点字ブロック上の謎のQRコード。

 東京メトロ有楽町線の東池袋駅を歩いていたら、謎のQRコードを見つけた。しかも点字ブロックの上に。
 なんだろう、これ。タチの悪いいたずらかな。
 

 エスカレーターの前の点字ブロックにも。
 ホームドア前だったりエスカレーターの近くだったり、危険なところにわざわざ多く配置している感がある。謎すぎる。

 ためしにiPhoneのカメラで読み取ってみると……
 

 ……?
 

 うーん。なんだか特に意味のなさそうな文字列になってしまった。
 この意味を読み解くには、どうやら専用のアプリが必要そうな予感がするが……

 と思って調べてみたら、真相がわりとすぐにわかった。
 

 「shikAI(シカイ)」という、視覚障がい者向けのナビゲーションアプリ用QRコードだったらしい。
 iPhoneを持ってこのアプリを起動したまま歩けば足元のQRコードを随時読み取って駅内をガイドしてくれる、というしくみのようだ。
 なるほど、そう考えたら、ホームドア前やエスカレーター前にQRコードが多いのは納得だな。危険な場所の手前で案内することは大事だろうから。
 

 せっかくならアプリを使ってみようかと思ったが、歩行指導の受講と事前登録の必要があるらしいので断念。どんな感じか知りたかった。

 ちなみにこのshikAI、2021年1月末からサービスが始まったものなので、まだまだ発展途上。QRコードが設置されている駅もまだ数駅程度しかないらしい。ある意味、たまたま見つけることができたのはラッキーだったな。

関連サイト:東京メトロ「shikAI」アプリ、視覚障がい者をQRコードでナビゲート
https://news.mynavi.jp/article/20210130-shikai/
 

 ぼく自身はいま視覚障がい者ではないが、「人は(自分自身を含めて)いつ弱者になってもおかしくない」という思想の持ち主である。なんせ急に金銭的弱者になった経験があるからな。そういう意味で、この手のサービスにはとても興味がある。
 東京メトロの一部の駅にQRコードは設置されており、今後も少しずつ増えていくらしいので、東京メトロを利用する際はぜひ探してみてください。
 

眼科ケア 2019年9月号(第21巻9号)特集:まずはこれだけ! 斜視・弱視の検査&訓練マスター | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでの眼科ケア 2019年9月号(第21巻9号)特集:まずはこれだけ! 斜視・弱視の検査&訓練マスター。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また眼科ケア 2019年9月号(第21巻9号)特集:まずはこれだけ! 斜視・弱視の検査&訓練マスターもアマゾン配送商品なら通常...

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    普通にためになる情報だった。

  2. 名無しのゲーマー より:

    浣鳥人は目のつけどころが違うな(感心

  3. 名無しのゲーマー より:

    今どきはそんな所にも広告があるのか
    って思ったら福祉の話だった

  4. 名無しのゲーマー より:

    駅内放送垂れ流しよりもリアルタイム性があって便利そう

  5. 名無しのゲーマー より:

    社会派イチジクブログ

  6. 名無しのゲーマー より:

    博多なんでも堂の広告なのかと思ってしまった…

  7. 名無しのゲーマー より:

    テレビでやってたな
    目的地を設定して点字ブロックをたどって行くと、左とか行き過ぎたとか知らせてくれるらしい

  8. 名無しのゲーマー より:

    すごいいい内容だけど
    いい内容をこんなブログに書いていいと思ってるのか
    謝罪しろ

  9. 名無しのゲーマー より:

    こんな良識的な記事を書くなんてついに頭がおかしくなったか!?

  10. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼくは右脳と左脳で
    違う人とかなのでは?

  11. 名無しのゲーマー より:

    こういうの気づいても調べる所まで発想がいかない…
    その辺の好奇心は尊敬する

タイトルとURLをコピーしました