闘会議&JAEPO 2019 に4歳児と行ってきた!レポート③スプラ編。

スポンサーリンク


tkg101

 【関連記事】
闘会議&JAEPO 2019 に4歳児と行ってきた!レポート①移動編。
闘会議&JAEPO 2019 に4歳児と行ってきた!レポート②探検編。
闘会議&JAEPO 2019 に4歳児と行ってきた!レポート③スプラ編。
 
 
 いよいよ、スプラトゥーン2関連のあれこれを見ていく。
 
 DAY1の『テンタライブ』、DAY2の『スプラトゥーン甲子園 決勝戦』は、闘会議2019全体を通しても屈指の人気コンテンツ。
 スプラトゥーン2エリアは、ほかのエリアに比べてやっぱり人が多い。
 
 ただ、さすがスプラトゥーンだなと思うのは、子どももかなり多い。
 人が多すぎて親子は肩身が狭い、みたいなことはぜんぜんなく、むしろ安心感すらある。楽しい!
 
 
 よっしゃ!まずは物販だ!ヒメとイイダのグッズを買うぞォォォー!!
 
 
tkg102
 
 ギャアアアアアア!
 テンタライブ関連のグッズはほとんどが完売。どうやら、12時くらいにはもう売り切れが出始めていたらしい。さすがスプラトゥーン……
 
 
tkg103
 
 せっかくなので、スプラトゥーン甲子園のパーカーを買った。部屋着にしよう。
 
 
 さて、物販エリアを離れ、改めてスプラトゥーン2エリアをうろうろしていく。
 
 
IMG_6453
 
 「イカス縁日」というコーナーでは、イカスおみくじが1人1回引ける。記念にぜひ。

 ぼくは凶が出てしまった。タワーに狙われ続けるらしい。恐ろしい。
 
 
tkg104
 
 スプラトゥーン甲子園の後援にはNPBがついているので、こんなコラボパネルの展示があった。
 こんなんもあるんだなあ。かっこいいなあ。巨人が王道のスプラシューターっていうのは納得だ。各球団のブキを見ると、どれもなんとなく「らしさ」がある気がして楽しい。広島のデュアルスイーパー感、わかる。
 
 
tkg105
 
 出場チームに関するパネル展示も。各地域の方言ポスターがおもしろい。
 
 なお、これらのパネル展示のすぐ近くには、好きなブキを持って写真撮影ができるフォトブースがあった。スプラトゥーン好きの親子で来たなら、ぜひ並んで写真を撮っておこう。我が家が行ったときは、待ち時間は5分くらいだった。
 
 
 続いて、サーモンラン フリープレイに行くぞ!夢の家族4人同時プレイだ!
 
 
tkg007
 
 ウワアアアア!
 驚異の100分待ち!死ぬ!絶対子どもが途中でトイレ行きたいって言い出す!
 
 うーん、これはどうするか迷う……
 とりあえず、すぐ隣に『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』でスプラトゥーン2メドレーが遊べるという体験コーナーがあったので、それで遊んでみることに。
 妻は息子と、ぼくは娘とふたりプレイ。もちろん難易度は「かんたん」で。娘が楽しんでくれれば、なによりだ。ぼくは大人だから、いまさら太鼓の達人くらいでは熱くなったりしな
 
 
tkg106
 
 ウワアアアアアア!
 熱くなりすぎて(かんたんとは言え)ハイスコアを更新してしまったァァァ!!
 
 ぼくは本名が五所ヶ原 武莉央(ごしょがわら むりお)なので「スーパームリオブラザーズ」とかにしようかなとも思ったのだが、無難にペンネームの樹液之村綾鷹星人をもじってあやたんにしておいた。かわいい。
 
 
 で、そのあと、トイレを済ませてから意を決してサーモンランフリープレイの列へ。
 待ち時間100分とあったが、実際には60分くらいで済んだ。また、列からメインステージが見えるので、『イカ自慢コンテスト』『サーモンランチャレンジ』などを観戦しながらの順番待ちとなり、飽きは来なかった。子どもたちも終始テンション高め。
 
 

IMG_6464

 
 そしてついに、我々の番が来た!
 ちなみに、列に並んでいるときに何人組か確認されるので、4人で来てもバラバラに座らされることはない。1〜3人で来た場合は、運営側でほかの1〜3人の人と調整して4人組を作ってくれる。
 
 イカス屋台に、ぼくと娘、向かいに妻と息子が座る。1回座ってみたかったんだ、これ。
 4人の中ではいちおうぼくがいちばん上級者なので、ブキはどんな局面にも対応できるようスプラシューターを選択。
 よっしゃ!みんな、ぼくについてこい!バイトスタートだ!
 
 ……
 
 ……あれっ?えっ?
 
 ギャアアアアアアア!
 これ、カメラ設定がノーマルだァァァ!リバース派のぼくには致命傷!
 あっ、タワーが!タワーがハイパープレッサー撃ってきた!避けなきゃ!あっ、カメラ逆だった!あっあっあっ
 
 

IMG_6465

 
 ……
 
 まさかのWAVE1、金イクラ1個であっという間に全滅。「タワーに狙われ続けるかも」というおみくじの予言が的中してしまった。
 恥ずかしい!なんか次の順番の人たちが「えっ、もう俺らの番なんすか?」みたいな顔してる!恥ずかしい!
 
 

IMG_6466

 
 でも、この屋台で4人で遊べたことは、すごくいい思い出になった。
 ちなみに1個の金イクラを納品したのは、ぼくや妻ではなく娘だった。娘はそのあとずっと「わたしがいれたんだよ!えらいでしょ!」と自慢していた。かわいい。あとホントにえらい。よくがんばった。
 
 
 そして、そんなこんなでもうすぐ17時。
 テンタクルズのテンタライブの時間だ!
 
 あまりにも人が多いようだったら危ないので観ずに帰ろうと思っていたが、最後方からなら安全に立ち見できそうだったので、予定通り観ることに。
 
 

IMG_6467

 
 ほぼ最後方なので見づらさはあるが、我々より後ろに誰もいないので子どもを気兼ねなく抱っこして高い目線から見させてあげられる音量が大きくなりすぎない子どものトイレや急な体調不良でも脱出しやすいなど、後方ならではのメリットもあった。
 目玉企画だけあって激混みではあるけど、最後方で雰囲気を楽しめればよい、くらいなら17時ジャストに行ってもぜんぜん大丈夫。親子のみなさんはぜひ参考にしてほしい。
 なお、ライブ自体は言わずもがな最高だった。知っている曲ばかりで、子どもたちもノリノリ。
 
 

IMG_6468

 
 テンタライブが終われば、闘会議自体もほぼ終了。
 みんな一斉に帰っていく。満員電車に巻き込まれると子どもが危ないので、我が家はちょっと休憩して、人の波が落ち着いてからのんびり歩き始めた。
 
 東京駅までの帰りの電車では、幕張メッセ帰りの人とTDL帰りの人が乗客の大半を占めることになる。幕張メッセ組のほうが乗車が早いので、座れる確率は意外と高い。快速でなく普通電車を選べばさらに確実。我が家も普通電車でのんびり座って帰った。
 
 いやあ、楽しかった。めっちゃ疲れたけど、楽しかった。子どもたちは帰りの電車でもハイテンションだったが、さすがに帰宅すると疲労感と安心感からか、あっという間に眠りについた。
 
 
 

IMG_6469

 
 というわけで、3回に渡って闘会議&JAEPOのレポートをお届けした。
 小さい子どもがいるお父さんお母さん!闘会議&JAEPO、ぜんぜん行けますよ!大丈夫ですよ!我が家では「なんかもういっそ2日通し券買っちゃえばよかったね」って感想が出たくらい楽しめましたよ!4歳前後でも楽しめるもの、たくさんありますよ!
 
 
 人気が出すぎて混みすぎるとそれはそれで困るが、この楽しさは多くのゲーム好きファミリーに伝わってほしい、とも思う。
 
 興味がある方は、ぜひ。来年もきっと楽しいぞ。
 
 
 

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    めちゃくちゃ楽しそうで何よりです。
    100分待ちもアトラクションを見ながらならすぐで良かったですね。

    オプションいじれないのは痛いですね。でも楽しそうで何よりです。

  2. 名無しのゲーマー より:

    レポートお疲れ様でした。
    こと細かく書いてあって独身ニートの妄想とは思えないクオリティでしたよ!
    早く正気に戻るといいですね。

  3. 名無しのゲーマー より:

    闘会議DAY1で会場うろついてる亀頭ホクロ仮性包茎の人を見かけたんですけどゲムぼくさんですか?

タイトルとURLをコピーしました