20代以下の広島人と、広島カープ。

Amazon | [ダンロップモータースポーツ] スニーカー マックスランライト カープモデル01 | ランニング
Amazon公式サイト| スニーカー マックスランライト カープモデル01を通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。ランニングをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp
 広島人というのは不思議な生き物で、サッカー派の人や野球のルールを知らない人、なんなら「中継延長でドラマが遅れるから野球は嫌い!」という女の子でも、カープのことだけは、みんななんとなく好きだ。
 たとえばぼくの母なんて、イチロー以外の野球選手を知らないし、この世に野球チームは巨人と広島しかないと思っているし、野球好きな父をいつも「ごはんのときくらいテレビ消したらええのに」と叱るが、そんなんでも、新聞を読んでいてスポーツ欄が目に入れば、「へえ、カープがんばっとるんじゃねえ」と口にする。
 そういうDNAなんだろう、と思う。広島に生まれる、広島で育つということは、たぶん、そういうことなのだ。
 好きの程度に差こそあれど、好きか嫌いかの二択を迫ったときにカープを「嫌い」と言える広島人は、おそらくほぼいない。
 
 だから当然、28歳のぼくも、ほかの若い世代の人たちも、物心ついたときからカープが好きだ。
 野球部もサッカー部も卓球部も帰宅部も、男子も女子も中性的な人も、みんなカープに親しみを持っている。
 
 ただ、ぼくたち20代以下の広島人には、ひとつコンプレックスがあった。
 1991年の優勝から四半世紀という歳月は、あまりにも長すぎた。しかもその25年間の広島東洋カープは、大半がBクラス、もっと言うと5位か6位が定位置だった。
 つまり、20代以下のぼくたちは、物心ついたときから弱いカープしか、最下位争いをするカープしか知らずに育ったのだ。
 
 春になれば、みんな「始まったねえ」とは話すし、開幕直後の調子がよければ「カープ、今年はええ感じじゃね」とは言う。
 けれど、それはいつも、明らかに冗談めいていた。親もご近所もテレビも新聞も、誰も本気では言っていなかった。
 で、案の定、5月後半くらいになるとカープはだいたい失速してくる。「鯉の季節が過ぎるとやっぱダメじゃったねえ」なんて苦笑いして、徐々に野球の話題は減っていく。
 それが、ぼくたちの「あたりまえ」だった。野球って、カープって、まあそういうもんなんだろうな、と思っていた。
 
 だから、ぼくたちはずっと、自分の親や上の世代の人たちがたまにする「前にカープが優勝したときはすごかった」という昔話を、ぼんやりと聞くことしかできなかった。それはまったく想像がつくものではなく、遠い異国のおとぎ話のようにすら聞こえた。
 カープに対する愛情や愛着はきっと同じはずなんだけれど、かたや優勝を知っている世代、かたや万年Bクラスしか知らない世代。
 そこにはなんだか、見えない感覚の壁がずっとあったように思う。
 ぼくはそれをときどき感じることがあって、それがちょっとさみしかった。くやしかった。
 
 でも、ついに、それがなくなった。
 2016年、ぼくたち下の世代は初めて「強いカープ」を見ることができた。上の世代は「強いカープ」に再会した。喜び方の大小はあれど、広島に関わりのあるすべての人が歓喜した。
 「前にカープが優勝したときはすごかった」の「前に」がようやく更新されたことで、全世代がひとつの思い出を共有し、広島がホントのホントにひとつになったのだ。
 
 しかもその優勝は、25年前の優勝メンバーだった緒方監督がもたらした。
 ぼくたち20代の子どものころのヒーローだった、黒田と新井がもたらした。
 そして、いまの10代のヒーローである、菊池や丸や、ほかすべての選手がもたらした。
 チームとしてもあらゆる世代がつながってひとつになったと言える、すばらしい優勝だった。
 
 優勝直後、うちの実家やその近所では、お隣や親戚から電話がかかってきたり逆に電話をかけたりしては「おめでとうございます」と言い合うという、奇妙な現象が発生したらしい。
 なにやってんだという気もしなくもないが、まあ、それくらい広島人の生活とカープというのはあたりまえに溶け合っているものなのだと解釈してほしい。
 
 瀬戸内海のようにおだやかで、カープレッドのように情熱的なまち、広島。
 これからきっと、もっともっと、すてきなまちになっていくと思う。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    良い記事ですね…泣ける

  2. 名無しのゲーマー より:

    おそらく同学年です!
    アテネのユニフォーム、私も持ってます。
    今は亡き木村拓也選手のレプリカです。
    彼もまた、私達世代のヒーローでしたね。
    この優勝を何処かで見てくれているのでしょうか。

  3. 名無しのゲーマー より:

    おめでとう!!

  4. 名無しのゲーマー より:

    最近いい話比率高くないです?

  5. 名無しのゲーマー より:

    黒田先発で優勝決まったってのは運命的だったなぁ
    移動日に決まるんじゃなくて本当に良かった…

  6. 名無しのゲーマー より:

    アテネぶち懐かしい!
    もう12年か…

  7. 名無しのゲーマー より:

    黒田と新井が抱き合ってるのを見て泣きました。
    いい年したおっさん同士の抱擁がこんなに泣けるとは…

  8. 名無しのゲーマー より:

    言いたかった事を代弁してくれてありがとう

  9. 名無しのゲーマー より:

    長く弱小時代を共にした広島と横浜のクライマックスなんてなったら感動的やね

  10. 名無しのゲーマー より:

    カープファンじゃないけど感動して泣けた

  11. 名無しのゲーマー より:

    わかります!
    東京生まれ東京育ちの私も、野球選手とか知らないくせに母が広島人なため小学生の頃からなぜかずっと広島ファンです!
    毎年5月半ばには鯉の季節終わっちゃったもんねぇと言い合い、今回の優勝の際にはメールで同じように喜び合いました!が、ダンナをはじめ友人達ははその辺まったく理解できないようです(笑)

    初めて見せてもらった優勝!広島ありがとう!優勝本当におめでとう!!!

  12. 名無しのゲーマー より:

    ええ話やんけ

  13. だんご三姉妹の母 より:

    上の世代です。その上、育った家のすぐそばにカープの合宿所。高橋慶彦さんとは家の近くのスーパでよく一緒になってたり、近くに結構、選手が住んでたり。父は、球団結成当初からのカープ一筋人間。親父の機嫌でカープの勝敗がわかる、そんな家に育ちました。女なんで野球なんてそんなに興味なかったけど、刷り込まれでるようで、やっぱり何が何でもカープ!(笑)
    ブログを、たまたま読ましていただいて、納得!
    昨日は泣きに泣きました。
    シェアさせてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました