サクセス草野球編 ルーキー設定でオールA~Sを作ろう。[パワプロ2016]

スポンサーリンク

160508_01

 パワプロ2016のサクセスをルーキー設定でプレイする場合、もっとも安定して高レベルな選手が作れるのは草野球編である。

 試合のたびに、通常経験点とは別にミッション達成ボーナスが得られ、そのボーナスは難易度設定の影響を受けない、というおいしい仕様があるためだ。
 ヘタにノーマルやエキスパートにして活躍したりしなかったりを繰り返すよりは、ルーキー設定で堅実に毎試合活躍したほうが最終的な経験点はずっと多い。

 ぼくはノーマルやエキスパートではほとんど打てないヘタレだが、草野球編のルーキー設定ではまずまずの選手を安定的に育成できている。
 6月9日のアップデートで、いわゆる「ホモコロガシ理論」などに下方修正が入ったが、そもそもそれらがまったく関係しない本育成理論は相対的にちょっぴり価値が上がったと言える……かもしれない。

 腕前に自信がないけどたまにはそれなりの選手を作ってみたい……という人は、ぜひ参考にしてほしい。
 

サクセス草野球編 ルーキー設定でオールA~オールSを作ろう。

【必要なもの】
■天才の入部届
 パワショップで買うか、LIVEパワプロのプレゼントでもらったものを持ちこもう。
 ない場合はダイジョーブのメスでもいいが、手術の成否が運任せなので面倒。

【本育成法のメリット】
・ルーキー設定なので打撃がヘタでも失敗せず作れる。
・運要素がほぼない(シノシノのイベント関連だけ)ため非常に安定する。みわちゃんを活用する育成法だと運要素が強くアイテム持ち込みをしづらいが、こちらはその心配がまったくない。

【本育成法のデメリット】
・持ち込みアイテムが必要。
・運要素がほぼないがゆえに爆発力も小さい。(もちろんダイジョーブ博士が来れば話は別だが)

【育成のポイント】
・初期アピールポイントはミートかパワー。(試合で打ちやすくするため)
・天才の入部届を持ち込む。
・継承選手は0〜3人で。(多すぎると練習後うろつきの邪魔)
・各種選択肢はカリスマとセンス重視。
・施設はすべて値切らず契約。
絶対に休まない。体力が低いときは精神練習。
・練習は序盤は矢部追っかけ。その後はコツ伝授>友情タッグ>スカウト追っかけの優先度で。終盤は不足しそうなポイントを確認してそれを補う練習を。
・練習後のうろつきはスーパー銭湯で岩盤浴。牛丼家出現後は最後までシノシノを追いかけ続ける。バイトや継承選手を雇うときだけはそっちに。
・バイトは金欠にならない程度に雇う。2~3人が限度。施設への配置はお好きに。
・スカウトは成功率重視で投手1人、野手8人を早くそろえる。(そろうと全練習レベル+3
強化練習はしない。メンバーがそろっても必ず試合に出続ける。
・試合では自分の腕前でも達成できる簡単なミッションを選び、必ず毎回達成する。
経験点はセンス100&極アイテム入手済みになるまで振らない。せいぜい試合で打つために弾道とパワーを少し上げる程度。

 そのほかの部分は適当でいい。多少のミスがあっても強い選手は充分作れる。
 

【育成例】

image

 初期能力はこれでスタート。
 アイテム持ち込みありのため、初期能力の厳選は実質できないことに注意。
 

image

 シノシノが出るまではひたすら岩盤浴で最大体力を上げる。お肌っゃっゃ。
 

image

 試合はとにかくミッション達成のしやすさ優先。序盤はスカウト成功率も考慮して、弱いチームに参加して試合にしっかり勝てると最高。
 メンバーがそろうまでは、ポジションを特に気にせず成功率重視でバンバン集める。
 

image

 試合のたびに得られるミッション達成ボーナスこそが本育成理論のキモ。これを取り逃さないことが命より大事。
 

image

 持ち込みアイテムの効果で、1月1週に天才として覚醒する。
 この時点でセンスが100近くになるが、絶対にまだ経験点を振ってはいけない。貯めこめ貯めこめ。
 

image

 シノシノを追いかけ続けていれば、だいたい冬が終わるまでには彼女になってくれるはず。今回は2月1週に告白イベントが来た。
 

image

 天才に覚醒すると能力が飛躍的に上がるため、スカウト評価が勝手に上がってくれる。
 クリア時のドラフト順位に応じた経験点ボーナスが非常に大きいため、意外と重要。練習でスカウトを追いかけるべき理由も同じ。
 

image

 今回は5月3週でシノシノのイベント完走。完走のタイミングは、シノシノのお父さんを一発で捕まえられるかどうか、コンビニうろつきを継承選手に邪魔されないかどうかなどで若干変わってくる。継承選手を増やしすぎるとダメな理由はこれ。
 

image

 イベント完走後もシノシノを最後まで追いかけ続ける。
 デートのたびに成長アイテム極をランダムでくれるので、これが運よく全種類そろうことを祈ろう。
 完走が早ければ、アイテムをもらえるデートの回数もそれだけ増えるので有利。
 

image

 今回は最終的に、パワー以外の5種が手に入った。
 センス100&極グッズがそろったこの段階になって初めて、基礎能力に経験点を振り始める。最後の試合に勝てるようにしっかり上げておこう。
 

image

 試合は当然ながら最後まで勝とう。
 ルーキー設定なので、勝つことはそんなに難しくないはず。
 手間はかかるが『チャンス&9回操作』などで自分でプレイしたほうが安心。
 

image

 大会に優勝し、今回はドラフト2位扱いでゴール。ホントは1位が理想だったがまあ許容範囲。
 

image

 完成形がこちら。
 ミッション失敗が1回あり、序盤に負け試合が続いてチームメンバーがそろうのも遅めだったが、なんとかそれなりの形に。
 ちなみに、特殊能力をある程度削ればオールS&弾道4にできた。もっとも、そもそもミスがなければふつうにオールSになっていた気もするが。
 

160508_08

 ちなみに、天才の入部届を使わず本理論で育成した場合、オールB+αくらいが到達点の目安になる。ノーマルならオールA、エキスパートならオールA+αくらいだ。
 継承選手として使うにはそれくらいでも能力的には充分だろうから、まずはそのへんで慣れてみてから天才育成を、という感じでもいいかもしれない。
 

 あくまでパワプロ初心者などのルーキー設定使用者のための育成理論なので、参考になる人とならない人がいると思うが、これで少しでもパワプロ初心者の楽しみが増えてくれれば幸いである。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    この理論は投手でも可能でしょうか?

  2. 管理人 より:

    >1
     投手でこれをやると天才覚醒時に勝手に球種が増えてしまうため、それ以降、変化球レベルがかなり上げづらくなる、という明確な欠点が存在します。
     投手の場合は、総変化量はある程度あきらめて他の能力に特化させるか、草野球編&天才ならではの野手能力の高さを活かして二刀流投手にするか、といった別のゴールを設けたほうがうまくいきます。

  3. 名無しのゲーマー より:

    回答ありがとうございます!

    色々な可能性ある投手作ってみたいと思います。

  4. 名無しのゲーマー より:

    色々試してみました。
    社会人編より、ホ↑モ↓が出やすいなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました