Steam『春画フレーム』レビュー。性とは、芸術とは何か。205円で自身と向き合おう。

 『ゲムぼく。』は全年齢向けの健全なブログであり、ぼく自身も全年齢向けの健全なゲームをこよなく愛するゲーマーである。
 読者の方々もそれをわかっているので、たまにSteamでゲームギフトを贈ってくださる方がいるのだが、もちろん贈られてくるのは健全な
 

 は?
 

 は?
 

 なんだこれは……どうすればいいんだ……

 いただいたのは、SHUNGA FRAME(春画フレーム)というパズルゲーム。
 内容としてはタイトルそのまま、江戸時代を中心に流行した性風俗を描いた「春画」のパズルを完成させていくゲームらしい。
 ありがとうございます。いや、ありがとうございますなんだけど、どうすればいいんだよ。いや、どうすればいいんだよって、遊べばいいのはわかってるんだけど、これを贈ってぼくをどうしたいんだよ。
 

 やばいでしょ。むちむちゲーケモゲーに囲まれて春画ゲーが存在するゲームライブラリを持つ人、我ながらやばいでしょ。
 しかもこれ、ぜんぶギフトだよ。いただいたやつだよ。どうしたいんだよ。みんなぼくをどう調教したいんだよ。Steamギフトは人を性教育する機能じゃないぞ。
 

 まあ、とりあえずプレイしてみるか……
 どうやら全8種類のステージ(春画)があるようだ。
 

 なるほど、よくも悪くも、よくある感じのパズルゲームだな。
 下のほうにあるピースをマウスでドラッグして、絵の完成をめざしていく。
 

 できた!
 パズルはマジメに解いてもよいが、スキップボタンを押せば一瞬でクリアでき、スキップによるペナルティも特にない。あくまで春画の鑑賞、および解説文を読むのがメインということだろう。
 上の春画は、鈴木春信『風流艶色真似ゑもん』。1768年ごろの作品らしい。

 ちなみに、描かれている男性の陰嚢にはぼくが編集でモザイクをかけている。
 「芸術として扱われることの多い春画にモザイクって必要か? わいせつ物とは言えない気がするし、そのままブログに載せてもいいのでは?」とも思ったのだが、過去の判例を調べていくとそう単純ではなかった。
 そもそも「わいせつ」とは、判例をさかのぼると「いたずらに性欲を興奮または刺激させ、かつ、普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するもの」と説明されている(1957/03/13 チャタレー事件 最高裁判決)。
 この「普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するもの」が明確に線引きできるものではないため、「これはわいせつ」「これはわいせつでない」の判断はケースバイケースにならざるを得ない。
 春画も当然、いろいろな見方ができるし、両方の判例がある。
 たとえば、「現代の感性で見れば興奮するような絵柄でもないし、性的じゃなくない?」という意見があり、これは一方では正しい。しかし他方では、「作品の目的が『見た者に性的興奮を与えること』である以上、それは性的である」という意見もあり、当然これも正しい。
 個人的には、受け手の感性は時代差や個人差が激しいいっぽうで作品の目的は基本的に不変であることから、どちらかと言えば後者のスタンスを支持する。よってモザイクをかけるに至った。

 ……なんだこれ? なんの文章だ? 法解釈入門ブログか?
 

 ゲームプレイを進めていく。
 パズル自体はどうということもないが、驚かされるのは春画で描かれている内容の幅広さだ。さまざまな体型、さまざまなプレイ、さまざまなシチュエーション。
 たとえば、当時としてはかなりのむちむち体型だって登場するし、
 

 獣姦だって登場する。
 

 多様なジャンルのエロに汚染されてしまったと思われたぼくのゲームライブラリだが、じつはその「多様なジャンル」のほとんどは春画で200年前には描かれていたのだ。
 春画はタコの触手絵(蛸と海女)などがネットでよく話題になるのである程度は知っているつもりでいたが、改めてきちんと見ると衝撃を受けた。ぼくたちが紡いできたエロの歴史は、じつはほぼすべて昔から繰り返されてきた歴史だったのだ。∀ガンダムみたいになってきたな。
 

 そんなことを考えながら進めていたら、実績アンロックをコンプリートしてしまった。めちゃめちゃ春画が好きな人みたいになってしまった。
 

 やばいでしょ。全実績解除したゲームリストの3/4がエロゲーで、しかもそのうち1個が春画な人、やばいでしょ。
 唯一マトモなゲームであるシェフィもなんかやばいゲームに見えてきちゃうよ。春画で獣姦に目覚めた人だと思われかねないよ。
 

 この『春画フレーム』、ゲームとしておもしろいかおもしろくないかで言えば、おもしろくない。
 しかしいっぽうで、春画に時間をかけて触れることで、その歴史や当時の文化、法律上の扱い、「エロ絵」と「アート」はどう違うのか、など、さまざまなテーマに深く向き合う機会を得られた。ある意味で、自らの興味関心を映す鏡になったと言えるかもしれない。
 あなたもぜひ、春画を通して自分自身と向き合い、自己実現を考える一助としてみてほしい。

 ……なんだこれ? なんの文章だ? 哲学入門ブログか?
 

生きるための哲学 | 白取春彦 | 哲学・思想 | Kindleストア | Amazon
Amazonで白取春彦の生きるための哲学。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    春画とはなかなかハイレベルなものを…
    海外では大英博物館で特別展が開催される等の人気がありますよ

  2. 名無しのゲーマー より:

    >みんなぼくをどう調教したいんだよ。Steamギフトは人を性教育する機能じゃないぞ。
    えっ!?違うんですか?!?!
    そんな……馬鹿な……(皆さんのセンスが良すぎて、投げるゲーム無茶苦茶悩むわ

  3. 名無しのゲーマー より:

    いつもの様に喘がないし猫の金玉の画像が無い。えちえちなのにどうして悟ってるの???

  4. 名無しのゲーマー より:

    やはりエロイラストは誇るべき日本の文化

  5. 名無しのゲーマー より:

    クソ笑った

  6. 名無しのゲーマー より:

    米の喰いすぎで頭がぶっ壊れたのか…可哀想に…

  7. 名無しのゲーマー より:

    シェフィも産めよ増やせよするゲームだから間違いない

  8. 名無しのゲーマー より:

    そちらの世界で羊は人気の様ですし流石ですね

  9. 名無しのゲーマー より:

    エロ系コンテンツでゲムぼく。さんが困惑するなんて珍しい事もあるもんだな…

  10. 名無しのゲーマー より:

    クリスマスに何してるんですか?
    書いてる人も…読んでる人も…

  11. 名無しのゲーマー より:

    クリスマスにこれをぶち込んでくるのが
    世の中へのアンチテーゼを感じる

  12. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼく管理人を当惑させるとか世界は広いな

  13. 名無しのゲーマー より:

    春画も範囲内とは

    やはり上級者は違うな

  14. 名無しのゲーマー より:

    その調子で刑法175条廃止運動まで紹介しよう

  15. 名無しのゲーマー より:

    ホモ絵も普通にあるし
    江戸時代の日本は世界のエロの最先端
    そりゃキリスト教は流行らんわ

  16. 名無しのゲーマー より:

    判例紹介が出てくるゲームレビューは斬新

  17. 名無しのゲーマー より:

    ラストオリジンの抜きすぎで頭がおかしくなったのか

  18. 名無しのゲーマー より:

    あれ?
    「あーーーーー!」は?

タイトルとURLをコピーしました