Steam『REPLICA』を楽しく遊……怖っ!なにこれ怖っ!おもしろっ!怖っ!

 SteamギフトでREPLICA(レプリカ)というゲームをいただいた。
 ありがとうございます! さっそくやっていくぞ!

 ……
 

 ……どういうゲームなんだ、これ?
 タイトル画像には、スマートフォンのホーム画面っぽいのがあるけど……
 インストール時にデータが120MBくらいしかなかったから、3Dゲームではない気がする。ノベルゲームかなにかだろうか?

 ぼくはSteamギフトでゲームをいただいたとき、あえてなにも調べず、なにも知らないままプレイすることにしている。ストアページすら見ない。
 これは、それができるのはギフトならではの特権だからだ。自分で買うときは必ずストアページを経由するし、損しないよう事前にきちんと調べることになるので、本当になにも知らないままゲームを始められるというのは、じつはギフトだからこその貴重な体験なのだ。
 

 なんかちょっと薄暗い感じなのが気になるけど、おそらく、スマートフォンを使って誰かとやりとりする、みたいなゲームだろうか? 脱出ゲームとか、あるいは恋愛シミュレーションゲームとか、そういう感じ? 楽しそうだな。
 怖いゲームだったら叫んじゃうかもしれないけど、幸いそこまでの不穏な雰囲気はいまのところ
 

 ヒィィィィィィ!
 不穏! タイトル画面がもう不穏!
 なにその怪しい人物!? なにその不気味な影!? 絶対何人か死ぬよね!? なんなら何人か死んだ状態で始まるよね!?
 

 『プレイ』を押して、ゲームスタート。
 これは……スマホのロック画面だな。
 そして、この時点でなんとなく察したけど、これ、たぶん謎解き系のゲームだな。このスマホを使ってなんらかの謎を解いていくのだと思われる。なにかの事件の真相に迫る、みたいな。

 下のほうにあるカギのマークをタップ(マウスでクリック)すると……
 

 おっ、ロック解除画面が出てきた。ホントにリアルなスマホだな。
 これはつまり、パスコードを当ててロックを解除しろ、ってことだよな、たぶん。

 ためしに、ぼく自身が使ったことのあるパスコード「4545」「1129」「0721」「boku wa ochinchin ga dekkai desu」などを入れてみたが、いずれも不正解だった。数字4ケタ限定らしく、最後のは入力すらできなかった。

 うーん……総当たりで入れてみるしかないのか?
 「よく見たらスマホの画面に指紋がこびりついていて、そこから数字4つを特定できる」みたいなトリックが仕込まれているのかと思ったが、そういうことでもなさそうだ。

 「1111」「1234」など、よくありそうなのも入れてみたが不正解。
 どうしたものか、と考え込んでいると……

“ヴーッ、ヴーッ”

 えっ!?
 

“エミリー・グリーンリーフ
 一体どこにいるの?連絡ちょうだい。”

 ギャアアアアアアア!
 怖っ! なんか通知来た!!
 えっ、怖っ! 無言・無音で考え込んでるときに図ったようにメッセージ来るの怖っ!!

 思わず声が出たし、鳥肌が立ってしまった。
 あまりにも予想していなかったせいと、ぼくは自分のスマホでは誰からも連絡が来ないのでメッセージ自体に慣れていなかったせいだ。後者は完全に自業自得である。
 



 
「もうすぐ誕生日ね。おめでとう」はともかくとして、「一体どこにいるの?連絡ちょうだい。」「お父さんはあなたが姿を消してから元気がないの」はかなり不穏。

 どういうことだ……? どういう状況なんだ……?
 この主人公は、家族かなにかと離れ離れになっていて、自分のスマホのパスコードを忘れている状態なのか……? なにかの事故で頭を打って記憶喪失になったみたいな……?
 

 さらに通知が増えた。
 フリーモント先生という人物からもメッセージが来た。17回目の誕生日、ということは、このスマホの持ち主は高校生くらいか。じゃあこの先生は、高校の担任の先生か?

 ……っていうか、これ、どうすればいいんだ?
 まさか、ロック画面で延々とメッセージが来るのを眺めるだけ、ってことはないよな……なんとかロックを解除できればいいのだが、手がかりが……

 あっ、そうか。このメッセージに手がかりがあるかもしれないのか。
 誕生日、という言葉が2回も出てきているのが気になるが……

 あっ、「誕生日」か! そういうことか!!
 

 入れた!!
 あっ、これ楽しいぞ! なんか不穏な雰囲気はあるけど、本物のスマホを使って謎解きしているような感覚があって、ワクワクするしドキドキする!
 さっきのパスコード解除なんて、たとえばまるで他人のスマホをこっそり覗くかのような……

 ……

 …………あれ?
 そういえば、これ、誰のスマホなんだ……?
 なんとなく「事故にでも遭って記憶喪失になった自分のスマホ」だと思い込んでたけど、本当にそうなのか……?
 事故だとしたらスマホをそもそも落としていたり壊していたりしそうな気がするし、フリーモント先生のメッセージにあった「テロ」という言葉もなんか引っかかる……

“ヴーッ、ヴーッ”

 ヒッ!?
 

 ヒッ、ヒィィィィィィ!
 なんか電話来た! えっ、なにこれ!? 数字だけってことは、未登録の番号!?
 出ていいの!? 出るのも切るのも怖いんだけど!?

 しかし、出てみないことには話が進まないような気もする。
 おそるおそる、通話ボタンを押してみると……
 

“電話をとったということは、パスワードが分かったのか。”

 ヒィィィィ!
 明らかに怪しい! なんらかの悪の組織! よくても闇の探偵業的ななにか!
 

“君は国家安保の重要な役割を担っているということを誇りに思ってくれ。”
“この任務をやりとげれば、君と家族は安保になんの危険もない、ただの国民であるということを証明できる。

 ……ん?
 国家安保……ということは、電話口の相手は国絡みの人間……?
 証明うんぬんってことは、スパイ容疑かなにかがかけられている……?

 ……これ、あれか? もしかして、国家権力が異常に強い全体主義的な国なのか?
 で、主人公(プレイヤー)は、テロリストかなにかの容疑をかけられて国家に拘束・監視されている、みたいな……?
 怖っ! なにこのゲーム、めちゃめちゃ怖っ!
 



“服と電話を取り返し、両親とも再会したいだろう?”

 えっ、いま服着てないの!? 怖っ!!
 偶然にもこれをプレイしているぼく自身も全裸だったので、シンクロ度が一気に上がって全身鳥肌が立ってしまった。ぼくの艶めかしい裸体が国家に監視されている!
 そして「電話を取り返し」と言われていることから、やはりいま持っているこのスマホがプレイヤー自身のものではないことが確定してしまった。
 じゃあ誰のだよ。怖いよ。他人のものと知らなかったとはいえ、勝手にパスコードロック解除しちゃった罪悪感がすごいよ。
 

 国家安保部を名乗る電話相手の指示で、指定のアプリをダウンロードすることに。
 めちゃめちゃ怪しい。でもダウンロードしないと殺されるかもしれないので、するしかない。
 「我々国家安保部で製作したアプリだから安全だ」じゃないんだよ。安全なわけないだろ。一行で矛盾するなよ。いちばんダメだった時期のファミ通の「大・丈・夫。ファミ通の攻略本だよ。」くらい大丈夫じゃないよ。
 



 ホーム画面からストアアプリを起動して、指定された『To Do』アプリをダウンロード。

 細かい話だが、このあたりの画面遷移や操作が本当にリアルなスマホそのもので、没入感と罪悪感がものすごい。
 そして、このアプリがインストールされ終わってしまった瞬間の「ああ……入れてしまった……ここからはもう、すべての操作が国家安保部に記録されてしまうかもしれない……」という絶望感がすごい。
 進めば進むほど、ゾワゾワ度が上がっていく。演出が本当によくできている。1分に1回は鳥肌が立つ。寒い。早く服を返してほしい。
 

 その後は、国家安保部からのToDoアプリや電話などを通じた指示に基づき、粛々と調査任務をこなしていくことになる。いや、「こなさざるを得ない」ことになった。

 そして、進めていくうちにだいぶ状況がわかってきた。
 どうやら、このスマホは、自分の隣の部屋(独房かなにか?)に収容されているテロ容疑者のスマホらしい。
 おそらく、国家安保部が言いたいのは「このスマホを徹底的に調べ上げて隣の容疑者の有罪を証明しろ。でなければ、お前が有罪になるかもしれないぞ。隣の容疑者は、いままさにお前のスマホを徹底的に調べ上げているのだからな」みたいなことなのだろう。

 どうすればいいんだ……
 いや、どうすればいいんだも何も、調べるほかないのだが……
 


(一部にボカシを入れています)

 言われるがままに調査を進めると、やがて「ENDING 4」と表示された。マルチエンディング方式なのか。
 ここでは、隣の容疑者を有罪にすることはできたが、本当に隣の人がテロリストだったのかどうかはわからなかった。もし冤罪であれば、ぼくは国家による過度な国民支配に加担してしまったのかもしれない……

 思い返せば、分岐点はいくつもあった気がする。
 本当にロックは解除すべきだったのか。電話に出るべきだったのか。アプリは入れるべきだったのか。あるいは、指示には表面上従いつつも、なにか真相究明のためにできることはなかったのか。
 あとは、このゲーム、かなり忠実に現実のスマホを再現しているから、たとえば、現実のスマホにあるような機能も再現されているかもしれない。それらを使って、なにかできないだろうか。

 ……うわっ、これ、楽しいな!
 ものすごく単純化して言ってしまえば「スマホ版脱出ゲーム」みたいなジャンルではあるんだろうけど、シチュエーションの巧みさとスマホの再現度、そして全体を通してまとわりつくような不気味さによって、没入感と怖さがめちゃめちゃすごい!
 

 このREPLICA』のSteam価格は、298円。
 このクオリティをふまえて言えば、とてつもなく安い、と言っていいと思う。

 ぼくは2~3時間ほど遊んだ時点で5つのエンディングを見ることができたが、ほかにもエンディングはまだまだありそうだ。
 興味が出たら、ぜひ遊んでみてほしい。可能なら全裸で。
 

https://amzn.to/3b5NWfn

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    筆力が高すぎる
    良いレビューだぁ

  2. 名無しのゲーマー より:

    全裸を国家に監視してもらえて嬉しそう

  3. 名無しのゲーマー より:

    このレビュー能力にコミュニケーション能力さえあれば大手ゲームメディアでレビュアーやっててもおかしくなかったのに後者が無さすぎるから…

  4. 名無しのゲーマー より:

    これ神ゲーです
    プレゼントした人はセンスある

  5. 名無しのゲーマー より:

    ファミ通のくだり大好き
    興味出たんでswitch版買いました 498円だったけどsteam入れてない人はswitch版おすすめ

  6. 名無しのゲーマー より:

    パスワードって自分だけがわかりつつ覚えやすいように嘘混ぜたりちょっと真実からズラすよね
    つまり…?

  7. 名無しのゲーマー より:

    >boku wa ochinchin ga dekkai desu

    他者に虚勢を張るだけでなく自分しか見ないパスコードでも嘘を付くのは人格を疑う
    国家から監視されろ

  8. 名無しのゲーマー より:

    なんで全裸でゲームプレイしてるんですかねぇ…

  9. 名無しのゲーマー より:

    今回もメリハリついてしっかり楽しく読みきれる良いレビューだし
    変態の皮被りが凄いだけで、本当に有能なんだなぁって分かるわ
    このレビュー見たら、後で自分もSteamで買おうかなってなったよ
    つまりこの記事も案件では?きっとそうだよ!

  10. 名無しのゲーマー より:

    参考になりましたが298円も持ってないのでとりあえず全裸になります

  11. 名無しのゲーマー より:

    この路線で毎日書ければ案件来るのにな…と思ったけどちんちんでっかいとか嘘ついてるから無理か…

  12. 名無しのゲーマー より:

    >いちばんダメだった時期のファミ通の「大・丈・夫。ファミ通の攻略本だよ。」くらい大丈夫じゃないよ。

    ファミ通で育ったゲムぼく。さんが言うと辛辣だな

  13. 名無しのゲーマー より:

    steamレビューシリーズ好き

  14. 名無しのゲーマー より:

    裸で遊んでる以外は割とまっとうなレビューだったな
    やればできるじゃん

  15. 名無しのゲーマー より:

    「ぼくの艶めかしい裸体」が一番言いたかった言葉と予想

  16. 名無しのゲーマー より:

    全裸でやるな全裸で

  17. 名無しのゲーマー より:

    ロック解除するたびにおちんちんでっかいアピールをしてるの?
    さすがは虹より大きなおちんちんを持つゲムぼく。さんですね

    ところで虹の大きさってどれぐらい? 5cmぐらい?

  18. 名無しのゲーマー より:

    神回

  19. 名無しのゲーマー より:

    面白かった!やってみたい!
    さてはえっちなゲームばかりプレゼントされているから今回も期待して全裸だったな?

  20. 名無しのゲーマー より:

    ゲーム中だけじゃなくて1日中全裸でしょ

  21. 名無しのゲーマー より:

    ダビスタといいラスオリといいこれといい
    やるゲームが流行り無関係のマイペースすぎて好き
    ブルアカだけか流れに乗ってそうなのは

  22. 名無しのゲーマー より:

    やりたくなった

  23. 名無しのゲーマー より:

    またバズっとるやん

  24. 名無しのゲーマー より:

    anata wa ochinchin chicchai desho

  25. 名無しのゲーマー より:

    風邪ひかないようにしてくださいね

  26. 名無しのゲーマー より:

    同じ作者のリーガルダンジョンも面白いですよ

  27. 名無しのゲーマー より:

    隣の人がんばれ
    冤罪にできる要素はたっぷりあるからこの全裸の人

  28. 名無しのゲーマー より:

    1万いいねいってる割にコメントが無いな

  29. 名無しのゲーマー より:

    Appleのストアで圏外(200位↓)から6位に上がってました
    ゲムぼく効果凄いので公式からお金貰ったらいいと思います

  30. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼくに紹介されたゲームであるというレッテルに耐えられるならば広告効果は高い
    はっきりわかんだね

  31. 名無しのゲーマー より:

    いいね2万越えたしもうすっかりインフルエンサーだな
    しかしBlowjobSimulatorのレビューも力作だったのに、なぜかいいねが3桁しかないね

  32. 名無しのゲーマー より:

    大丈夫?ゲムぼく。のレビューだよ?

  33. 名無しのゲーマー より:

    思わず買って全クリしてしまった…
    悔しいでも感じちゃう

  34. 名無しのゲーマー より:

    隣の人も全裸だったのかな

  35. 名無しのゲーマー より:

    作者に気づかれて喜んでもらえてるのほっこしりした

  36. 名無しのゲーマー より:

    twitter見たけどSomi氏に誉められてるの相当凄いから誇っていいぞ
    ただしここまで来たらSomi氏の他タイトルもやる事、いいね?

  37. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼく。が誰かのためになって誰かを喜ばせたのってもしかしてこれが初?

  38. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼく。のブログはね、
    隠れてた名作アプリの売上に貢献しないし、
    作者から感謝の言葉なんて言われないし、
    書くこと全てが下半身に忠実じゃなきゃいけないの

  39. 名無しのゲーマー より:

    >ゲムぼく。が誰かのためになって誰かを喜ばせたのってもしかしてこれが初?

    前ドラマ版ハチナイの記事がプロデューサーに絶賛された事があった。
    そして同日中にドスケベスキンフェスティバルを開催した。

  40. 名無しのゲーマー より:

    このレビューきっかけで買いました。
    Switch版はタッチパネルに対応してるから、画面をタップしてプレイすると、本当にスマホを操作している感が出て没入感が増して非常に良いです。めっちゃ怖いけど面白い。

  41. 名無しのゲーマー より:

    読ませる文章で興味を持たせてゲームへと誘導させるのがうますぎる
    本当に案件が来てもいいレベルだけど来ないのはどうしても性欲が漏れ出してしまうからか

  42. 名無しのゲーマー より:

    この記事を読んでこのゲームを買いました
    面白そうなゲームをしょうかいしていただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました