スプラトゥーン2を始めて3ヶ月。ちょっとした気づき3点。

スポンサーリンク

 2018年11月末にスプラトゥーン2を購入して、3ヶ月少々が経った。
 ぼく、妻、娘(4歳)、息子(4歳)の4人でコントローラーを持つ順番を決めながら、なかよく遊んでいることが多い。1人用ゲームだが、感覚としては完全に家族でああだこうだ言いながら楽しむパーティーゲームだ。

 スプラトゥーン2はやればやるほどその楽しさと奥深さがわかっていくゲームだが、最近特に感じる3つの気づきがあるので、それをカンタンにご紹介したい。
 おもに、購入しようかどうか迷っている人や、購入して間もない人に読んでほしい。

気づき1:遊びの幅が予想以上に広い

IMG_6491

 購入前は「なんか塗ってバトルするやつ」くらいのイメージしかなかったが、やってみると、それは『レギュラーマッチ(ナワバリバトル)』という1つの対戦モードでしかないことに気づく。
 対戦ではなく、4人で協力してモンスター(シャケ)を倒す『サーモンラン』。
 対戦をさらに極めたい人のための『ガチマッチ』。
 オフラインでも遊べ、ひとりでさまざまなステージを攻略する『ヒーローモード』。
 ヒーローモードがさらに高難度化した『オクト・エキスパンション』。
 ほかにも、音ゲー的なミニゲーム、ショップでの買い物、お絵かきなど。
 とにかくやれることが多く、それが飽きの来なさや、幅広いユーザー層の存在につながっている。
 ぼくはサーモンランやオクト・エキスパンションが好きだが、妻はレギュラーマッチやガチマッチが好きだ。子どもたちはヒーローモードやショップ巡りが好きだ。みんなちがって、みんないい。

気づき2:好きなブキに性格が出ておもしろい

IMG_6494

 ぼくは「闘争心が弱く」「合理主義」な性格である。
 すなわち、競争より協調を好み、他者に興味がなく、あまり挑戦しない。勝ち負けより、自分のなかで定めたゴールが達成されたか否かを気にする。研究家で、感情の起伏に乏しい。
 こういう人は、塗りが強いブキを好む。攻めよりも、自衛やサポートに長けたブキを好む。具体的には、もみじシューターがぼくはいちばん好きだ。
 対して妻は「闘争心が強く」「経験主義」な性格である。
 すなわち、協調より競争を好み、他者に興味があり、挑戦する。勝ち負けを気にする。行動派で、感情の起伏が激しい。
 こうなると、ガンガン前線に出て撃ち合うようなブキを好む。具体的には、妻はスプラマニューバーベッチューを愛用している。
 子どもたちは楽しさやカンタンさが第一なので、見た目がユニークで操作がわかりやすいブキを好む。具体的には、ヴァリアブルローラー。ローラーになったりペンになったりするのがおもしろいらしい。
 好きなブキでわかる性格診断、みたいなものがあったら、血液型や星座よりよっぽど当たるものになりそうだ。おもしろいなあ。あと、ぼくと妻って恐ろしいほど逆だなあ。

気づき3:ランクがぜんぜん上がらない

IMG_6492

 約3ヶ月間、1日平均1.0~1.5時間くらいはプレイしていると思うのだが、それでもランクは35。
 周りはランク70~99があたりまえ、たまに低ランクがいると思ったら★付き(いちど99になって、1に戻した人)だったなど、猛者の割合がすさまじい。
 こえーよ……みんなどれだけ遊んでるんだ……

IMG_6493

 おまけの気づき。ヒメとイイダはかわいい。所作も楽曲もすばらしいし、ヒメとイイダを見ていると百合のすばらしさがなんとなくわかる気がする。「尊い」って言いたくなる気持ちがわかる。


コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    家族と仲良さそうでノホホンと暖かい気持ちになれた -1145144点

  2. 名無しのゲーマー より:

    減点するのか…

タイトルとURLをコピーしました