Googleフォトのエラー「写真にアクセスできません」の対処方法。

 ある朝、いつものように、iPhoneで撮った子どもの写真をGoogleフォトにアップロードしようとしたら、こんな画面が出た。

160205_1
写真にアクセスできません
Googleフォトが動作するには写真へのアクセスが必要です

 あれ?なんで急に?
 iPhoneのアプリ間連携の仕様上、写真へのアクセス権を設定する必要があるのは知っているけど、なぜいまになってこうなるのだろう。許可なんてとっくの昔、初回起動時に設定したのに。

 まあいいや、とりあえず画面の指示に従おう、と思い、「設定でオンにする」のボタンをタップ。
 すると、設定画面にジャンプしたはいいのだが……

160205_2

 どこにも「写真」の設定項目なんてないじゃないか!飛ばされ損じゃないか!
 ならばと思い、『設定→プライバシー→写真』で、写真Appそのものの設定を確認してみる。

160205_3

 すると、写真へのアクセス許可を要求したAppが存在しない状態になっていた。
 本来なら、ここにGoogleフォトを含む、写真を使用するAppがずらずらと出てくるはずなのだが、なにかの拍子に消えてしまったようだ。

 どうしたものか。そもそも画面に出てこないんじゃあ、許可のオンオフの設定しようもない。

160205_7

 ネットで調べてみると、『設定→一般→リセット→位置情報とプライバシーをリセット』した後に該当Appを再起動すると直った、という話もあったのだが、ぼくの場合は直らなかった。ただただ位置情報とプライバシー設定が消えただけであった。悲しい。
 あとは、初歩的なこととして、iPhoneの再起動もやってみたがダメだった。

160205_4

 やむなく、GoogleフォトのApp自体を削除し、App Storeから再インストールしてみる。すると、

160205_5

 おっ、出た!よかったよかった。もちろん「OK」を選択。

160205_6

 これでいままで通り、ふつうにGoogleフォトを使える状態に戻った。
 Appの再インストールは時間もかかるしアカウントの再設定なども面倒だが、これで解決する確率は高そうだ。

 今回の話は、Googleフォトはもちろん、写真と連携する他のAppでも同じように考えることができる。
 もし突然、「写真にアクセスできません」と言われ、しかも設定画面にもAppの情報が出てこなくて困ってしまったら、

1. iPhoneの再起動
2.  『設定→一般→リセット→位置情報とプライバシーをリセット』
3.  アプリをいったん削除→再インストール

の順で試してみることをオススメする。


 

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    突然アクセスできなくなって困っていたので助かりました
    ありがとうございます

  2. 名無しのゲーマー より:

    アクセスできるようになりました。ありがとうございました!twitterでも紹介させていただきました。

  3. 名無しのゲーマー より:

    助かりました。情報ありがとうございます。

  4. 名無しのゲーマー より:

    助かりました!!わかりやすくて感謝です。ありがとうございます

  5. ちそり より:

    やっとなおりましたありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました