終了決定した『テクテクテクテク』を遊ぶ。おもしろい。おもしろいが……

スポンサーリンク
IMG_7419

 位置情報ゲーム『テクテクテクテク』。
 この前サービス開始したと思ったら、2019年6月17日をもってサービス終了することが発表されてしまった。わずか半年の命だった。
 当初、週刊ファミ通などで熱心に特集されていたのと、TBSラジオ『伊集院光 深夜の馬鹿力』で伊集院光氏が毎週のように同作の話をしていたので、ずっと気になっていた。
 あのファミ通が注目し、あの伊集院さんがハマるゲームであるならば、それはきっとおもしろいに違いない。
 どんな理由で終了になったかは知らないが、想像だけであれこれ言うのはよくない。
 まずは、自分でプレイしてみなければ。
IMG_7423

 というわけで、とりあえず3日間くらいプレイしてみた。
 その結果、「かなりおもしろい」ことと、「サービス終了になるのもしかたない」ことがよくわかった。一見矛盾するようだが、まったく矛盾しない。
 まずは、ぼくがプレイして感じたテクテクテクテクのよいところを3つ挙げたい。
1. 歩かなくても塗れる
2. コラボ多数の「ごった煮」
3. 無課金でも充分に遊べる
 1は、位置情報ゲームとして画期的だと思う。
 「道路を実際に歩き、隣接する区画をタップして塗る(自分の陣地にする)」というのが基本ルールだが、歩いて貯めたポイントを使えば離れた区画も塗ることができる。
 また、徒歩より速く移動してもペナルティやプレイ制限がかからないため、電車やバスに乗れば一気に塗り広げることができる。
 2は、ニコニコ動画を手がけるドワンゴならでは。
 エヴァ、小林幸子、ポプテピピック、ゴジラ、高須クリニック、Vtuber……二次元・三次元を問わず、ありとあらゆるコラボが行われており、なんでもありのお祭り状態になっている。
 3は、かなりびっくりした。
 位置情報ゲームの王者である『ポケモンGO』も無課金ユーザーはけっこう多いと聞くが、テクテクテクテクの無課金でのプレイしやすさはその比ではない。
 律儀に歩くだけならともかく、電車やバスでもプレイするならばポイントやアイテムや経験値はガンガン溜まるため、まず不自由はないと言える。『Ingress』のように陣地を奪い合う対戦ゲームでもないので、自分のペースでのんびりやっていけばよい。

 総じて、テクテクテクテクは本当におもしろい。1〜3すべてが魅力的だと感じた。
 そして、この1〜3こそが、テクテクテクテクが終了して当然な理由だとも感じた。
1. 歩かなくても塗れるので、プレイを習慣化する必要がない
2. コラボ多数の「ごった煮」なので、世界に入り込めない
3. 無課金でも充分に遊べるので、お金を使う機会がない
 1は、スマホの位置情報ゲームとしてかなり問題だろう。
 本来なら、ジョギングや散歩、日々の通勤・通学とセットにして生活の一部として楽しんでもらいたいはずだが、歩くよりもっと効率のいいプレイがあるので、生活に組み込む必要がない。「まあ、今度電車で長距離移動するときにでも起動すればいいや」になってしまう。結果、極めて辞めやすいゲームになっている。
 2は、「置いてきぼりをくらいやすい」とも言い換えることができる。
 コラボとは、コラボ元とコラボ先にそれぞれしっかり独自の世界があるからこそ「えっ!?この世界にあの世界が混ざっちゃうの!?」という驚きが生まれるものだ。
 しかし、テクテクテクテクはそもそも「この世界」が描かれないのに、コラボだけがどんどん目に入ってくるつくりになっている。
 それは、なんて言うか、ご飯がないのにおかずだけを矢継ぎ早に出されるような気分に近い。「うーん、がんばってると思うし、すごいんだろうけど、どうしたらいいの?」となってしまう。
 3は、ユーザーにとってはいいが制作側にとってはマズすぎる。頸動脈をズバーッと引き裂かれるような致命傷である。
 いっそ、買い切り型アプリにする、という選択肢はなかったのだろうか。それか、最初の3日間は無料にして、以降は買い切りや月額制にするとか。
 うーん、でも、難しいだろうな。これが買い切りや月額制だったとして、ぼくは買った自信がない。名作シリーズの移植や続編ならともかく、完全新作のスマホゲームがそうやって売れるような時代じゃないだろう。いっそ、ニンテンドースイッチや3DSで有料ダウンロードソフトとして出ていたら買っていたかもしれない。
IMG_7422

 一説には、売上が900万円に留まり、8億円の赤字を出したともウワサされる『テクテクテクテク』。ネット上には同作を批判する声やバカにする声があふれている。
 でも、ぼくは言いたい。テクテクテクテクは、おもしろ
い。おもしろいんだ。すごい、と思うところがたくさんある。可能性を感じる部分がたくさんある。作り手の熱意や想いをひしひしと感じる。
 ただ、「そんなこと言ったって、儲かってないんだからダメなもんはダメだろ」と言われたら「はい……」となってしまうのも事実だ。なにも言い返せない。反論できる要素がない。
 こんなにも、「これ、おもしろい!」という喜びと「こりゃ終わって当然だわ」というあきらめが同時に芽生えたゲームは初めてだ。
 日本のゲーム史には残らないだろうが、ぼくの記憶には永遠に残るタイトルになると思う。
IMG_7424

 テクテクテクテクのサービス終了まで、約3ヶ月。
 もしよければ、少しでいいからプレイしてみてほしい。
 これをネットニュースの情報だけで「大コケした失敗作」として認識して終わるのは、もったいないんじゃないか、とぼくは思う。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    「歩くドラクエ」って発想は良かったと思うけど時代に合わなかったんだろうな

  2. 名無しのゲーマー より:

    謳い文句が『一生遊べるRPG』なのに1年待たずして終了とは短い一生だったね。

  3. 名無しのゲーマー より:

    位置ゲーは相変わらず都会住みしか楽しめない作りだわ

  4. 名無しのゲーマー より:

    売上からしてやる価値もないクソゲーだが
    こんなキッズアプリをゲームだと思ってる奴はシャドバやってみろとしか言えないんだが

  5. 名無しのゲーマー より:

    駅メモは月額500円で塗り放題になるし
    少額でもお金とったら良かったね

  6. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼくさんのゲームレビュー面白いしよく考えられてるのが分かるからこういう記事好き
    浣腸ばっかりしてないでたまにでいいから続けて欲しい

  7. 名無しのゲーマー より:

    最初から最後まで下ネタがなかったの珍しくない?

  8. 名無しのゲーマー より:

    >シャドバやってみろ
    そこまで言うならせめてハーストかMTGじゃないの

  9. 名無しのゲーマー より:

    タイトルもあんまり良くなかった気がする
    ぼんやりと位置ゲーってことしかわからないしそれならポケGO、Ingressでいいやってなるし

  10. 名無しのゲーマー より:

    日本発のARゲーとしてかなり優れてたよね
    コラボゲーにせず純粋なRPGかドラクエGOとでもしておけば違ったと思う

  11. 名無しのゲーマー より:

    >>8
    ふれちゃ駄目だぞ

  12. 名無しのゲーマー より:

    面白いゲーム=ソシャゲで稼げるゲーム
    ではないからな。
    昔出回ったソシャゲ会社の人がゲーム性否定する漫画も一理あるというわけだ。

  13. 名無しのゲーマー より:

    管理人さんのコメントに同意です。
    面白い。
    面白いのだけれども維持のための課金をする動機に乏しくなってしまうなぁと思っておりました。

  14. 名無しのゲーマー より:

    プレイした人が口を揃えて「面白いけどサービス終了するのも仕方がない」と言うゲーム
    開発者がいつか復活させると言ってるのでその時は課金しようかな

  15. 名無しのゲーマー より:

    どの程度売り上げがでるか?がまったく見積もれてなかった点が致命的ね。ゲームのよしあしと別で、そこは企業として叩かれてもしょうがないとは思う。

    まあ、ネットで叩いてるやつらのほとんどは未プレイ&カワンゴ叩きたいだけなんだろうけどw

タイトルとURLをコピーしました