ブログ広告業界にも押し寄せる中国系の波。


 年間1,108,145,451,919PVを誇る『ゲムぼく。』には、広告掲載の依頼がメールでときどき来ることがある。
 それは、「このアプリの宣伝記事を書いてくれたら1ダウンロードごとに○○○円払います」とか「当社の製品をひとつあげるのでレビュー記事を書いてください」とかさまざまなのだが、ぼくはそういう広告記事的なやつは心底愛するイチジク浣腸以外は引き受けないと心とアナルに誓っているので、すべてお断りか無視している。逆に言えばイチジク浣腸の広告記事はいつでも書きます!メーカーさんお声がけお待ちしています!!

 それはさておき、最近は中国系のそういう依頼メールが増えてきたよ、というご報告をしておきたい。

chi01

 たとえば、これ。
 時候のあいさつはめちゃめちゃしっかりしているが、その後の日本語のあやしさと「中国製品を取り扱っている」と明言していることから、中国系であるとわかる。

chi02

 「ご返信をまちしております」がかわいい。

chi03

 さらに、こんなのも。
 日本語がめっちゃあやしい!大丈夫か!なにが言いたいのかよくわからないぞ!

 よくわからないので、「料金は不要ですので、イチジク浣腸をいただけませんでしょうか。貴社のイチジク浣腸をお待ちしております」と返信したところ……

chi04

 日本語がめっちゃ進化して返ってきた!
 また「はじめまして」になってるのは気になるけど、この成長速度はすごい!

 また、この手のメールを見ていて気づいたのは、中国系の依頼は報酬がめちゃめちゃいい、ということ。日本の広告代理店が提示する相場の2~3倍はザラだし、10,000円を超えるような製品を「タダであげるから記事でホメてくれ。なんなら色違いで2個あげるから」みたいなのも平気である。
 「広告記事は受けねぇって言ってんだろ!10,000円を超える高級イチジク浣腸を送ってこい!そしたらYoutuberデビューして大長編実況動画で宣伝してやるよ!」と返信しているが、中国系企業のパワーと勢いはホントにすごいんだなあ、と感心する。


コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    本当にイチジク浣腸業者が食いついたらどうするんですか……

  2. 名無しのゲーマー より:

    最近イチジク浣腸に毒されすぎてない?
    ここは元祖ガチホモブログとしてそっち系の商品も受けるべき

  3. 名無しのゲーマー より:

    本当にイチジク浣腸の広告業者が来て、もう一度全裸で女豹のポーズ取ってほしい

  4. 名無しのゲーマー より:

    年間1108145451919PVって嘘つくのがゲムぼく。の今のブームなのか?

  5. 名無しのゲーマー より:

    本当にイチジク浣腸のメーカーが食いついてきたらどうするんだろうか…?

  6. 名無しのゲーマー より:

    宣伝して売れるもんでもないと思うが

  7. 名無しのゲーマー より:

    少々政治臭いコメントになるけれど、流行った言葉の「爆買い」なんてのは結局、個人のレベルだからかわいい方で、こういう法人レベルの目に見えない部分での中国マネーは速いし、強いって話はどの業界でも聞きますね。

  8. 名無しのゲーマー より:

    イチジク製薬さん、ここです!
    このブログです!

  9. 名無しのゲーマー より:

    少し真面目にやったら結構儲かるのでは?

  10. 名無しのゲーマー より:

    バッキャロー!真面目にやってこの様だよ!!

タイトルとURLをコピーしました