スラぼう直系一匹旅!#11『上位呪文の脅威』[DQMテリーSP]

 前回、強いモンスターを弱らせてスカウトするはずが勢い余ってぶち殺すという快楽殺人者みたいな行動を見せたスラぼう4世。
 性犯罪者予備群みたいな風貌の殺人鬼。ヤバすぎる。誰だこんなのとふたりきりで旅してるのは。ぼくか。
 

 今回も引き続き、未クリアの旅の扉をどんどん攻略していく。
 ストーリーを進めつつ、よいモンスターがいればスカウトしていって次の配合への可能性を探っておく、という考えだ。
 

 眠らされてもなんのその。ボスの攻撃を1ダメージに抑え、目覚めたあとの攻撃では300倍返しをして瞬殺。さすがサイコパススライム。

 スラぼう4世(スラッピー)は、見た目こそヤバいが、Mサイズモンスターであるという点ではかなりの当たりモンスターだ。
 2枠を占有するということは、ゲームバランスから考えるとSサイズモンスター2体ぶんの強さを持っているはずで、一匹旅におけるその恩恵は大きい。旅のデメリットをかなり軽減してくれる。見た目こそヤバいが。
 スラぼう5世でも、いい感じにMサイズ以上のモンスターが作れればいいのだが……できれば見た目がヤバくないやつで……

 しかし、冒険が進むにつれ、スラぼう4世の弱点が徐々にあらわに。
 いや、正確に言うとスラぼう4世だからというより、ほとんどのモンスターに共通しうる弱点なのだが……
 

 ブレス(息)攻撃や攻撃呪文に対して耐性がほぼないので、設定されている基礎ダメージをほぼそのままくらってしまうのだ。
 ここまでのぼくの感覚が正しければ、ブレスや攻撃呪文は受ける側のステータスでは軽減できず、耐性でしか軽減できない仕様のはずだ。

 いままでならなんてことはなかったが、最近は敵が上位のブレス・呪文を使ってくるようになったので、そもそもの基礎ダメージが跳ね上がってきた。具体的には、100~200ダメージを受ける機会がけっこうある。2~3発もらえば死ぬレベルだ。
 めいそうを使えば回復できるとはいえ、相手がサイズの大きいモンスターで2~3回行動されると即死の危険がある。
 

 さらに、他国マスターと戦っているとき……
 

 「連携」というものを発動されて、瞬殺されてしまった。
 初めて見たが、おそらくサガシリーズのように「複数の味方が連続で行動するとき、使用スキルがつながることがあって与ダメージが上昇する」みたいなシステムだろう。
 細かい仕様はわからないが、一匹旅にとって最悪なシステムであることはわかる。こっちは一匹だから連携を絶対に発動できないし、一匹しかいないということは相手の行動に割り込んで連携を妨害できる確率も低い。
 これはヤバい……たとえば今後、イオグランデ→メラガイアーなど最上位呪文の連携をしてくる敵が出る可能性もあるわけで……やはり、耐性は重視したほうがよさそうだ。
 

 ヒィヒィ言いながら、いま行ける範囲で最後の旅の扉『さばきの扉』までをなんとかクリア。
 めいそうで回復した直後に攻撃で一気に削られ、まためいそうで回復しては一気に削られ……という、よくないループが続く戦闘が何回かあった。マズいな。

 そして、旅の扉の間ではない、サブイベントの進行によって解放できる旅の扉も適宜攻略。
 そのなかで、『きょじんの扉』では……
 

 野生のスラッピーが登場!
 うわ、キモッ!こいつ後ろ姿キモッ!!
 

 ヒィィィィ!
 怖い!向かってくる姿がめちゃめちゃ怖い!もう予備群じゃなくて性犯罪者そのもの!
 こんなヤバいモンスターと旅するマスターなんているのか!?あ、ぼくか!

 そんなこんなで、旅の扉はかなり攻略が進行した。
 そして攻略のかたわら、捕まえたモンスターを適当に配合させ続けていたところ……
 

 『聖なる吹雪SP』など、かなり有用っぽいスキルを開発することができた。また、ランクやプラス値もかなり高いモンスターが作れるようになってきたので、配合素材としての質はかなり高まったと言っていいだろう。
 ということはいよいよ、次代のスラぼうを具体的に検討するとき!次回、キモくないスラぼう5世の誕生なるか!?
 

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    もっとキモいのが来るよう祈ってます

  2. 名無しのゲーマー より:

    スラッピーって種付プレス似合うね

  3. 名無しのゲーマー より:

    後ろ姿が僕の血便みたいで可愛いと思う

  4. 名無しのゲーマー より:

    他国マスターはミルドラースか何かですかね?

  5. 名無しのゲーマー より:

    スライム系にはこいつよりヤバいやつはそうそういなかったはず…それはそれでなんか寂しい()

タイトルとURLをコピーしました