攻撃をくらえば誰かが即死するハウンド5人旅においては、これらの特性をうまく利用して、ヒポグリフの行動をこちらの思い通りにコントロールし続けることがカギとなる。
 

【装備・スキル構成】 
※重要スキルは赤字で表記

IMG_7028
前衛:アリス
ターゲットアロー10、双翼閃4、鷹笛3、重装マスタリー1、肉体強化1、走力鍛錬1、心眼1、軽業1

 おなじみターゲットアローの大先生。とにかく物理攻撃で押していくしかないこの戦いは、彼女のターゲットアローによる防御力低下がすべての起点となる。
 弓はTP重視で毒蛭の短弓。アクセサリは1ターン目の狂乱の眼差しに備えて、混乱耐性アップのヤギのピアス。
 

IMG_7029
前衛:ユーリ
ハンターショット10、双翼閃1、救護指示1、犬笛3、鷹笛3、黒霧1、セービングパワー1、重装マスタリー1、肉体強化1、走力鍛錬1

 これまたおなじみ、ハンターショットのお姉さん。ヘペライと運のネックレスでLUCをできるだけ上げ、スカイダイブを阻止するための腕封じに命を懸ける。
 今回の戦闘でもっとも山場となるのは、中盤、彼女の黒霧からのハンターショットで腕封じが決まるかどうか。
 アースランの彼女はセービングパワーが覚えられるので、狂乱の眼差し対策はそれで。
 

IMG_7030
後衛:チグサ
双翼閃10、鷹笛3、弓マスタリー1、気魄の楔1、重装マスタリー1、肉体強化1、走力鍛錬1、力技1、戦場の恩寵1、狩猟術1、軽業1

 装備とスキルが完全に双翼閃の威力を最大化することしか考えていない双翼閃連発ババア。
 本人のATKも高いので、彼女の双翼閃は他のメンバーの約1.5倍~2倍のダメージを叩き出す。
 あと、今回は気魄の楔が超重要。これが成功するかどうかで序盤の流れが決まる。
 

IMG_7031
後衛:ナンナ
鷹笛10、双翼閃10、肉体強化1、走力鍛錬1

 鷹を呼ぶ!あとは双翼閃!わかりやすい!!
 地味な役どころだが、レベル10の双翼閃がためらいなく連発できるのはTPの高いルナリアの彼女だけ。他にはできない仕事。
 

IMG_7032
後衛:ララパ
犬笛10、救護指示1、双翼閃1、獣の癒し1、ブラッシング1、鷹笛3、イージスの盾1、値切り1、肉体強化1、走力鍛錬1、自学自習1、(祈祷:鎮守)

 リリ(猟犬)と一緒にパーティーの回復と防御を担う、縁の下の力持ち。今回は双翼閃も撃つので超忙しい。
 老木の弓の固有スキル『祈祷:鎮守』は必須。これがあるかないかで、ヒポグリフの通常攻撃を一発耐えられるかどうかが変わってくる。
 イージスの盾は5人がかりで発動しなければならない大技だが、これこそが今回の最後の切り札。
 

 例によって、戦闘開始前に召喚は済ませておく。
 今回はアイテムOKということにしたので、アムリタを使ってナンナとララパのTPを全快させておく。
 羽を持つ四肢の怪物に、羽を持つ鷹と四肢の猟犬と5人のおまけが挑む!
 

IMG_7033
■TURN1 
アリス:ダブルアタック(ユニオンスキル)→ターゲットアロー 
ユーリ:双翼閃 
チグサ:双翼閃 
ナンナ:双翼閃 
ララパ:祈祷:鎮守 

 ユニオンスキルの発動者になる予定がないアリスとナンナのふたりで、初手ダブルアタック。与えるダメージは100もないくらいだが、このギリギリの戦いでは1ダメージすらバカにできない。
 続けて、双翼閃×3で削って、ターゲットアローでヒポグリフの防御力を低下させて、祈祷:鎮守でこちらの防御力を上げておく。
 ユーリはあえてハンターショットを撃たない。1ターン目から封じを入れてしまうと、そのぶん封じが切れるターンも早くなりやすいからだ。
 1ターン目は必ず狂乱の眼差しが来るが、対策済みなのでほぼ心配なし。アリスに飛んできたが、ヤギのピアスで無効化できた。
 

IMG_7034
■TURN2
アリス:双翼閃
ユーリ:ハンターショット
チグサ:気魄の楔(ユニオンスキル)→双翼閃
ナンナ:双翼閃
ララパ:双翼閃

 全員で協力してヒポグリフの全身を封じにかかるターン。
 チグサが発動者となり、1ターン目でユニオンゲージ消費済みのアリス、ナンナと協力して気魄の楔。
 気魄の楔は、敵に物理攻撃を当てるたびに低確率で頭・腕・脚封じが発動するようになるユニオンスキル。ハウンドの双翼閃は本人の攻撃→鷹の追撃の2回攻撃なので、封じの発動チャンスも2回ある。非常に相性がいい。
 無事に双翼閃×4で頭封じと腕封じ、ハンターショットで脚封じが入り、ヒポグリフの全身を封じることに成功!
 ヒポグリフの行動は通常攻撃。ナンナが被弾するが、祈祷:鎮守と腕封じによるダメージ軽減があったため即死せずに済んだ。
 

IMG_7042
■TURN3
アリス:双翼閃
ユーリ:双翼閃
チグサ:双翼閃
ナンナ:双翼閃
ララパ:双翼閃

 全身を封じているため、ヒポグリフは通常攻撃以外なにもできない。
 チャンスなので全員で双翼閃を撃ち、一気に削る。毎回追撃するルル(鷹)が過労死しそう。
 ヒポグリフの行動はバインドクロー。腕封じがあるため失敗に終わり、損害なし。
 

IMG_7043
■TURN4
アリス:双翼閃
ユーリ:双翼閃
チグサ:双翼閃
ナンナ:双翼閃
ララパ:アムリタ(>チグサ)

 ターン開始時点で、ヒポグリフの残りHPが明らかに7割を切っていることを確認した。必ずスカイダイブが来る。
 しかし、腕封じを継続できているので、恐れるものはなにもない。ここもほぼ全員で双翼閃。ララパのみ、TPの減りが早いチグサをアムリタで支援。
 スカイダイブに失敗したヒポグリフはウイングシールドで防御形態に移行。ここからが正念場。
 

IMG_7044
■TURN5
アリス:ターゲットアロー
ユーリ:アムリタ(>ユーリ)
チグサ:アムリタ(>アリス)
ナンナ:アムリタ(>ナンナ)
ララパ:祈祷:鎮守

 ヒポグリフは『休息』でHPを500回復しようとしてくるが、頭技なので頭封じが入っていれば止められる。
 頭封じが続いているあいだは安全なので、このスキにTP回復およびターゲットアロー祈祷:鎮守のかけ直しを行う。
 安全だからこそ双翼閃で一気に削る、という考え方もあるが、防御形態時は物理攻撃で与えられるダメージが約半減してしまう。TP消費を考えるとむやみに撃ちまくるわけにもいかない。
 

IMG_7045
■TURN6
アリス:双翼閃
ユーリ:双翼閃
チグサ:双翼閃
ナンナ:双翼閃
ララパ:双翼閃

 頭封じ(と腕封じ)が切れた。ほうっておくと休息でHPを回復されてしまう。
 そこで、全員で双翼閃を撃ち、一定ダメージの蓄積によって強制的に防御形態を解除させる。今回の装備とスキル振りは、全員の双翼閃とリリ(猟犬)の通常攻撃でちょうど防御形態が解除できるように調整してある。
 というわけで、ヒポグリフは休息できず、防御形態の解除だけで行動終了。計算通り。
 そして、画像からわかるように、このターンの開始時点ですでにヒポグリフの残りHPは半分を切っている。つまり、次のターンは必ずスカイダイブが来る。
 

IMG_7046
■TURN7
アリス:縺れ糸:腕
ユーリ:黒霧(ユニオンスキル)→ハンターショット
チグサ:双翼閃
ナンナ:双翼閃
ララパ:双翼閃

 スカイダイブが来ることがわかりきっているので、その前に腕を封じる。
 すでに腕封じが1回入ったあとなのでヒポグリフには腕封じ耐性が付いているが、そこを黒霧で強引に耐性を下げ、LUCを上げまくったユーリのハンターショットと、保険としてアリスの『縺れ糸:腕』で封じにかかる。結果、無事にハンターショットで腕封じに成功。
 他3人は双翼閃でヒポグリフを攻める。防御形態が解除され、ダメージが通りやすいいまのうちに少しでも削っておきたい。
 ヒポグリフはスカイダイブに失敗し、また防御形態に移行。予定通り。
 

IMG_7049
■TURN8
アリス:双翼閃
ユーリ:双翼閃
チグサ:双翼閃
ナンナ:双翼閃
ララパ:双翼閃

 腕封じしか入っていないので、ほうっておくと休息でHPを500回復されてしまう。
 ここも全員で双翼閃を撃ち、リリの通常攻撃と合わせて防御形態を即解除させる。
 そして、この時点でヒポグリフの残りHPは約25%。次のターン、最後のスカイダイブが来る。
 運よく腕封じが継続してくれれば、なにも心配いらないが……
 

IMG_7052
■TURN9
アリス:双翼閃 
ユーリ:双翼閃
チグサ:アムリタ(>チグサ) 
ナンナ:双翼閃
ララパ:イージスの盾(ユニオンスキル)→双翼閃

 残念ながら、腕封じは切れてしまった。このままではスカイダイブをモロにくらってしまう。
 ……が、これも予測済み。最後の切り札、イージスの盾を発動する。これで全員のユニオンゲージをキレイに使い切ったことになる。
 他の行動は、チグサのみアムリタで自分のTPを回復し、あとは全員で双翼閃。
 こちらの行動後、ヒポグリフがスカイダイブを放つが、もちろんイージスの盾で全員無傷。ヒポグリフは最後の防御形態に移行。
 

IMG_7053
■TURN10
アリス:双翼閃
ユーリ:双翼閃
チグサ:双翼閃
ナンナ:双翼閃
ララパ:双翼閃

 ヒポグリフの残りHPは15~20%といったところ。
 防御形態なのでダメージは通りづらいが、双翼閃で畳みかける。
 全員の双翼閃とリリの通常攻撃で防御形態を解除できる……はずだったが、ここで双翼閃が1発ミスしてしまった!
 防御形態の解除に失敗し、ヒポグリフに休息を使われてしまった。HP500回復。
 ただ、まだ大丈夫。この1ターンのズレはギリギリ計算のうち。
 

IMG_7054
■TURN11
アリス:双翼閃
ユーリ:双翼閃
チグサ:双翼閃
ナンナ:双翼閃
ララパ:通常攻撃

 ヒポグリフは防御形態を継続。このターンと次のターンで勝負を決める。
 双翼閃があと2回撃てる4人は双翼閃。1回分しかTPが残っていないララパは通常攻撃。
 双翼閃は最速行動なので、どう間違ってもヒポグリフに先に動かれることがないのがすばらしい長所だ。
 まず最速のAGIを誇るアリスの双翼閃で防御形態が解除され、その後4人の攻撃で連続ダメージを叩き込んだ。
 

IMG_7055
■TURN12
アリス:双翼閃
ユーリ:双翼閃
チグサ:双翼閃
ナンナ:双翼閃
ララパ:双翼閃

 最後のターン。
 ヒポグリフの残りHPは本当にわずかだったため、スピードスター・アリスの双翼閃だけで決着がついた。
 けっきょく、ヒポグリフがこちらに被害を与えることができたのは2ターン目のナンナへの通常攻撃のみ。あとは完封。
 

IMG_7056

 ルル(鷹)が過労死しかけたが、完封勝利!

 今回のポイントは、とにかくヒポグリフを終始こちらの思い通りにしか行動させない、ということ。
 そしてそのために、ダブルアタック(コスト2人)→気魄の楔(コスト3人)→黒霧(コスト4人)→イージスの盾(コスト5人)と、ユニオンゲージを計画的に消費していくこと。

 ハウンド5人旅というのがそもそも特殊すぎるので、この企画にはふつうの攻略において参考になる情報はあまりないと思うが、今回のスカイダイブ対策とユニオンスキルの使い方あたりは、ひょっとしたら役立ててもらえる部分もあるかもしれない。ヒポグリフに苦戦している人はぜひ試してみてほしい。

 足りないパーティーバランスをあの手この手で補いながら、第2階層もなんとか突破。
 マスタースキルが使えるようになるらしい第3階層の冒険は、はたしてどんな感じに進んでいくのか……
 

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    毎回5人の役割がちゃんと決まってて計算され尽くしてるのが面白いなぁ
    お見事です

  2. 名無しのゲーマー より:

    SRB!SRB!(双翼閃連発ババア!)

  3. 名無しのゲーマー より:

    過労死笑ったw

  4. 名無しのゲーマー より:

    全員から放たれた双翼閃は実に41回、つまり鷹君もそれだけ合わせて追撃しているということ…!つまり鷹くんだけでボスを半分削っているという事に等しい、つまり鷹は神

  5. 名無しのゲーマー より:

    双翼閃連発ババアほんと好き

  6. 名無しのゲーマー より:

    チェイン特化ギルドのフェンサーすら超える過労w

  7. 名無しのゲーマー より:

    鷹「ブラックギルドに勤めてるんだがもう俺は限界かもしれない」

タイトルとURLをコピーしました