こども用Suicaの買い方。申込書を書いてみどりの窓口へGO!

 田舎では子どもが小学校に上がると米1俵を贈るのが定番だが、首都圏では小児用Suicaを贈るのが伝統行事らしい。
 あれ? でも他の田舎出身の人から米俵の話って聞いたことがないな。もしかしてうちの地域だけなのか? まあいいや。今回はSuicaの話だ。
 

My Suica(記名式)・Suicaカードの購入|購入方法|Suica:JR東日本
ますます広がるタッチ&ゴー!JR東日本の「Suica」公式ホームページ。電車でも、バスでも、お買い物でも「ピッ」。Suicaを使えるエリアが広がって、ますます便利になりました。

 JR東日本では、未就学児は無料で電車に乗れるが、「小学校1年生になる年度の4月1日」からはこども料金がかかるようになる。つまり、こども用Suicaが必要だ。
 

 というわけで、買いに行ってきた。
 こども用Suicaは通常のSuicaと異なり、みどりの窓口でのみ買える。券売機では買えないので注意しよう。
 理由はおそらく、不正購入防止だろう。こども用Suicaを使えばこども料金(大人の半額)で乗れてしまうため、安易に券売機での購入を許すと不正利用を助長してしまう。

 ネットの案内を見ると、「My Suica(記名式)購入申込書に情報を記入し、みどりの窓口までお持ちください」と書いてあったので、それらしき申込書を探すと……
 

 あった!
 定期券などを買う申込書と同じ。白くて細長い用紙だった。
 申込書のフォーマットがあれこれあってわかりづらいので、ぜひ覚えてください。これです。

 これを必要枚数ぶん記入し、窓口へ持っていく。
 そして、子どもの本人確認のため、子どものパスポートまたは健康保険証を提示する。
 「なんでそのふたつなんだ? 本人確認なんて免許証でよくない?」と思ったが、よく考えたら小学生が運転免許証を持っているわけがなかった。身分証明書としての免許証文化に毒されすぎていた。
 

 数分後、無事にこども用Suicaを入手! 娘と息子で計2枚。
 なお、最初に何円チャージするかは任意で選べる。今回は1,500円ずつにした。
 

 こども用Suicaは「電車が自動的にこども料金になる」こと以外はふつうのSuicaなので、もちろん買い物にも使える。
 さっそく子どもたちに渡し、Suicaとセルフレジを使って自分で買い物させてみた。
 楽しそうだ。きっと、ちょっと大人になった気分だろうな。

 これ、チャージをうまく使えば、おこづかいをSuicaで渡して残高は自分で管理させて、みたいな感じで金銭感覚の教育にも使えそうだ。実際、娘も息子も「自分のSuicaで買い物をする」ということをするようになって、急に物の値段をよく見るようになった。
 いっぽうで娘は、レシートの残高表示を見て「あと1,200えんあるってことは、1,200えんまではむげんにすきなものかってへいきってことだね!」とも言ってたけど。こえーよ。破滅者の論理だよ。
 

Amazon.co.jp: ガーミン Venu Sq Shadow Gray/Slate: スポーツ&アウトドア
Amazon.co.jp: ガーミン Venu Sq Shadow Gray/Slate: スポーツ&アウトドア

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    実質無料の論理

    にしても子供が米1俵贈られてもどうしたらいいんだそれ?自分で炊くことを覚えさせるためか?

  2. 名無しのゲーマー より:

    アイカツプラネットもSuica対応してる端末あるんで娘さんにいいかもですよ

  3. 名無しのゲーマー より:

    田舎なので電子マネー自体使った事ないんですが(憤怒)

  4. 名無しのゲーマー より:

    セルフレジ使いこなしてるのえらい

  5. 名無しのゲーマー より:

    保険証しか身分証明がないとかワイと同じやな

  6. 名無しのゲーマー より:

    ラスオリ記事の後はまともな記事が来る法則

  7. 名無しのゲーマー より:

    Suicaのcaに付いてるモザイクなんやねん

  8. 名無しのゲーマー より:

    スタミナがあれば無料で遊べちまうんだッ!(フルプライスゲームのオンライン要素)
    に通じるパワーワード!

タイトルとURLをコピーしました