千年戦争アイギス 海外版での名前変更ユニット。

スポンサーリンク

image

 日本からの接続は制限されているが、じつは海外版も展開されている『千年戦争アイギス』。

 海外での展開にあたり、当然、ユニット名はすべて英語表記に改められているわけであるが、なかには一部、日本版からユニット名そのものが変更されている場合がある。
 海外版は日本版に比べ登場ユニットの種類がまだまだ少ないのだが、とりあえず2015年末時点で実装済みのユニットについて、日本版と名前が異なるものを紹介する。

【日本版】フューネス
【海外版】Eunice(ユーニス)

 Funes(フューネス)という名前も南米系なら実在しないわけではないが、Euniceに改められた。
 ただ、一般的にEuniceは女性名。すなわち海外版での彼は、赤く目を光らせ乳首を露出した女っぽい名前の屈強な男である。ヤベェなコイツ。

【日本版】キャリー
【海外版】Kerry(ケリー)

 マライア・キャリーのキャリー(Carey)かキャロラインの愛称として用いられるCarrieになると思ったら、なぜかケリーに。
 一般に、Careyは姓(苗字)でCarrieは愛称(アダ名)なので、名前として自然なKerryに落ち着いたのだろうか。

【日本版】ベルナール
【海外版】Bernard(ベルナルド、バーナード)

 末尾のdを発音するかしないかに起因する違い。
 Bernardという名は機動戦士ガンダム0080のバーナード・ワイズマンでおなじみ。

【日本版】ホルエス
【海外版】Horace(ホレス)

 微妙な発音の差だが、いちおう。
 Horaceは男性名。ただ、ホルエスは設定的には異国の戦士なので、そのニュアンスを伝えるためにあえて男性名のままにしているのかもしれない。

【日本版】リッカ
【海外版】Rika(リカ)

 もともとは無国籍っぽい名前だったが、一気に日本人っぽくなった。
 ちなみに似た名前で海外版もある作品でいうと、FF10のリュックは「Rikku」。これでもよかったんじゃないかという気がしないでもない。

【日本版】パレス
【海外版】Pallis(パリス)

 Pallisは一般的には姓。
 名前でパリスと言えばパリス・ヒルトンだが、あれはParisなので綴りが違う。

【日本版】エリザベート
【海外版】Elizabeth(エリザベス)

 実質一緒なのだが、エリザベートはフランス・ドイツ的な発音。エリザベスだと英語的な発音。

【日本版】デスピア
【海外版】Despara(デスパラ)

 日本版のデスピアという名前はおそらく英語のDespair(絶望する)から取られているが、英語版ではちょっとひねってデスパラに。ドスパラやスイパラの仲間っぽく見える。
 Desparaは完全に造語。ウィッチ(魔女)は一般的な人間社会から離れた存在なので、そのあたりも考慮しての名付けだろう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました