スラぼう直系一匹旅!#26『最後の敵、モンスターじいさん』[DQMテリーSP]

 前回ついに誕生した、スラぼう直系一匹旅のおそらく終着点。
 それがスラぼう7世こと究極スラッピー。
 おそらく、MサイズまたはGサイズでもっとステータスや耐性が優秀なスライム系モンスターはいると思うのだが、攻略情報なしでぼくが生み出せるのはここが限界だろう。
 なので、究極スラッピーが最強かどうかは正直よくわからないのだが、
 

 最キモであることは間違いない。
 うーん、いつ見てもキモい!この安定したキモさ、逆に安心!実家のような安心感!こんな実家にだけは絶対住みたくねぇ!

 さて、本作は『ポケモン』などと同じく他プレイヤーとの対戦が楽しいゲームなので、裏クリア後もやることがたくさんある。それこそ、突き詰めだしたらキリがない。
 そんななか、裏クリア後の追加要素のなかで「よし!これを目標にしよう!」と決めたのが……
 

 格闘場で始まった『伝説のマスターに挑戦!』というイベント。
 1日1回だけ挑戦できて、毎回、モンスターじいさん選りすぐりの強力なパーティーと戦えるらしい。全6戦なので、最短でも制覇には6日かかる。
 よし、これだ!これを完全制覇することを、この旅の最終目標にしよう!
 

 さっそく一戦目!
 

 ゴールデンスライム&神竜か!
 GB版で最強の座をほしいままにしていたゴールデンスライムが1戦目でいきなり出てくるとは……
 

 ゴールデンスライムは攻撃力こそたいしたことがないが、メタル系なのでとにかく硬い。
 対して、こちらは攻撃力が高めだが、守備力はそうでもない。神竜の攻撃で手痛いダメージをもらってしまう可能性があるのが怖い。なるべく短期決戦を狙いたい。
 でもスラぼう7世には攻撃とくぎ系のスキルを『巨大モンスターつぶし』しか覚えさせていないので、とくぎの選択肢が多くない……

 のだが、大丈夫!じつは、こんなこともあろうかと、切り札を事前に使っておいた!
 

 秘伝スキルの書『はやぶさと守の口伝』だ!

 ……いや、エラそうに言っておいて、秘伝スキルの仕様を正直ぜんぜんわかっていないのだが、ほかのモンスターを配合していたときにたまたま手に入れた。
 これを使うと、通常のスキル枠とは別に、秘伝スキルなるものをひとつだけ覚えさせることができるのだ。
 

 はやぶさと守の口伝だと、『超はやぶさ斬り』という攻撃とくぎを覚えられる。ついでにスラッピーの弱点である守備力も上がる。
 超はやぶさ斬りは、敵単体に4回攻撃というシンプルな斬撃技。1回のダメージ上限は500だが、4回とも上限を叩き出せば2,000ダメージ。999の壁を超えてダメージを叩き込めるのはデカい。

 これを使うことで……
 

 ゴールデンスライムも神竜も瞬殺できた!
 さすが激キモスラぼう7世!攻撃力だけは異常に高い!狂気を感じる!
 

 第1戦は余裕の突破!
 

 けっこう報酬が豪華だな、これ。経験値もアイテムもたくさんもらえる。

 さあ、残りは5戦。
 1日1戦しかできないし、この旅は攻略情報閲覧禁止なので、次にどんな敵が出てくるかはまだわからない。

 このままスラぼう7世で最後までいけるのか、それとも……?
 最後の戦いに挑むスラぼう7世の勇姿を、いや、キモ姿を見逃すな!
 

キモい! 生きもの | 今泉 忠明, テレビ愛知企画 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで今泉 忠明, テレビ愛知企画のキモい! 生きもの。アマゾンならポイント還元本が多数。今泉 忠明, テレビ愛知企画作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またキモい! 生きものもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    爺さんからメダルをもらうこむかい。
    ほら、なんか、こう、アレな感じがしますね。

  2. 名無しのゲーマー より:

    キモいげむぼくさんはスラッピーにシンパシーを感じるのか

  3. 名無しのゲーマー より:

    こむかいが自慢のスライムでモンスターじいさんを満足させたので、対価として金品を受け取ったわけか
    これはただれた関係の匂い!

  4. 名無しのゲーマー より:

    モンスターじいさんってなんか市役所の窓口で暴れてそう

タイトルとURLをコピーしました