カラオケのキッズルームを初めて利用してみた話。


 子どもたちとおでかけをした、ある日。
 大きな公園でボール遊びでもしようかなと思ったらクソ暑かったので、室内で過ごせるところはないかと街中を歩いたらカラオケ店を見つけた。
 「キッズルーム完備!」と書いてあり、これはたいへん都合がよろしい。さっそく入ってみることに。
 

mane01

 おおー。
 

mane02
(我が子のプライバシーを守ろうとするあまり全身にモザイクをかけてしまいかえって怪しくなるの図)

 おおー!
 広い!遊ぶスペースがある!なんかすべり台まである!

 すべり台のほか、おもちゃ箱もあって、レゴブロックやらパズルやらボールやら、いろいろなおもちゃが入っていた。
 

mane03

 なぜか、仮面ライダードライブのハンドル剣とシフトカー数台もあった。
 なんで2018年のいまにドライブやねんという気がしなくもないが、ちょうどいま我が家の子どもたちは東映特撮ファンクラブで仮面ライダードライブを毎日観ているので大喜びだった。
 たぶん、店員さんたちの家に余っていた不要なおもちゃを寄せ集めたみたいな感じなんだろうな、こういうところのおもちゃ箱って。

 さて、冷房の効いた部屋で1時間ほどヒマを潰すだけならすべり台とおもちゃだけで充分なのだが、いちおうカラオケに来たわけなので、子どもたちにもカラオケ初体験をさせることに。
 

mane04

 電車が好きな息子、人生初のカラオケが鉄道カラオケという超絶変化球を投げるの図。
 文字は読めていないと思うが、アナウンスがだいたい合っていたのでスゴい。ふだんよく聞いてるんだなあ。
 

 カラオケ店によって料金体系は異なるが、未就学児は無料または半額のところが多く、キッズルーム利用料金もせいぜい数百円程度なので、意外と安く済むことが多い。
 今回は、1時間の利用(ワンドリンク付き)で600円くらいだった。親子3人で1時間楽しく潰せて600円はけっこういい感じだと思う。

 冷暖房が効いていて、家族だけの空間が持てて、大声を出したり飛んだり跳ねたりしても大丈夫で、飲み物も食べ物もある。
 子連れの人はぜひ、おでかけの際の有用な選択肢のひとつとしてカラオケのキッズルームを覚えておいてほしい。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    いいおっさんだけど利用してみたいなあ
    ゴロゴロ寝ながら歌いたい

タイトルとURLをコピーしました