100均のシール用紙&マグネットシートで遊ぼう。



160329_3

 用事があって100円ショップのダイソーに行ったとき、下記2点を衝動買いしてしまった。

・フリーカット光沢シール用紙 A4(3枚入り)
・マグネットシート光沢紙 A4(1枚入り)

 PCとインクジェットプリンタとハサミがあれば、好きな絵柄のシールやマグネットがカンタンに作れてしまう優れものである。これが100円とはいい時代になったものだ。

 ぼくはこういう工作が得意なわけではないが、好きではある。下手の横好きというやつである。
 ヒマな週末、たった200円でヒマつぶしができて成果物も残るのなら、こんなに素敵なことはない。
 さっそくこれを使って遊んでみた。

160329_4

 まずはシールのほう。
 ペイントソフト(今回はPictBear)で印刷したいイラストを用意する。
 このブログでイラストといえば脱力感の塊ことエレットちゃんである。

160329_5

 ピンボケしているが、印刷するとこんな感じ。
 単純な白黒イラストだと色の仕上がりを気にしなくていいので気楽である。

 これをハサミで適当にチョキチョキ。
 重ねて言っておくが、ぼくは工作がべつに得意ではない。よって作業は全体的に極めて適当である。

160329_6

 切り終わったら、シール台紙をはがしてペタリ。
 印刷したあとになって特に貼りたい対象がないことに気づいたので、とりあえず手近にあったiPad miniの裏に貼ってみた。
 iPad miniはいつもケースに入れて使っているので平素これが見えることはないが、万が一どこかに落としてしまったときなどに、これがぼくのiPadである、という証拠にはなるだろう。
 もしも悪い誰かが「いや、これは俺のiPadだ!」と主張して横取りしようとしたとしても、「ウソつけ!じゃあ本体裏のこのヘタクソでキモい絵がなんなのか説明できるのかお前!」と反論することができる。どこがヘタクソでキモい絵だコノヤロー!!

160329_7

 さて、次にマグネットシートである。
 こっちは印刷したい画像が複数あったので、画像編集ソフトでイラスト・写真をまとめて並べていく。
 ちなみに、モザイクをかけているのはうちの子どもたちの写真である。エレットちゃんばかり印刷していると妻に「なにやってんだこいつキモッ」と思われるので、ご機嫌取りも兼ねて子どもの写真も印刷しておこうという算段である。

160329_8

 印刷したら、カッティング。マグネットシートは厚みがあるのでカッターを使ってスパスパ切っていく。

160329_9

 完成。冷蔵庫にペタリ。
 さすがに安物なので磁力はあまり強くないが、薄めの紙を1~2枚挟む程度なら充分だ。
 当面は、最近ついにお皿3枚目の収集に突入したヤマザキ春のパン祭りの台紙を留めるのに使うことにした。

160329_10

 出来はともかくとして、200円でこれくらい遊べて、いちおう実用性のある物も手に入るなら、なかなか有意義なヒマ潰しと言えるのではないだろうか。
 シール用紙とマグネットシート、興味のある人はぜひ100円ショップに行ったときに探してみてください。 


 

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    パン祭りの点数効率がまったく生かされていない・・・

  2. 管理人 より:

    >1
    もともと複数枚の台紙を同時進行で動かしていて、大きい点数は1-2枚目に優先的に貼っていったので、3枚目はいまこんな感じになってます。
    ここからダブルソフトパワーで下2段に3点シールがめっちゃ貼られていきます。

タイトルとURLをコピーしました