女たちの英雄譚。#36『アルム、地獄の初陣』[FEエコーズ]

[amazon_link asins=’B01NBVYCD4′ template=’CopyOf-ProductGrid’ store=’hajifuta06-22′ marketplace=’JP’ link_id=’43577382-7767-4fc8-ba0c-83a3757e41c5′]

 いつか来るかもとは思っていたがラストダンジョンでついに来た、男主人公アルムの強制戦闘マップ。
 ラストダンジョン突入後なので、もう後戻りはできない、つまりレベル上げができない状況。旅立ちからいちども戦ったことがないレベル1のアルムで、いったいどうすればいいのか……

 まあ、方法がまったく思いつかないわけではない。
 

 致死ダメージを一定確率で無効化する祈りの指輪でひたすら運ゲーをしかけるとか、
 

 サンゴの指輪の戦技『珊瑚隠れ』で地形効果を2倍にし、回避率を極限まで高めるとか。

 ただ、ふたつとも現実的ではない。
 前者は何十回も発動し続ける確率が天文学的数字だし、後者はそもそも珊瑚隠れを覚えるための戦闘回数を稼いでいるあいだに死ぬ。

 あとは、竜の盾を装備して、最大限のDEF&毎ターンHP5回復効果で粘る、ということも考えたが……
 

 レベル1アルムの弱さは伊達ではない。
竜の盾装備でも下限ダメージにはほど遠く、回復が追いつかず死ぬ。
 なんだこいつ……ホントに主人公かよ……なんでこんなクソ弱いんだ……(注:ぼくのせいです)
 

 もう少しじゃねーよ!敵のHP1割も削ってないだろ!逆にどこをどうもう少しだと思ったんだよ!

 こうなると、残された手段はひとつしかない。
 

 アルムは主人公特権で、下級職LV1からでも即クラスチェンジができる。
そしてFEエコーズでは、クラスチェンジすると、そのクラスの最低保証値まで各ステータスが上がるという仕様がある。

 これらを利用して、アルムを勇者LV1にして一気に成長させる!
 戦闘経験ゼロ、非暴力の勇者がここに爆誕!ガンジーかよ!
 

 しかし、それでもまだステータスが足りないので、アンブロシアなどのドーピングアイテムもすべてアルムに投入。
 不本意だが、しかたない。これがもっとも早くて確実なのだ。
 ぼくのもともとの目的は「かわいい女の子が戦うところだけをいっぱい見る」こと。ここで何時間も詰まってアルムの顔だけを見続けることになるのは本末転倒なのだ。
 


 強制的に成長させたアルムで殴りかかる。
 

 これまた主人公特権でいつでも道具袋にアクセスできるので、回復には困らない。
 プレイヤーフェイズで回復して、エネミーフェイズの反撃で削って、を繰り返していれば、そのうちなんとかなる。
 

 1Fを突破したら、2Fでも戦闘がある。

 幸い、遠距離攻撃をしてくる敵はいないため、通路に陣取って竜の盾や聖なる盾装備でチマチマ殴っていれば、 粘り勝ちできる。
 30ターン以上かけて、なんとか突破。
 

 3Fで、また戦闘。

 ここでは多数の飛行敵に加え、回復魔法を使ってくる敵がいるので、チマチマ削り続ける戦法が成立しない。延々と回復されてしまう。
 そこで、勇者の剣を装備。戦闘回数を稼ぎ……
 

 飛行特効を得る戦技『燕返し』を習得!
 これで、回復を上回るペースでダメージを与えられる!
 

 無事に突破!
 

 とらわれのセリカを救出!
 これまで自らは何もしてこなかったニートのアルムがいきなり歴戦の最強王女セリカを救出!都合のいい異世界転生モノみたいだな!

 さて、史上最大の難所を乗り切ったところで……
 

 次回、たぶん最終決戦!
 セリカ軍とアルム軍(実質エフィ軍)が合流し、女たちの大総力戦が幕を開ける!
 ここまでの努力が実ることと、アルムの出番がもう来ないことを祈るのみ!

[amazon_link asins=’B01NBVYCD4′ template=’ProductAd’ store=’hajifuta06-22′ marketplace=’JP’ link_id=’a477e3e9-e5c3-48a7-af37-ea7b532343c6′]

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    〜未完〜
    になるかと思ってたので続いてくれて安心した。

  2. 名無しのゲーマー より:

    うーんこのなろう系アルム

  3. 名無しのゲーマー より:

    ガンジーだってやるときゃ殺るんだよ

  4. 名無しのゲーマー より:

    なんだかんだすぐ打開するあたりゲムボクさんは頭いいんだろうな

  5. 名無しのゲーマー より:

    つまり要約すると、ガンジーはなろう系主人公。

  6. 名無しのゲーマー より:

    もともとの目的がしょーもなさすぎて笑ってしまった

  7. 名無しのゲーマー より:

    くそっ…もう少しだったのに…(詰みまで)

タイトルとURLをコピーしました