1day 対 2week 使い捨てコンタクトレンズ コスパ徹底比較!

 しばらく前、コンタクトレンズを2ウィーク(2週間)からワンデー(1日)のものに変えた。
 「洗浄の手間を減らしたい」「洗浄液を置く場所をなくしたい」というのが目的で、そのぶん、レンズ代が高くつくことは覚悟のうえだった。

 しかし家計簿で記録を振り返ってみると、思ったより出費が増えていないことに気づいた。
 そうか。1dayはレンズ代は高いけど、洗浄液が必要ないからその出費はないんだな。また、ぼくは土日などの休日はメガネで過ごすことも多いから、その影響も多少ありそうだ。
 

 となると気になるのは、「1dayと2week、実際どれくらいコストが違うのか?」ということ。いちど気になったら調べずにはいられない。
 ヤマザキ春のパン祭り徹底攻略で培った細かさとリサーチ力を、いまこそ発揮すべきとき!
 

けっきょくどっちがどれくらい得なんだ?
1day 対 2week 使い捨てコンタクトレンズ コスパ徹底比較!
 

[1]レンズのみで比較

 1dayと2weekそれぞれで低価格帯、中価格帯、高価格帯の商品を1つずつ、計6商品を選出。
 調査日時点でのAmazon価格をもとに、70日間の費用推移(累積)をグラフ化した。
 なお、費用は実際の使用タイミングで発生する計算にしている。1dayなら1日ごとに2枚ぶんの費用が発生し、2weekなら2週間(14日)ごとに2枚ぶんの費用が発生する。なので、2weekのほうはグラフが若干ガタガタする。

 これだと、1dayのほうが明らかに高い。1day低価格帯のメダリスト ワンデープラスですら、2week高価格帯のアキュビューオアシスよりも1.3倍ほど高くつく。
 いくら1dayのほうがメンテ不要でラクとはいえ、この価格差は痛い。これだけ見れば2week一択だが……
 

[2]レンズ+2week洗浄液で比較

 2weekには洗浄液が必要なので、そのコストを載せる。
 想定商品はボシュロム レニューフレッシュ。メーカーの公式説明や各種のユーザーレビューをもとに、35日間で500ml1本を使い切る、と設定する。計算は日割りではなく、35日ごとに1本ぶんの費用を計上している。

 洗浄液の価格を加えると、1dayと2weekのグラフが一部交わった。
 具体的には、2week高価格帯のアキュビューオアシスより1day低価格帯のメダリスト ワンデープラスのほうが安くなった。
 また、グラフ全体を見ても、1dayと2weekの差はけっこう詰まった印象がある。
 とはいえ、低価格帯どうし、中価格帯どうしなどの比較では、やはり一定の差があるのも事実。
 

[3]レンズ+2week洗浄液で比較(350日)

 洗浄液込みの条件で、比較期間を約1年(350日)に延長。
 ほぼ単純に期間が延びただけなので、順位が逆転することはない。

 しかしここで重要なのは、このグラフが実質的に「1年にかかるお金」を示している、ということだ。
 2week低価格帯なら、1年で約20,000円。1day高価格帯なら、1年で約55,000円を超える。この差はかなり大きい。
 いっぽうで、低価格帯どうしを比べたとき年間差額は7,400円、中価格帯どうしなら10,800円程度である、というのは、人によって解釈が分かれそうだ。「やっぱり2weekのほうがコスパがいい」と判断する人もいるだろうし、「その程度の差なら、洗浄の手間や衛生面を考えたら1dayのほうがコスパは上」と考える人もいるだろう。
 

[4]レンズ+2week洗浄液で比較(350日) 1dayは週5日のみ使用

 これが最後の比較。
 「コンタクトは仕事がある平日にしか装用しない」というような、週5日だけ使用する場合のコストだ。

 2weekコンタクトは一般的に「開封してから2週間」が使用期限なので、週7日使用だろうが週5日使用だろうが、2週間経ったら捨てなければならない。なので、費用は[3]とまったく同じ。
 いっぽう、1dayは使わない日は費用が発生しない。週5日使用だと週7日使用と比べてコストは単純に5/7だ。

 こうなると、じつは1dayと2weekの差はほとんどなくなる。
 特に低価格帯・中価格帯は顕著。19,422円と19,826円、24,948円と24,153円というのは、ほぼ誤差の範囲と言ってよいレベルだろう。
 週5日使用(またはそれ以下の使用頻度)の場合は、ほぼ1day一択と言ってよさそうだ。
 
 

【まとめ】
・レンズ価格のみの比較では、2weekが圧倒的に安い。
・洗浄液の価格も考慮して比較すると、2weekの高価格帯より1dayの低価格帯のほうが少し安い。
・週5日以下しかコンタクトを使わない場合は、価格差はほぼなし。メンテ不要なことを考慮すると1day一択。
 

 ぜひ参考にしてほしい。

 ちなみにぼくは、以前はアキュビューオアシス(2week高価格帯)を使っていたが、いまはシード ワンデーピュアうるおいプラス(1day中価格帯)を使っている。
 洗浄液を置くスペースがいらなくなり、1日30秒~1分程度だが洗浄の手間がなくなり、衛生面(きちんと洗浄できているか)の心配もしなくてよくなり、さらに今回のリサーチで費用も安くなっていたことがわかったので、とても満足している。
 あと、細かい話だけど、ワンデーピュアうるおいプラスは個包装(レンズ1個1個のパッケージ)が開けやすくてよい。アキュビューオアシスは意外と開けづらくて、隣の個包装まで一緒にはがしてしまうことがあったから。

 目は人間の身体でも特に重要な器官。
 安さを求めるあまり健康を害してはまったく意味がないが、 正常な使用の範囲内で、ぜひ自分にとっていちばんコスパがいい製品を探していこう。
 

Amazon | ワンデーピュアうるおいプラス 【BC】8.8【PWR】-4.50 96枚入 | ワンデーピュア | ソフトコンタクトレンズ
ワンデーピュアうるおいプラス 【BC】8.8【PWR】-4.50 96枚入がソフトコンタクトレンズストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

関連記事:使い捨てコンタクト、1dayより2weekが安いと思っていませんか?(プレゼン動画)

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    在宅勤務でメガネで過ごす日多くなったから凄く参考になりました!
    高すぎない普通のコンタクトならワンデーにした方が良さそうですね

  2. 名無しのゲーマー より:

    相変わらずグラフの使い方?作り方がうまいなぁ
    ゲムぼくさんは文才もあるしゲームもうまいし、社会人としては恐ろしく有能に思える

  3. 名無しのゲーマー より:

    祝日も考慮すると1dayのコスパはさらに上がっていきますな。

    誰が休日お洒落して出掛けない前提で語る陰キャだ馬鹿野郎

  4. 名無しのゲーマー より:

    海外とのzoom会議で深夜にずれ込むことがあってメガネのことが増えた、夜中はコンタクトの負荷が大きすぎる。2weekにして節約してたけど、2weekなのに2週間で5回くらいしか装着できないこともあり、どうしようかと思ってた。1dayのほうが安くなるんだな。。知らなかった(´・ω・`)

  5. 名無しのゲーマー より:

    凄いなこれ
    100均の洗浄液とかにすれば安いんだろうけど健康面考えると出来ないし、そんな価格差無いなら菌が繁殖する心配がない1dayが良いだろうなぁ

  6. 名無しのゲーマー より:

    1dayのほうが急な泊まり仕事に対応できて便利だったりする

  7. 名無しのゲーマー より:

    メダリストって今こんな安いんだね
    昔はアキュビューかメダリストかって感じだったから、もっと高いイメージだった

  8. 名無しのゲーマー より:

    すごく便利な表で分かりやすかったです!
    家内に教えてあげようと思います。
    ありがとうございます。

  9. 名無しのゲーマー より:

    こういうなんとなくからの疑問を検証するためにも、家計簿みたいな日々のデータの記録はやっぱ重要なんやなって。

  10. 名無しのゲーマー より:

    低価格帯でしたらワンデーリフレアがオススメですよ

タイトルとURLをコピーしました