ネタ編成・ロマン編成を考える。[千年戦争アイギス]

151028
 千年戦争アイギスの1チーム出撃枠は15
 それに対し、編成可能な味方ユニットは、2015年10月末時点で約280種類
 同ユニットのダブりがないように編成したとしても、その組み合わせはおよそ2,661,485,505,418,370,000,000,000通りもある。もはやケタを数えるのもめんどくさい。

 召喚(ガチャ)の仕様ゆえに任意のユニットをそろえづらい、出撃にカリスマ・スタミナを消費するなどの理由から、ネタに走った編成やロマンを重視した編成がしづらいアイギスだが、それでもあえて組んでみるとどんな感じになるのかを7つほど考えてみた。
1.リア族チーム

リア族チーム

近距離:アリア・リリア・エミリア・ダリア・シプリア・セリア・イメリア・コーネリア・グローリア
遠距離:ヴィクトリア・サーリア・フィグネリア・アネリア
補欠:ユリアン、リアナ

名前が「○○リア」のユニットだけでの編成。
該当するユニットは意外と多く、2015年10月末時点で13体。
ネタ編成とは思えぬほど異常にクラスのバランスがよく、レアリティも高めのユニットがそろう。ちゃんと育っていれば神級攻略も充分にあり得るとんでもないチーム。
あとふたり「○○リア」が実装されれば、夢の完全リア軍団ができあがる。
ユリアン、リアナなど、名前の最後ではなく一部に「リア」を含むユニットを入れることが許されるかどうかは意見の分かれるところ。

2.エルフ・ドワーフ連合
エルフドワーフ連合
近距離:アトラ・ロザリー・グスタフ・ロアナ・オリヴィエ・ドロシー・ライチ
遠距離:ローレン・スピカ・ユユ・シーディス・ノエル・マリウス・ププル

エルフまたはドワーフのみでの編成。
オリヴィエのアビリティ(エルフ・ドワーフの出撃コスト減少)や、『150万人突破ゴールドラッシュ!』でエルフ・ドワーフ限定のマップが登場したことなどを考えると、必ずしもネタとは言い切れない実用性を秘めている。
ソルジャー・アーチャー・ウィッチといった重要な基本職が複数そろっており、バランスは良好。
また、回復に関しては優秀なヒーラーであるシーディスを筆頭に、トークン持ちのププル、攻撃・回復のスイッチが可能なノエル・マリウスなど多芸。
エルフはHPに不安があることもあり、壁役がほぼライチ頼みになってしまうのが不安要素か。
オリヴィエのアビリティのおかげで早め早めに戦線を展開していけるので、先手必勝で押し切りたいところ。

3.シンヤ軍団
チームシンヤ
近距離:ロロナ・ジーナ・リディ・シャルロット・マリエ・サキ・ジェシカ・シュウカ
遠距離:クロリス・ベリンダ・クルル・サーリア・キキョウ・ファルネ

イラスト担当:シンヤ氏のユニットのみでの編成。
現状、編成可能な味方ユニットをもっとも多く描いているのがこのシンヤ氏で、そのユニット数はなんと14。
クセのある特殊職が非常に多く、マップの向き不向きは大きそうだが、ブラック3体・プラチナ7体を擁する高レア軍団なので、力押しで解決できるかもしれない。
安心して壁役を任せられるのがジェシカしかいないので、シャルロット・マリエ・サキなど近接遠距離を駆使して接触前に敵を倒すのが基本となる。

4.毛玉伍長兵団
チーム毛玉伍長
近距離:一般兵・ゼノビア・レアン・チズル・ザラーム・カゲロウ・エデン・エルヴァ
遠距離:カリオペ・マウロ・スー

編成可能な味方ユニットのイラスト担当数が2番目に多いのが毛玉伍長氏。その数11。
男女混合で、仮面男褐色美女ヴァンパイアと、同氏のイラストの引き出しの多さが伺える。
ついでにレアリティもアイアンからブラックまですべてがそろっている。単純な力押しではなく、攻略の工夫しがいがありそうな編成。
最大の弱点は、ヒーラーなどの回復系ユニットがひとりもいないこと。
ただ、偶然か必然か、もともと回復不可のエデン、HP減少でパワーアップするザラームとエルヴァ、トップクラスの回避力を持つチズルなど、回復がなくても活躍できるユニットが多いのも特徴。意外となんとかなるのかも。

5.アイギスJAPAN
アイギスJAPAN
近距離:カグヤ・アカネ・サクヤ・シズカ・モミジ・ヒナ・アザミ・サキ・ナギ・マツリ・マリエ
遠距離:カズハ・キキョウ・ミコト・ハナ

補欠:ヨジロウ、サノスケ、イロハ、コジュウロウ、チズル、ハヤテ、カゲロウ、サイゾウ、ヒエン、ダン、リン、ウズメ、シュウカ、イナリ、たまも、ヒカゲ、シホ、カグラ、レン、フウカ

名前や外見から日本人(あるいは日本ときわめて関係性が深い)であると考えられるユニットのみでの編成。
あたりまえだが、近距離は驚異のサムライ・ニンジャ率。貴重な他職であるカグヤやマリエの存在が光る。
遠距離は、回復がシャーマン頼みとなる。 攻撃面では、シルバーながら唯一のアーチャーであるカズハがキーになるか。
全体的に、ブラックユニットや覚醒で真価を発揮するユニットが多く、大器晩成型のチーム。
日本っぽさもあるが中国っぽさもある
ダン・リン・レン、名前こそ日本風だが銀髪のフウカ、日本っぽさはバリバリあるのだが日本「人」ではないイナリ・たまもなどは、ちょっと判断に迷うところ。

6.大家族スペシャル
大家族スペシャル
ディーネ&ディーナ(姉妹)、シビラ&パテル(異母姉妹)、イメリア&アネリア(姉妹)、ヴィンセント&エデン(おそらく親子)、クロリス&ベリンダ(親子)、カミラ&イーリス(姉妹)
補欠:バシラ&エイダ(同部族)、テティス(バシラと百合的な意味で姉妹)

血縁関係があると明言されている、もしくは血縁関係があると推測されているキャラ同士のみでの編成。
ディーネ&ディーナ、クロリス&ベリンダ、イーリス&カミラはコンビで同職だが、それ以外の組み合わせはクラスが分かれており、全体として見るとバランスは悪くない。ソルジャーがいないのは痛いが、そこさえ目をつぶればむしろそうとう強い。
同じ少数部族なのでどこかで血はつながっていそうなバシラ&エイダと、バシラと百合的な意味で姉妹であるテティスをムリヤリ入れるとちょうど15人になる。バシラちゃん有能。
軽めの近距離ユニットがエイダとテティスしかいないので序盤は厳しいが、コストさえ溜まればディーナ&ディーネ、シビラ、エデンとエースには事欠かない。
テティスにうまくコストを稼がせることができれば、大討伐なんかでもけっこう善戦できそうなメンバー。 

7.ジジイとババアとおっさんとおばさん
ジジイとババアとおっさんとおばさん
ジジイ:グスタフ、サイラス、バルバストラフ
ババア:ププル
おっさん:ジェローム、ヴィンセント
おばさん:ライラ、エスタ、エルヴァ、ドルカ、エリザ、デスピア、ミネルバ、エリザベート、ミトラ

(補欠)ハシム、ベルナール、アニータ、クロリス、ガラニア、パトラ

ジジイとババア(ロリババア含む)を中心に、外見的におっさん・おばさんだと言えそうなキャラ、あるいは肩書きや言動的にかなりのキャリアを積んできていると考えられるキャラのみでの編成。
一般に「賢者」や「魔女」というと年長者のイメージが強いおかげか、メイジ・ウィッチには困らないのが大きな長所。
純粋なヒーラーはドルカのみ。トークン使いである唯一無二のロリババア(ププル)の腕が問われる。 
実戦での流れを想定すると、初手ジェローム、その後エリザやデスピア、エリザベート、エスタなどで序盤~中盤は大安定。無事にサイラス・バルバストラフの双璧ジジイを出すところまで持っていければ、極級~神級攻略も夢ではない。さすが年の功。
ベテランらしく、それぞれの個性豊かなスキルも華麗に使いこなしながら敵をさばいていきたい。

 個人的には最後のがいちばん好きなのだが、双璧ジジイを持っていないので組めない。くやしい。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました