We Love エンプレス! 太ももごんぶとペンギンだいすき協会。[ラストオリジン]

 「とりあえず乳も尻も脚も全部盛るに越したこたぁねぇだろ」の思想が強すぎて、スマホゲーム界のラーメン二郎みたいになっていることでおなじみの『ラストオリジン』。
 ほかのゲームの「特盛」はラストオリジンの「普通」なのだ。基準がおかしすぎて熱烈なファンがいるいっぽうで、一般客はなかなか根付かないのだ。ラーメン二郎とまったく同じじゃねえか。

 そんなラスオリ二郎で、いまぼくがもっとも推しているバイオロイド(ユニット)が……
 

 No.161 エンプレス!
 一部のファンの間では「太ももごんぶとペンギン」の愛称で知られる。
 

 日本版では2020年8月に実装された、比較的新しいキャラクターである。

 CVは『アズールレーン』クリーブランド役などで知られる堀籠沙耶(ほりごめさや)
 でも所属事務所の「主な出演作品」ページラストオリジンのラの字もないのが悲しい。ラストオリジンは主じゃないって言うのかよ!二郎は二郎であってラーメンじゃないって言うのかよ!

 今回は、そんなラストオリジンに登場するかわいすぎるバイオロイド、エンプレスちゃんの魅力を大紹介!
 

太ももごんぶとペンギンだいすき協会プレゼンツ
エンプレスちゃんの魅力13!

1.太ももごんぶと

 「とりあえず盛れる部位はぜんぶ盛っとけ」のラストオリジンなので、エンプレスも例に漏れず肉付きがたいへんよい。特にお尻から下の下半身がすばらしい。
 立ち絵をパッと見たときはあまり太く見えないかもしれないが、それはペンギンを模した黒い上着が背景に埋もれてシルエットを誤認しているだけである。ぜひよく見てほしい。
 

 ほら。
 正しいお尻や太もものラインがわかりますか?ごんぶとですよ。ペンギンは空が飛べないぶん脚部がとても発達しているんですよ。
 

2.オフィシャルふっくら

 エンプレスは公式に「寒冷地での運用が前提のため、耐寒性を高めるためにふっくらとした体型で製造された」という設定がある。エンプレス自身のセリフにも「もう!太ってるわけじゃないの!」などと怒るものがある。
 イラストのさじ加減で太く見えるだけ、というのではなくて、れっきとしたオフィシャルふっくらなのだ!
 オフィくら!オフィくらまんじゅうエンプレスちゃん!
 

3.冷気属性のエキスパート

 アクティブ1(アイスエイジ)、アクティブ2(ペンギンサプライズ!)はともに冷気属性の攻撃
 防御面では、パッシブ2(極地対策)のおかげで自身と味方の冷気耐性をすさまじく高めてくれる
 さすが寒冷地仕様のバイオロイド!寒冷地での戦闘ならおまかせ!
 

4.でも寒冷地での戦闘にそんな強くない

 寒冷地は敵も寒冷地仕様なので、敵も冷気耐性を持っていることが多い。
 結果、寒冷地でエンプレスとエネミーが対峙した際、こっちの冷気攻撃もあっちの冷気攻撃も通らない、ATフィールドを互いに中和できないEVAと使徒みたいなしょっぱい戦いが永遠に続く。かわいい。
 

5.アクティブ1が範囲攻撃なので自動戦闘に強い

 アクティブ1は特殊な3マス(1マス+後方の左右2マス)に攻撃する範囲攻撃
 自動戦闘(オート周回)ではアクティブ1が使われることが多いので、これが範囲攻撃というのは強い。しかも前述の通り冷気属性なので、多くの敵に防御力を無視したダメージを与えられる。
 

6.でもアクティブ1の範囲が特殊すぎてAIが使いこなしてくれない

 複数を巻き込めるのに1体にだけ当たるように撃っちゃう!
 しかもよりによって冷気耐性がある1体に対してぶっ放しちゃう!
 AIでも制御できないほどの高度な攻撃範囲を誇るエンプレスちゃん!かわいい!
 

7.なぜかペンギンを飼っている

 エンプレスはなぜか2匹のペンギンをつねに連れ歩いている。拠点でも戦闘でもいつも2匹のペンギンがくっついて回る。立ち絵だとあまりわからないが、戦闘時のデフォルメで見ると2匹は大きさが違う。
 ペンギンは見た目からすると、コウテイペンギン(エンペラーペンギン)のヒナだと思われる。そもそも「エンプレス」が「エンペラー」の女性称だから、それにちなんでいるのだろう。
 ただ、ラストオリジンの荒廃した世界でふつうのペンギンが生きていられるとは考えづらいので、おそらくコウテイペンギン型のバイオロイドやロボットなのだと想定される。

 ちなみに「想定される」というのは、こんなに堂々とペンギンが出ているにもかかわらず公式の説明や図鑑で言及がいっさいないからである。誰もここに彼らがいる理由を説明できない。なんならエンプレス自身知らない可能性すらある。
 いったいどこからどこまでがエンプレスなんだ。ひょっとしてペンギン込みでエンプレスなのか?フィンファンネル込みでνガンダムみたいな?
 

8.ペンギンはかわいいだけでなにもしない

 ペットらしき生物を従えているバイオロイドには、ほかにコンスタンツァS2がいる。
 彼女は犬を連れているが、この犬はボリという名前で♀のバイオロイド犬という設定が明確に存在し、戦闘でも索敵などのサポート行動を担っている。いる理由がちゃんとある。
 

 しかし、エンプレスのペンギンはいる理由がなにもない。ただかわいいだけである。かわいい以外の存在理由がない。
 エンプレスがぴょこんと跳んで攻撃するときには、一緒にぴょこんと跳ぶ。跳ぶだけである。
 エンプレスが手を挙げて「やったー!」と喜ぶときには、一緒に手を挙げて喜ぶ。喜ぶだけである。
 えっ、なんなの?マスコットなの?なんのためにいるの?なんのためにいるかわからないのにどうしようもなくかわいいのはなんなの?
 

9.ペンギンはじつは5匹いる

 アクティブ2(ペンギンサプライズ!)を使ったとき、どこからともなくペンギンが追加で3匹現れて計5匹になる。エンプレス自身もカウントすると6匹になる。意味はわからんがかわいい。
 アクティブ2はエンプレス+4匹で滑っていくのだが、小さめのヒナだけは出遅れてほかのヒナにぶつかってくるくる回ってしまう。意味はわからんがかわいい。
 

10.戦闘服がふざけている

 拠点を一歩出れば敵がウジャウジャいて、いつ死ぬかわからないようなラストオリジンの世界。
 なので、バイオロイドはみんな本格的な武装を身にまとっていたり、露出度が高い衣装を着ている場合でも「動きやすさを追求するため」みたいな理由が設定上あったりする。
 しかし、エンプレスはペンギンコスプレをしている必然性がなにもない。おそらく「なんかかわいいと思ったから」あるいは「ペンギンが好きだから」だけでこの衣装を着ている。
 おかしいでしょ。バイオロイドにはヤンデレっぽいのとかサディズム&マゾヒズムが混在しているややこしいのとか、やべーやつがいっぱいいるけど、ある意味いちばんやべーやつでしょ、エンプレスちゃん。
 

11.笑顔がかわいい

 なんたってエンプレスちゃんは顔がいい!
 見てください、この屈託のない笑顔!明るい~!かわいい~!
 ラストオリジンでは貴重なおもあけ女子(口を思いっきり開けて笑う女の子)ですよ!おもあけ協会公認!
 

12.レアな所属

 バイオロイドにはそれぞれ所属(製造元企業)の設定があり、1社が複数種のバイオロイドを製造していることが多い。
 ……のだが、エンプレスの『ウォッチャー・オブ・ネイチャー』はいまのところ日本版ではエンプレスしか所属していない。なぜか仲間がいない激レア所属なのだ。
 ちなみに韓国版ではほかにもウォッチャー・オブ・ネイチャー所属のバイオロイドが2体いて、エンプレスと同じく動物モチーフの外見を与えられている。……のだが、動物そのものも連れ歩いているのはなぜかエンプレスだけ。
 どういうことなんだ。あのペンギンたち、いったい何者なんだ。
 

13.意味不明すぎるバトルスタイル

 図鑑を見ると、各バイオロイドの「バトルスタイル(戦闘方法)」という設定を確認できる。
 

 たとえば、コンスタンツァS2は『Hunter(ハンター)』
 わかりやすい。
 

 魔法少女マジカルモモは『Mage(メイジ)』
 これもわかりやすい。
 

 ソワンは『Kitchen Artist(キッチンアーティスト)』
 ちょっと独特だけど、意味はわかる。料理技術を戦闘に応用するのだろう。

 で、問題のエンプレスは……
 

 『Werepenguin(ワーペンギン)』

 ワーペンギンってなに!?
 いや、ワーウルフ(人狼)みたいなことが言いたいんだろうなってのはギリギリわかるんだけど、当たり前にある言葉みたいに言われても!人狼は知ってるけど人ペンは聞いたことないよ!
 あと百歩譲って人ペンがわかったとして、バトルスタイルが人ペンってどういうことだよ!
 

 そんなエンプレスちゃんは、製造や一部のイベントで入手可能!
 すべてがかわいいエンプレスちゃんをぜひ実際に手に入れてほしい。

 太ももごんぶとペンギンだいすき協会はいつでもあなたの入会をお待ちしております。
 

Amazon.co.jp: 皇帝ペンギン ただいま(吹替版)を観る | Prime Video
産卵を終えた母ペンギンは大切な卵を父ペンギンに渡し、一路海へ。父は母が帰るまでの約120日間、絶食状態で卵を温めて孵化したヒナを守る。経験の浅い父は抱卵に失敗したり、ヒナが天敵に襲われることもある。集団の中でも最長老の40歳の父ペンギンは子育ての大ベテランであり、無事にヒナを母に受け渡すことができた。両親は海とオアモッ...

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    最古参級のバイオロイドだからババア属性もあるかもしれない

  2. 名無しのゲーマー より:

    動画で動き見るとよく動いてかわいいな

  3. 名無しのゲーマー より:

    前髪は染めてるのかな
    他のキャラと世界観違いすぎて面白い

  4. 名無しのゲーマー より:

    ジンペンで草不可避
    愛が詰まってて面白かったです
    良ければ他のキャラも是非やって欲しいです

  5. 名無しのゲーマー より:

    もっと太ももごんぶと女子流行れ流行れ
    既にご存知かもしれませんがライザのアトリエとかおすすめですよ

  6. 名無しのゲーマー より:

    全然細いじゃんイチジク浣腸して出直せ
    と言おうと思って開いたが
    シルエットのせいだったのか

  7. 名無しのゲーマー より:

    ラスオリ流行れ〜流行れ〜

  8. 名無しのゲーマー より:

    実際のペンギンも脚太いからね…

  9. 名無しのゲーマー より:

    エンプレスちゃんこの服もしかして後ろすっぽんぽんじゃない…?背中はわからんけど少なくとも太ももは半分丸出しだよね…

  10. 名無しのゲーマー より:

    本当はもともと違う戦闘服が用意されていたが
    太めの体型がコンプレックスだったので
    錯視で細く見えるペンギン風戦闘服を自ら作成した
    ・・・という所まで妄想した

  11. 名無しのゲーマー より:

    こいつまた新しい協会を設立してんな

  12. 名無しのゲーマー より:

    むっちんむっちん女子を取り上げてるけど、ゲーム自体も中々戦略性高くておすすめですわゾ!
    自前戦力でオート周回出来た時とか、とても気持ちが良い!良くない?
    それはそうと、6番の残念AI問題はアップデートで解消される予定だから、貴重な「くの字」範囲はプラス要素へと転化するよやったね!(ラストオリジン流行らせてください…(しみじみ

  13. 名無しのゲーマー より:

    忍ペンまん丸ならぬ、人ペンまん丸ってか

  14. 名無しのゲーマー より:

    たしか、スレイプニール(機動保護機)がペンギンと呼ばれてて、そのネタからペンギンキャラが実装されたとか

  15. 名無しのゲーマー より:

    ちなみにペンギンはそのへんの野良が勝手に付いてきただけ

  16. 名無しのゲーマー より:

    鉄虫は人間以外の動物は基本攻撃しないので、ペンギンに擬態することによって鉄虫のセンサーをごまかすことができるみたいな設定があった気がする

  17. 名無しのゲーマー より:

    確か小さい一匹以外はバイオロイドペンギンだって本国の方の公式が明言してたような。
    (ただし小さい一匹は本物のペンギン)

    後オートのAIは将来的に改善されるから・・・

  18. 名無しのゲーマー より:

    昨日の紹介を見てインストールしたんですがこの子は建造から出ない感じなんですかね?
    特殊建造とか言う大型建造がまだまだ解放されない…

  19. 名無しのゲーマー より:

    エンプレスちゃんは一部イベントでひよこ高速育成周回に大活躍するのでぜひ!

  20. 名無しのゲーマー より:

    エンプレスちゃんが欲しくて大型建造回したけど10万ぐらいあった資材が1000まで減りました
    出ませんでした
    乳派なのでケルベロスちゃんに浮気します

  21. 名無しのゲーマー より:

    これが人気記事1位にずっとあるから
    パン祭りでゲムぼく知った人がラスオリを知ってしまう

  22. 名無しのゲーマー より:

    これを見てラストオリジン始めました
    入会させて下さい

タイトルとURLをコピーしました