安さと怪しさ。魅惑のセミオペ自販機。



image

 街中や個人宅前に設置されているジュースの自動販売機には、「フルオペ(フルオペレーション)」方式「セミオペ(セミオペレーション)」方式がある。

 フルオペは、自販機の設置から商品の仕入れ・入れ替え、売上管理などすべてを業者がやってくれる自販機。「Coca-Cola」「BOSS」など、ブランド名が筐体にドーンと入った自販機はこれ。街中で見かける自販機の9割はフルオペである。
 セミオペは逆に、筐体の購入・設置を含むすべての作業を個人が自前でやっている自販機だ。
 

image

 ブランドロゴがいっさい入っていない筐体が、セミオペ自販機のわかりやすい証である。

 ビジネス的な観点では、フルオペのほうが何もしなくていいのでラクだが、セミオペのほうが一本あたりの利益は大きい。一長一短である。
 ただ、いちユーザーとして言わせてもらうならば、ぼくは下記の理由からセミオペ自販機のほうが圧倒的に好きだ。

・安い(ペットボトルが1本100円を切ることもしばしば)
・マイナーブランドのジュースが買える(チェリオ、サンガリア、不二家ネクターなど)
・品揃えに自販機設置者の性格やこだわりが出る(コーヒーの種類が異常に多い、真冬でも冷たい飲み物オンリーなど)
 

image

 あなたもぜひ、セミオペ自販機を見かけたらここぞとばかりにマイナーな謎ジュースを購入して売上に貢献し、セミオペ自販機界の発展にひと役買ってほしい。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    安いけど出てくる飲料がランダムなやつすき

  2. 名無しのゲーマー より:

    自前の写真ばかりな所に自販機愛を感じます

  3. 名無しのゲーマー より:

    地元のエロ本自販機もセミオペかな
    熟女物ばっかだった

  4. 名無しのゲーマー より:

    缶のコーラだけ強気に120円なの好き。
    他がマイナーとか一線級ではないなかのエース感、田舎にぽつんとあるチェーン店みたいで好き

タイトルとURLをコピーしました