きょう、ぼくは家を出る。

スポンサーリンク

 ぼくは、本当にこれでよかったのだろうか。

 誰かから「離婚は切り出したほうは吹っ切れてるけど、切り出されたほうはそうじゃない」みたいな話を聞いたことがあるけれど、そんなんじゃない。切り出したほうだって、ぜんぜん吹っ切れない。
 いつものように洗濯物をたたんで、子どもたちの朝ごはんを準備して、床を片付けてルンバが通れるようにして。いつもと違って、キャリーケースを取り出して、着替えや歯ブラシやひげそりを詰めて。
 そんなことをしながら、ぐるぐるぐるぐる、いろんなことを考えた。けさのぼくは、日本一複雑な感情を抱いている自信がある。
 

 子どもたちと離れるの、さみしいな。
 「パパはね、これからあんまり会えなくなるよ」って伝えたとき、娘、めちゃめちゃ泣いてたな。息子は泣かずに、「パパ、これすごいよ!みてみて!」って、一生懸命ふざけてたな。
 娘はとても素直だ。しかもかわいい。客観視すると、日本の6歳の女の子のなかでいちばんかわいい。世界でもいい線いっている。性格も最高だ。やさしくて活発でポジティブで。
 息子も最高にかわいい。ちょっと臆病だけど、そのぶん細かいことにたくさん気がつく。やさしい。あと、ぼくによく似ている。いつも空気を読んで、自分の立ち回りを変えている。娘が大泣きする様子を見て、「ぼくまでないたらパパはこまるだろうな」って気を遣って、泣かずにふざけていたように。いいことだけど、似すぎてるのはちょっと心配だな。ぼくみたいに暗い青春を過ごさないといいのだが。
 どうして、ぼくが出ていかなきゃいけないんだろう。被害者なのに。被害者が養育費を払って、家を明け渡して、子どもも取られてって、なんなんだろうな。理不尽じゃないのかな。
 うーん、でも、まあ、妻だって大変になるからな。いままで家事育児の大半をぼくがやっていたところを、妻がやらなきゃいけなくなる。大丈夫かな。ちゃんとできるかな。
 いや、でも待てよ。ぼくが正社員として毎日往復3時間かけて通勤して家事育児もほぼやってみたいな、毎朝4:30に起きるのが当たり前みたいな、でも妻は契約社員で残業もなくて余暇の時間がたくさんあって夜遅くまでゲームして朝ゆっくり起きてみたいな、そのバランスがそもそもおかしかったのでは?
 いや、でも、家族のありかたは人それぞれだからな。能力やキャパシティーだって人それぞれだ。できる人が多くやる、というのは自然っちゃ自然だ。
 子どもたち、大丈夫かな。ちゃんと規則正しく寝て起きて、ごはん食べられるかな。べつに不規則でもいいんだけど、健康でいてほしいな。
 ぼくのこと、きっと嫌いになる時期が来るんだろうな。だんだん疎遠になっていくんだろうな。この家にぼくがいないのが、だんだん当たり前になっていくんだろうな。
 いまはまだ6歳だからわからないだろうけど、何年か経ったとき、ぼくの選択は子どもたちにどう映るんだろう。誰にどんなことを吹き込まれるんだろう。「私たちを捨ててどこかに行ったヤツ」みたいになってしまうのかな。怖いな。
 でも、だからって「パパは被害者なんだよ。ママにひどいことをされたんだよ」とも言えない。言いたくない。そんなことをしたら、子どもたちは妻のことを嫌うだろう。一緒に暮らす人のことを嫌わなければいけないのは、とてもつらいことだ。妻を嫌われ者にはしたくない。
 でも、妻を許せるかと言うと、許せない。絶対にもう一緒にはいられない。心情的にも、身体的にも。家に帰ろうとすると手足が震えて吐き気がして、家でごはんを食べると吐いて、妻の足音が聞こえるだけで心臓が縮んで。もうあの生活には戻りたくない。あれを続けたら絶対に死ぬ。
 うーん、でも、死ぬ覚悟で向き合う選択肢もあったんじゃないかな。実際には死なないかもしれないし。ぼくはけっきょく、逃げたんじゃないのか?
 何歳まで生きようかな。とりあえず、ぼくが死ねば住宅ローンはチャラになることは規約で確認した。子どもたちに、少なくとも家一軒は残してあげられる。生命保険の受取人、どうしようかな。娘や息子にしていいのかな。妻のままでもいいのかもしれないな。あんな奴に金を渡してたまるかという思いもあるけど、でもやっぱり、感謝もある。不幸になってほしくない。可能なら、誰かいい人を見つけて、再婚して幸せになってほしい。ぼくはまあ、子どもに嫌われたらさっさと死んで住宅ローン返して、嫌われてなかったら子どもの成人までは見届けて、もし好かれていたら、娘や息子が結婚するくらいまでは生きてみたいな。いや、結婚するのか知らないけど。娘や息子がひとり立ちするのを見届けるまで、かな。でも、それまで生きてられるかな。極貧生活で栄養が偏りそうだ。寿命が縮まないといいな。
 コメントで、がんばって、みたいな声をたくさんもらった。うれしかった。月並みだけど、ひとりじゃないんだな、って思った。
 でも、「奥さんのことが許せない」みたいな声もいくつかもらって、それはちょっとムッとなった。いや、正しいんだけど、許せないんだけど、そんな単純じゃないんだ。ぼくはいま妻にボロボロにされてしまったけど、そもそも、高校までボロボロだったぼくを大学で拾ってくれて、変えてくれたのは妻なのだ。妻がいなかったら、そもそもぼくは10年以上前に死んでいたのだ。命の恩人なのだ。
 だから、妻のことは嫌いだけど、好きだ。反省してほしいけど、幸せになってほしい。
 慰謝料は請求しない。したら、妻の非が公に認められてしまう。きっと妻は実家とギクシャクする。大きくなった子どもたちからも責められてしまうだろう。それはダメだ。どちらかといえば、ぼくが悪者になったほうがマシだ。「あいつは子どもたちを捨てて出ていったひどいオヤジだ」って。イヤだけど。絶対イヤだけど、でも、そのほうがマシだ。
 子どもたち、連絡くれるかな。会ってくれるかな。オンラインで一緒にポケモンとかあつ森とかしたいな。どうやったら、離れていても愛情が伝わるんだろうな。
 お金持ちになりたいな。といっても、ぼくはまあ、袋ラーメンと野菜ジュースがあれば生きていけるだろうから、子どもたちにお金をたくさんあげたい。ゲーム代から学費までポンと払ってあげたい。
 いつか、数年だけでもいいから、子どもたちと一緒に住めないかな。「東京の大学に通うからその間だけお父さんの家に住む」みたいな。ぜいたく言いすぎかな。親権、ほしかったな。シングルファザーでぜんぜんかまわないんだけどな。妻、大丈夫かな。やっていけるかな。できれば毎週末、家事をやってあげに行きたいな。
 ああ、もう始発の電車が来る時間だ。行かなきゃ。みんなが起きる前に。
 

 ルンバのスタートボタンを押して、リュックを背負ってキャリーケースを引いて、ダンボールに入れ忘れた服が入ったでかい袋も持って。
 玄関に、娘と息子が保育園でつくった工作が置いてあった。家のミニチュアがあって、4つの丸い顔みたいなのがあった。
 4人家族か。これからは、こういうのが3人になっちゃうのかな。4人でいさせてもらえるのかな。ぼくは、娘と息子にとって、何者になっていくんだろうな。
 こらえていたものがあふれかけた。シャツの袖で雑に拭いて、マスクで表情を隠して、姿見も見ずにばたばたとドアを開けた。
 

 きょう、ぼくは家を出る。

 住み慣れたこの家を……いや、住み慣れてはないな。買ってまだ1年半の新しくて大きな家を出て、築何十年だかわからない、5帖しかないワンルーム賃貸に引っ越す。
 それは、終わりかもしれないし、始まりかもしれない。わからない。わからなくていい。わかったら泣いてしまうから。

 外は曇っていた。午前中から降るかも、とテレビで言っていた。
 荷物多い日に限って、とげんなりしかけたが、すぐに思い直した。
 そりゃあ、雲だって、雨を降らしたい気分のときはあるよな。わかるよ。ぼくだってある。

コメント

  1. 名無しのゲーマー より:

    家族と向き合い、今もまた沢山考えてるんだなと思います。
    お子さんたちのことをとても大事に思っている事も伝わりました。

    その上で、あなたにも、これから先幸せになる権利があることだけは言わせてください。

  2. 名無しのゲーマー より:

    まずはお疲れ様です
    離婚って本当に大変だよね。死別とかではなくて自分の意思で離れることを選ぶんだから
    ワタシも1年前に離婚して親権は嫁に持ってかれたよ
    行為を嫁に避けられてたのに、外に男作ってさ。原因は「レスだったから」ってことにされて

    自分もその時は「死んじまうかなー」みたいに考えてた
    でもまぁ、何だかんだ生きてる
    子供とは月一で面会できるかどうかだけど、会うたびすっげぇ勢いででっかくなってんなァって思うから次に合う時が楽しみで仕方ないよ
    子供の成長を間近で見れない寂しさはあるけども、せめてこの子達が成人するまではお金の面とかで陰ながら支えていきたいって思って、今も死なずにいれる

    木村さん優しいから自分一人でアレコレ背負おうとして今苦しんでるけど、まずは生きような
    ここの更新は昔から楽しみにしてて、名も知らぬ貴方だけどそんな貴方の日常を覗かせてもらうのも俺の日常の1シーンになってるんだよ

    長々と自分語りまで混ぜてごめんなさい
    離婚経験した先輩として今の辛さわかるから見てられなかった
    とりあえず生きよう。俺も生きるから

  3. 名無しのゲーマー より:

    なんていうか、未だに信じられないです。
    どうして貴方がそんな思いを抱いて生きていかなければならないのか。わからないです。
    それが人を好きになるって事なんですかね。

    大切なものだったのは間違いなくてもきっと今後貴方の足枷になります。
    どうか、自由になれますように。

    私は貴方の書く記事が大好きですよ。

    P.S.私は熟女じゃないです。

  4. 名無しのゲーマー より:

    いってらっしゃい

  5. 名無しのゲーマー より:

    とりあえずゲムぼくが続く限りは
    来てしょーもないコメントするよ

  6. 名無しのゲーマー より:

    すみません、読んで泣きました。
    お子さんのためにも生きてください。

  7. 名無しのゲーマー より:

    とても読んでいてつらくなりました。
    単身赴任中の私ですが考えさせられる内容でした。
    応援しています。
    私は熟女好きではないですが応援しています。

  8. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼくはどこ……ここ……?

    まぁなんていうか、あまり考え過ぎない方がよろしいかと。答えのない思考を続けててもストレス溜まるんで。
    一度思いっきり考えて方針決めたあとは、考え過ぎずにそれに従う感じで。
    またいつもみたいな下らない記事待ってます。

  9. 名無しのゲーマー より:

    生きろよ、どんだけ惨めな思いをしても、何回泣いたっていいんだから
    いつもみたいに馬鹿みたいな記事書いて笑えるようにと願ってます。

  10. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼくで泣く日がくるとは…
    なんか欲しいものあったら欲しいものリスト更新してな
    ちょっとくらいならおごるぞ

  11. 福井 より:

    んー納得行かない

  12. 名無しのゲーマー より:

    心のバランスのとり方は人それぞれだと思います。まず何よりも、心身を休ませてください。
    楽しいブログ記事も赤裸々なブログ記事も毎日楽しみにしています。
    イチジク浣腸、送っておきますね。

  13. 名無しのゲーマー より:

    日本の親権制度はホンマくそ
    ゲムぼくさんはいい父親だよイチジク浣腸狂いの異常性癖仮性包茎って以外は
    とりあえず栄養ある物食えよほしい物リストにもっと食品追加しろ

  14. 名無しのゲーマー より:

    これからもしょうもないブログを読みたいので、できれば生きていてほしいなぁ

  15. 名無しのゲーマー より:

    (´;ω;`)泣いた
    (´;ω;`)一人のおうちでは、一人で泣いていいんですよ

  16. 名無しのゲーマー より:

    なんでこんないい父ちゃん(旦那)が、こんな悲しい思いしなきゃいけないんですか…

  17. 名無しのゲーマー より:

    がんばれ

  18. 名無しのゲーマー より:

    人生の小休止と思って少しでも気が休まるまでゆっくりしてね
    夫婦は他人に戻れても血の繋がった親子の縁はそうそう切れないよ
    立場上難しい部分はあると思うけど、可能な限り連絡してあげて

  19. 名無しのゲーマー より:

    例え子供の元を離れることになっても、子供のことをこれだけ考えてるゲムぼくさんはいい父親だと思います。親権のことなどは私は詳しくないのですが、お子さんの為にも、ゲムぼくさんの幸せのためにも、会えるのならば定期的にあってあげてください。

  20. 名無しのゲーマー より:

    昔から読んでますが少しでも励みになるならと初めてコメントします。ゲムぼくさんは優しすぎるかなと思うけどそれが素敵なところです。きっと子供達から優しいパパの記憶が無くなることはありません。子供達とゲムぼくさんに少しずつでも幸せが訪れますように願っています。

  21. 名無しのゲーマー より:

    うちにも五歳(もうすぐ六歳)の子供がいるので、ゲムぼく。さんの双子ちゃんの関連の記事を見ては、わかるわかると共感していました。

    そっと抱き締められないことを想像すると、涙が止まらなくなりました。

    何が正しいのかはわかりませんが、でも、どんなかたちでも、愛情は伝えられると信じたいです。
    子供の成長を見届けるために、生きてください!

  22. 名無しのゲーマー より:

    妻有責、家の名義は夫、家事もほとんど夫がやっていた、夫正社員で妻契約社員
    これだけ条件があっても親権取れないのか。月並みで申し訳ないがどうぞご自愛ください。

  23. 名無しのゲーマー より:

    通勤時間や家事の時間が減って、自分のための時間が作れるようになるのかな?
    突然ぽっかりと空いた時間はネガティブな事を考えてしまうので、
    心が病んでしまわないようにお気をつけてください。

    これからがまた人生の素晴らしい始まりになることを祈っています。

  24. 名無しのゲーマー より:

    うちも同じぐらいの子いるから、気持ちわかるところは多くて、ほんと読んでて辛いな
    ただまあ、とにかくもっと自分を大切にしていいと思うけど、それもあっての、ゲムぼく。さんなので仕方ないのかもしれない

    まあとにかく、毎日クソ滑り記事読む楽しみにしてるから、無理ない程度に頑張ってくれよ

  25. 名無しのゲーマー より:

    事情を知らない赤の他人だし、とやかく言える立場じゃないんだけど、やっぱりなんかモヤモヤするなあ。
    奥さんが悪いってのは実はウソで、イチジク浣腸ブログがバレたから追い出されたというのが真実なら納得もいくんだけど。

  26. 名無しのゲーマー より:

    「これだから女は~」とか「これだから結婚は~」って思惑にならないだけ、げむぼくさんは強いと思います。

    何の慰めにもならないかもしれないけど、もう子供を産める機会が完全になくなった身としては、離れていても自分の子供がいるっていうのは羨ましく思います。

  27. 名無しのゲーマー より:

    多分戦えば親権取れたかもしれないでも多分戦いたくはなかったんじゃないかなと思う
    でもその状況なら子供の為に戦うべきだったんじゃ無いかなとも思うよ
    正解何て誰にもわからないよね、あなたの選択だあなたが決めたなら良いと思う
    死ぬなよ元奥さんが環境変わって虐待してしまうかも知れない
    だから本当は月1でも面会するべきだと思う
    もしかしたら奥さんが早くに亡くなってしまうかもしれない。
    その時子供達には貴方しかいないよ。
    自分で死ぬのだけは止めてくれ残された人間は本当に辛いから

  28. 名無しのゲーマー より:

    こんなに優しい方なんだから、今は本当に辛いと思いますが、必ず幸せが待ってますよ。
    ブログもしんどかったら、毎日更新しなくても大丈夫ですよ。
    でも、私を含めブログを通して見守ってる人が沢山いますので、またイチジク浣腸レビュー待ってます。

  29. 名無しのゲーマー より:

    泣いた。
    頑張りましたね…お疲れ様。
    環境変わって大変だと思いますが、まずはゆっくりしてください。

  30. 名無しのゲーマー より:

    もやもやするところはあるけど、せめて子供たちといい関係が続くよう祈ってるよ

  31. 名無しのゲーマー より:

    新居についたらいっぱい泣いてください。
    一ヶ月くらい何もしないで、のんびりしてくださいね。
    ブログの更新も無理せず、我々はのんびり待ってます。

  32. 名無しのゲーマー より:

    熟女でも熟女好きでもないけどこれからも応援してる

  33. 名無しのゲーマー より:

    男性の7割以上が仮性包茎。
    女性の3割以上が豊満熟女。
    仲間が居て、希望がある。
    今はそれだけで良いんじゃないかな。

  34. 名無しのゲーマー より:

    他人の目を気にせずに浣腸し放題ってポジティブにいこう

  35. 名無しのゲーマー より:

    それだけ悩んで選んだ事だもん、正しいんですよー。どっち選んでも後悔はきっと残る…これからも応援してます

  36. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼくさんは最高の父親だと思います。

  37. 名無しのゲーマー より:

    ゲームのプレイ日記?を毎回楽しみにしていた者です。
    あの記事が来た時、本当に信じられなくて…。この記事のタイトルを見た時にどうせ最後はドッキリでしたで終わるんだろと最後まで信じてたんですが…。
    ありきたりな言葉だけど頑張って下さい。ここも続けるか分からないけど、ずっと応援してますよ!

  38. 名無しのゲーマー より:

    自死か従来通り生きるかとか選択肢は複数あると思うけど、
    死ぬまでの人生が可能な限り楽でありますようお祈りします。

  39. 名無しのゲーマー より:

    すげぇ文だな…
    ゲムぼくさんのこと全く知らないから適当なこといえないけど
    こんな辛い日にこんな客観的な文が書けるのには脱帽

    強い人だな、全部を諦めてるんじゃなくて、全部を飲み込んでる
    記事を読む限り、結婚生活の中でも小さな兆しはあったのかも

    無理をせず生きていって欲しい。今がどん底なら、もう上がるしかないんだからさ
    陰ながら応援してるよ

  40. 名無しのゲーマー より:

    他人事ながら心配なんだけど、面会についてはちゃんと書面で残してあるのかな。
    夫婦ではなくなっても父子であることは変わらないんだから、面会は権利です。きっちり契約を交わした方がいい。もうやってたらすいません。
    これからも悲しい記事じゃなくて笑えるクソ記事をずっと楽しみにしてます。

  41. 名無しのゲーマー より:

    おいおいここはゲムぼく。じゃなかったのか?場末のエロゲーやぽっちゃり熟女の下ネタで癖のある管理人の性癖を皆で指差して笑う憩いの場じゃなかったのかい?
    辛辣なコメント用意して待ってるからな。

    あとサラサみたいな女性と出会えるかもしれないから死ぬんじゃないぞ

  42. 名無しのゲーマー より:

    読んでて涙が止まらなかった。

  43. 名無しのゲーマー より:

    悔しい。自分の事のように。

    けど、生きていれば子ども達にも会える。
    頑張れ!
    泣いてもいい、バカみたいなこと呟いてもいい。
    仮性包茎の俺たちがついてるさ

  44. 名無しのゲーマー より:

    負けるというのはこういうことなんだぞ

  45. 名無しのゲーマー より:

    だから、もう負けるな

  46. 名無しのゲーマー より:

    死なないで

  47. 名無しのゲーマー より:

    とうとうこの日がやってきたのですね。
    出来る限りゲムぼくさんには楽しく過ごして欲しかった。
    赤の他人で、アラフォーでも独身な私からすると、家族記事もすごく楽しく読ませてもらってただけに、今回の件は複雑な気分です。
    ただ、あなたのブログで元気を貰うことも多々あったことから元気な時にはブログを書いてくれると安否確認にはなるのかな(笑)
    無理せず、家族全員が幸せに過ごしてくれることを祈ってます。

  48. 名無しのゲーマー より:

    今でも「奥様と子供がいるというウソ設定がめんどくさくなったから、奥さんのせいで離婚したことにしちゃえ」だったらいいのに、って思ってる。
    お父さんと離れ離れになったかわいそうな子供なんてホントはいないんだろ? いないって言ってくれよ!

  49. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼく。さんは優しい人ですね。優し過ぎるほど優しいと
    言っていいでしょう。ひょっとすると、だからこそこんな
    厳し過ぎる苦難に遭ってしまったのかもしれません。それでも、
    ゲムぼく。さんの気持ちは決して無駄にはならないと思います。

    娘さん、息子さんには間違い、く真心が伝わるでしょうし、
    おそらくは奥様にも、いつか届くのではないかと思います。

    文面を拝読する限り、差し当たっては二人のお子様の生活が
    心配ではありますが、つつがなく元気に育って行けることと
    ゲムぼく。さんご自身のこの先の人生が、、晴らしいものに
    なることを心より祈願しております。

  50. 名無しのゲーマー より:

    一連の記事は全部妄想を拗らせた結果なんだよな?本当は結婚歴なし独身男性なんだよな?こんな悲しくなってるゲムぼく。は妄想の中でしかいてほしくないよ。もっとおちんちんびろーんって言っててくれよ。

  51. 名無しのゲーマー より:

    あなたみたいな語彙力無いからストレートに言うけど、あなたのこと好きだし、無理のない範囲で頑張ってほしい

  52. 名無しのゲーマー より:

    何か物事を引きずって辛い時や、新しい道を進むことを決意した時、
    通過儀礼をおこなって踏ん切りをつけることは想像以上に効果があります。
    ちょうどゲムぼくさんには不要な皮がありますから、この機に手術を受けることをお勧めします。

  53. 名無しのゲーマー より:

    専門家の目からみたら何もかも間違っていて、100%後悔すると思うけど、それがわかっているならもう何も言いません

  54. 名無しのゲーマー より:

    まさかこんなに早くお子さん達とのお別れが来るなんて…ひとまず、お疲れ様でした。

    こんなに人の事を考えられる優しいあなたがお子さん達に嫌われてしまうことはないと思います。でももし、嫌われてしまったとしてもお子さん達が成人して独り立ちした後も精一杯生きてください。(今のゲムぼく。さんには厳しい言葉かもしれませんが…)
    親がいるというのは子供にとってはすごく大事なことです。「必要ない」という人もいるけれど、いないよりいる方が絶対にいい。今後のお子さん達の人生で、お母さんでは解決できないことが出てきた時に頼れるのはお父さんです。(特に息子さんが男性特有の悩み事を抱えた時に奥さんでは対処が難しいでしょう。)
    それでなくても「親」というのは子供にとっては大きな心の支えです。
    子供のことを考えるのであれば、支えてあげたいと思うのであれば、ゲムぼく。さんは精一杯に生きるべきです。生きてお子さん達の成長を見守ってあげるべきです。それは子供たちの何よりの財産になると私は思います。

    成人したてのひよっこが偉そうなことを言いました。すみません。
    でも、ゲムぼく。さんに元気に長生きして欲しいという気持ちが伝われば幸いです。また気が向いたら記事を書いてくださいね。待ってます。

  55. 名無しのゲーマー より:

    今まで記事を見るだけで、コメントを書こうとは思いませんでした。ただ今回だけはそういう気分になりませんでした。おそらくコメントを書くのは今回が最後です。気が向いたらまた記事を書いていただけたらと思います。

  56. 名無しのゲーマー より:

    昔読んだ本で養育費を一度も払わない人が約半数、継続的に払い続ける人は一割に満たないというのを知りました。
    4月辺りに法改正で色々変わったみたいですけど。
    そんな中葛藤しながらもあくまでも子供の為の人生を歩もうとしている樹村さんは本当に子供を愛しているんですね。
    これから自分の時間が増えると思いますどうか自分を大切にしてください貴方のブログを楽しみにしている1145141919人の読者の一人としてこれからも楽しみにしています。

  57. 名無しのゲーマー より:

    記事の通りなら真面目すぎるんじゃない?というと何を言うかと思うかもしれませんがあんまり子供の為にと自分を抑えるといつか重荷に感じてしまうかもしれませんよ。大好きなはずの娘、息子の笑顔が憎いと思ってしまったら本当に辛いから一人暮らしになって楽しめること、ポジティブになれることを見つけた方が良いですよ、例えそれが少なくても。

  58. 名無しのゲーマー より:

    応援してます
    絶対死ぬなよな

  59. 名無しのゲーマー より:

    離婚専門の弁護士つければ、奥さん家から追い出せそうな気もするけどな。子供と一緒に暮らすより、裏切った奥さんを助けるのを優先するのはよくわからんけど、無理せず浣腸しながらゲームレビュー続けて下さい

  60. 名無しのゲーマー より:

    事情を知らないので、この件をあれこれ知ったような事は言えませんが、一つだけ。
    僕も仮性包茎仲間としてイチジク官庁ブログを陰ながら応援していきます。

  61. 名無しのゲーマー より:

    6歳だもんな。父親のことは記憶に残るはず。10年後将来恥ずかしくない男になるもよし、ブログ見せるのもいいんじゃね?と外野は思う。
    娘さんに彼氏ができてそうなのが鬼門だが耐えて

  62. 名無しのゲーマー より:

    ゲムぼくさんみたいなお父さんが欲しかった。
    どうか生きてください。

  63. 名無しのゲーマー より:

    初めて書き込みます。
    自分は小学1年生の夏に母親を亡くしました。でも、31歳を迎えた今も母親との楽しかった思い出は鮮明に覚えています。
    げむぼくさんがお子さんたちと楽しく過ごした日々は、お子さんの思い出に鮮明に残るはずです。これから会える回数は限られるかもしれませんが、だからこそ鮮明に覚えていられるぐらい楽しませてあげてください。げむぼくさんの愛情を分かってくれる日が来るはずです。
    これからも楽しいブログを待ってます

  64. 名無しのゲーマー より:

    また泣いた。
    辛いだろう。分かる。
    でも、子供の為にも、ここに来ている人たちの為にも生きろ。
    子供が悲しむのは見たくないだろう?
    イチジク浣腸を愛用していようと、場末のエロゲを嗜もうと子供からすれば、たった一人の父親だ。
    今は、ただ振り向かず、がむしゃらに前だけを見て生きろ。
    その先にきっと、巨乳の熟女が待っている。

  65. 名無しのゲーマー より:

    みんな普通のコメントできるじゃないか

    またアイギス4コマ楽しみにしてます

  66. 名無しのゲーマー より:

    初コメント失礼します。
    泣けました。私も家事育児仕事全般こなし、元妻はゲーム三昧で朝も起きてこず離婚し、親権は元妻という経験をしました。ゲムぼくさんが同じ空の下にいると思うと私も仕事頑張ろうと思います。これからも記事楽しみにしています。
    一人暮らしをエンジョイするためVR熟女いかがでしょうか。

  67. 名無しのゲーマー より:

    ん〜。
    本当に奥さんが子供を引き取る事が正解だったのか…
    正直不安です。
    きっとゲムぼくさんも同じ気持かなぁと思います。
    本当にゲムぼくさんもお子さんも心配です。
    ゲムぼくさんも大変でしょうが子供の様子をよく見てあげてください。
    お子さんは親に付いていく事しかできませんから。

  68. 名無しのゲーマー より:

    飯行きましょうよ
    10年前奥様に救われた。んで、今は私たちがゲムぼくさんを救いましょう。ゲムぼくさんは何食べたいですか?

  69. 名無しのゲーマー より:

    泣きそうになりました。
    記事をこれからも楽しみにしてます。

タイトルとURLをコピーしました