こんなところにも透過QR! ポケモン ダイマックスバンド。

 先日、子どもを連れてポケモンセンターメガトウキョーに行ったとき、いくつかのグッズを買った。
 自分用にはモルペコの鈴付きキーホルダーを買ったのだが、息子(6歳)に買ってあげたのが……
 

 ダイマックスバンド!
 かっこいい!
 

 振ると音が出るので単体での遊びも可能なのだが、メインの用途はアーケードゲーム『ポケモンメザスタ』との連動。これを使うと、ダイマックスチャンスで確実にダイマックスを成功させられるようになる。
 ちなみに、販売価格は税込1,980円。安くはないが、前世代『ポケモンガオーレ』で似たような役割だったZパワーリング(税別4,990円)からすると半額以下になった。Zパワーリングは音声パターンが豊富だったりニンテンドー3DSとの連動もあったりしたのだが、そのあたりの機能をごそっと省いて、かわりに価格を安くしてきたのがわかる。
 この手のアイテムを購入する人って大半はアーケード連動が目当てだろうから、個人的には、妥当な改善だと思う。
 

 すぐにダイマックスを試せるように、ダンデのキョダイマックスリザードンのスペシャルタグがついてくるぞ。かっこいい。
 

 こんな感じで、息子の腕にセット。
 6歳の子だと自分で着けるのはちょっと難しいので、保護者が着けてあげたほうがよい。
 ちなみに、バンドの大きさ的には大人でも着けることが可能なサイズ。

 これをゲームのプレイ中、タグを置くレーンに当てると……
 

 ダイマックス成功!
 いいな、これ。楽しそうだな。ぼくも今度息子にやらせてもらおう。
 

 しかし、気になったのは、これ、電源OFFの状態でも連動できるのだ。
 Zパワーリングのときは「電源を入れてモード2にしてね」みたいな条件が必要だったはずなのだが、電源を必要としない通信方式に変わったみたいだ。
 いったいどういうことだ? と、ダイマックスバンドのあちこちに強いライトを当てて調べてみると……
 

 この「ダイマックスマーク」の部分に、強い光を当てないと見えない形でQRコードが仕込まれていることがわかった。
 なるほど、透過インクか! 『アイカツプラネット!』と同じ技術だな。
 こういうのってボタン電池を買い直すのがめんどくさいことが多いから、電池なしでも動くのはありがたいな。透過QRなら見栄えにも影響が出ないし、いいことだ。
 

IR透過インキ(赤外線透過インキ)と隠し印刷のご紹介|スクリーンインキ技術情報 Vol.146
IR透過インキ(赤外線透過インキ)と隠し印刷の事例のご紹介します。

 しかし、最近のアーケードゲーム(特にキッズカードゲーム)における透過QRコードの活用はすごいな。透過印刷の技術を持ってる会社の株を買っておけば値上がりするんじゃないか? ぼくは株を買うお金をまず持ってないけど。
 

ポケットモンスター ポケモン ダイマックスバンド
ポケットモンスター ポケモン ダイマックスバンド

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    ONKYO株ならゲムぼくさんにも買える

  2. 名無しのゲーマー より:

    QRじゃないけど俺も最近職場内で透過してるぞ

  3. 名無しのゲーマー より:

    お金借りれば買えるよ!

  4. 名無しのゲーマー より:

    そのゲームには興味ないけどコスプレ用にダイマックスバンドは欲しい

  5. 名無しのゲーマー より:

    キッズカードゲームに詳しいおじさん

タイトルとURLをコピーしました